20代から始める健康戦略で長い人生を豊かに生きる5つの方法【ライフコーチが教える】

Pocket

 

どうも、健康オタクライフコーチのすがしゅん(@career_places)です。

この記事では、人生100年時代を生きてく20代の健康戦略で、人生を豊かに生きる5つの方法をお伝えします。

 

20代から健康を意識した方がいいのは、20代でその後の人生の健康が決まると言っても過言じゃないからです

これをやりたい

この夢を叶えたい

という時に、自分の体が健康でないとなかなか辛いです。

これをしたいと思った時に、不健康ではなかなか挑戦できません。

 

20代を不健康に過ごして後悔してる人
20代の時にもっと健康に気を使っておけば挑戦できたのに、、、

なんてことにならないために、僕ら20代は今から健康を意識して生きていく必要があります。

 

そして、僕らの親世代などの方は口を揃えてこう言います。

若いうちから健康に気を使っておけばよかった

と。

 

先人たちが先に身をもって体験して教えてくれているものを無駄にするのはもったいないです。

僕ら20代は健康に気をつけて生きていく必要があります、100年時代を豊かに生きたいのであれば。

 

20代から始める5つの健康戦略(精神・肉体の健康)

健康は、精神と肉体の両方を意識する必要があります

具体的戦略に入る前に、そもそも、どうすれば健康でいられるかといった時に、2軸で健康は成り立っていることを前提としてお伝えしておきます。

 

健康には、精神の健康肉体の健康があります。

この両方が満たされていることで初めて健康でいられます。

 

どちらか一方が健康でないと、悪い方に引っ張られます。

例えば、身体は健康そのものなのに、精神的に強いストレスを抱えている。

そうすると、食べ物が喉を通らなくなり、抵抗力が落ちて、風邪を引いたりしちゃうんです。

 

これほんとよくありました。

憂鬱な気持ちで、ズーンとしていたら、高熱出して寝込んだなんて経験はあります。

 

この逆もしかりで、寝不足や運動不足で肉体が不健康。

そうすると、イライラしたり、思考力が落ちたり、精神を病んだりします。

 

繰り返しますが、心と体、その両方が健康で初めて健康でいられます。

なので、精神的側面肉体的側面の2つの観点から、健康を維持するための5つ方法について書いていきます。

 

 

十分な睡眠(精神、肉体)

超当たり前ですが、十分な睡眠時間を取りましょう。

十分な睡眠は、脳(精神)と身体(肉体)を休めてくれます。

 

脳は起きている間ずっと働き続けているので、休息させてあげることで、精神の安定を保ちます

また、十分に睡眠を取ることで、色々なホルモンが分泌されます。

これで肉体疲労も回復されるので、肉体の健康も維持できます。

 

特に脳の休息は、睡眠以外では、なかなか取ることができません。

脳は、精神をつかさどるものなので、十分な睡眠を取ることは必須です。

 

どのくらいの睡眠を取るのがいいのか?

おおよそ、7時間前後のようです。

十分に寝ようとして、10時間くらい寝ようとしてしまう人がいるのですが、寝過ぎは厳禁です。かえって、健康に悪影響を及ぼします。頭痛や気分の悪さなどを招くこともあるので。

 

 

バランスの取れた食事(精神、肉体)

バランスの取れた食事をとりましょう。

食事は、精神、肉体へ直接的に影響を与えます

 

良くも悪くも食べ物は直接的に身体に取り込まれます。

・身体に良いものを食べれば、それが自分の血肉になります

・悪いものを食べれば、それもそのまま自分の血肉になります

 

なので、身体に優しく、良いものをバランス良く取るように心がけましょう。

 

すがしゅん
わりとこの事実を知ってから、ファーストフードなどに頻繁に行くことは減りましたね。

 

身体に良いものとは何?何を避けたらいいの?バランスってどう取るの?

身体に良いものとして、リンゴやヨーグルト、葉物野菜、卵などが挙げられます。

ビタミンやミネラル、タンパク質の栄養素を取りこぼしなく、バランス良く取り入れることで精神、肉体を健康に保てます。

 

また、化学調味料や加工されてるものはなるべく避けた方がいいですね。

基本的に、人間の体の悪い影響を及ぼしてしまいますので。

 

意識をして頻度を減らすだけでも、意識してない人よりも圧倒的に健康を保てます

今のご時世、全てを無添加のものにすることは難しいかもしれません。

なので、少しでも意識して食生活を化学調味料の無いものにしましょう。

長い目で見た時に、それが相当な大きな、肉体の健康に繋がります。

 

精神にも食事は大いに影響していて、食事によってとったものが脳にも影響を与えます。

脳は、精神をつかさどるので、食べたものやそのバランスによって、精神の健康も影響を大いに受けます。

なので、身体に優しくなるべく無添加なものをバランス良く体に取り入れることを心掛けましょう。

 

適度な運動(精神、肉体)

運動不足でいると身体もだるくなったり、気持ち的にもイライラしたりしますよね。

適度な運動を取ることで、

☑本来消費されるべきカロリーを消費

☑筋肉や呼吸器の機能の維持

☑爽快感によるストレスの改善

☑適度な疲労による安眠

などをもたらします。

 

また、自律神経を正常に保ってくれる働きもあり、精神、肉体共に健康を促進します。

 

適度な運動は、普段無意識に運動してるもの+10分くらいの運動です

厚生労働省では次のことを提唱しているみたいです。

 

日常の生活で10分多く歩こう!」というもの。

おおよそ、この10分いつもよりも少し多く動くことで、適度な運動が担保されるのかと思います。

電車のエスカレーターを階段にするとか。

 

もし、運動のために、15分とか時間を作れるのであれば、

・ウォーキング

・サッカー

・テニス

などの軽めのスポーツを週2回ほどできると、適度な運動は担保できるのかなと思います。

ぜひ、運動を意識的に取り入れてみて下さい。

 

すがしゅん
僕は、毎日家から駅を自転車ではなく歩きで向かうようにして運動を増やしています。

ストレスフリーな考え方、こころ(精神)

小さなことでは動じない、ストレスフリーな考え方、こころを持ちましょう。

 

具体的には、自分に都合よく、前向きに物事をとらえる考え方です

起きたできごとを都合よく捉える。

できごとの事実は1つでも、捉え方は無限大です。

 

なので、物事をみるときに、自分に都合よく楽しくなったり、いい気分になるように捉えるようなマインドにしましょう。

そうすることで、精神的健康を保てます。

 

よく「頭お花畑だな~」なんて言われることもありますが、そのくらい物事を自分の都合よくとらえてるので、だいぶ精神的健康は保てていますね。

 

 

 

 

関連記事(一部広告含む)