大学生中にクレジットカードを作った方が良い5つの理由(大学4年でそれに気づき後悔してます)

Pocket

 

あなた

クレジットカードってなんか怖い、危ないイメージがあるな~

なんかお金使い過ぎちゃって、借金とかもしちゃいそうだし。

でも、一方で便利に使いこなしていたり、CMでも楽天カードとかを見るとお得そうにも見える

うーん、興味があるけど、実際はどうなんだろう?

 

この記事では、クレジットカードのメリットとデメリットが明確にし、あなたがクレジットカードを持つべきか否かが明確にできます。

この記事を書いている僕は、フリーのライフコーチ兼ブロガーで、大学4年時にギリギリで楽天カードを利用するようになり、実際、通算16000円相当のポイントを貯めており、その恩恵を受けています。

 

結論から伝えると、クレジットカードは大学生中から使わない手は無いくらいお得です。

実際に、僕が楽天カードをクレジットカードして使ってみての”メリット”と”デメリットをお伝えしていきます。

 

大学生のあなたもクレジットカードを持つべきメリット

1.ポイントが付く

僕は、楽天カードを利用しているのですが、クレジットカードを利用することで、ポイントが付くのは圧倒的なメリットですね。

ネットショッピングでも使えますし、今ではリアルのお店でもポイント購入できるので、とても重宝しています。

また、楽天カードの場合、加盟店が多く、マクドナルドやプロント、ミスドなどの店舗などでもポイントをつけたり、貯めたらできるので、お得です。

ちなみに、証拠として、役1年ほど利用して、このくらいのポイントが溜まっています。

このポイントだけで、軽く旅行に行けたり、美味しいものを食べたりできます。

チリも積もればじゃないですが、コツコツ色んなところ購入で利用するとお得ですね。

これは現金払いだけだと、得られないものなので、クレジットを使わない理由はないですよね。

 

2.クレジット決済、ネット決済が主流時代の恩恵を受けられる

クレジットカードを持っていなかった時に、現金払いしかできないことにとても不便さを感じましたね。

「ネットで欲しい商品やお買い得の商品、また有益な情報を買いたい!」

という時にも、決済画面に行くと、全てクレジット払いしか選べずにとても後悔とチャンスを逃してきました。

 

この波には逆らえませんが、逆にこの波に乗ってしまえば、恩恵を受けられることは間違いないので、大学4年という遅い時期でしたが、楽天カードを作って以降、今では、わりとストレスなく、お買い物ができています。

 

3.自分がいくら使ったかが明確に確認できる

冒頭にあった「使いすぎるんじゃないかな?」という疑問に関してですが、実際は、むしろ逆です。

何にいくら使ったのかというのがスマホで常に確認できるので、「使いすぎてるから今月は抑えよう」とかというのができるので、クレジットカードを使っていた方が、支出の調整や計算がしやすく、お金の使いすぎを防げます。

こんな感じです。

楽天カードのアプリを連携させると、このように、上にその月にいくら使ったのか、下に内訳が確認できます

家計簿のようなものを勝手にアプリで作ってくれるので、管理がとても便利です。

 

またメールでも使った金額と内容を教えてくれるので、かなり使っているお金を管理できます。

 

4.本当に購入したいものが目の前にあって、現金を持ち合わせていない時に、即購入できる

クレジットカードの性質を利用して、現金を今スグで持っていない時でも、クレジット払いで購入できます。

え?これメリットなの?と思われるかもですが、めちゃくちゃメリットです。

例えば、あなたが大好きなブランドの商品が期間限定で目の前で見つけて、残り3つとなっていて、その後はいつ発売されるか分からないとします。

その時、たまたま現金がない、でもどうしても買いたいという時に、クレジットカードがあれば、即買えるんです。

これを何度も繰り返したり、全てのものにしていたら、危険ですが、たまにここだという時に、クレジットカードを切れるのは、強いです

 

スピードが圧倒的に速い

ネットショッピングで現金を使うと、コンビニや銀行に払い込みに行く手間や、それが認証されるまで時間が掛かったりと、正直めちゃ手間と時間がかかります。

でも、クレジットであれば、秒速で決済と認証が行なわれるので、圧倒的スピード感でお買い物ができるので強すぎます。

なので、今では購入したいものは、気持ちよくポチってます。

 

【楽天カード公式サイト】

 

 

デメリット

1.リボ払い、キャッシングを知らずに利用して、高い利子が付けられてしまう可能性がある

僕は、リボ払いをしたことはありませんが、これは何かというと、クレジットでお金を借りて、それを分割で返していく仕組みです。

一言でいうと借金で、そこに高利子が付けられるので、長く借りれば借りるほど返済額も増えていったりと、正直この制度はあまりおすすめできません。

クレジットカード会社側は、それをしてもらえると嬉しいので、ポイントを多くもらえたりするキャンペーンがありますが、そこに目をくらますことの無いように気をつけてください。

 

2.落としたら悪用される可能性がある

免許証やスマホなどと同じで、個人情報や決済情報、人により決済に使われてしまうこともあるので、カード管理は徹底しましょう。

万が一、落としたら、すぐにクレジットカード会社に電話をして、決済機能を止めてもらいましょう

 

3.学生だと、作れるクレジットカードが限られてしまう

クレジット(credit)は、日本語で信用です。

学生は正直なところ経済面において、信用が社会人よりも低いので、作れる会社が限られてしまいます。

申し込み自体はできますが、審査で落とされることが多々あります。

僕も当時いくつか申し込みを試してみましたが、結構落とされましたね(泣)

 

 

クレジットカードのメリット・デメリットそれぞれ分かって頂けたかと思いますが、最後に書きましたが、学生はクレジットカードが作りづらいのが現状です。

ただその中でも大学生でも作れて尚且つ、お得なクレジットカードが、大学当時の僕も作ったのが楽天カードです。

年会費も無料で、楽天ポイントが色んなネット、リアル店舗で使えて、たまる点から、ここに決めました。

もし楽天カードを作ってみようと思われた方向けに、簡単に申し込み手順を書いておきますね。

 

楽天カード(クレジットカード)に登録してみる

【登録時に必要なもの】

・楽天のアカウント(無ければすぐ登録できるので、作りましょう)

・銀行口座(口座番号を見れるように自分の通帳を用意しておきましょう)

・身分証明書(免許証がある方は免許証を用意しておきましょう)

 

【登録時の簡単手順】(所要時間:5分~10分)

1.楽天無料会員登録(アカウントを既に持っている方は、ログインします。)

2.手順に従って、記入フォームを埋めていく

 

【登録時のポイント】

1.自動リボ払いサービスの申し込みは、申し込まないのがおすすめです。(ポイントをやたらプレゼントしてきますが、借金と同じなのでおすすめしません。

2.使うブランドは、VISAかmasterがおすすめです。(この2つは日本でも海外でも使えるので、僕はVISAにしました。)

3.楽天Edy機能は付けるのをおすすめします。クレジットは使えなくてもEdyは使える店もあるので、使えるお店の幅が広げられます。

(Edyは簡単に言うと、PASMOやSuicaのように、お金をチャージして、そのチャージ分を利用できるもので、Edy利用でも楽天ポイントが付くので、この機能を外す理由は無いかと思います。)

 

【楽天カード公式サイト】

 

 

学生限定の楽天学割も合わせておすすめ

楽天では、学生限定で楽天学割というサービスも行っていて、登録無料でただただお得になれるものもあるので、要チェックです。

僕は大学4年時に、このサービスに気付かずに機会損失してしまったので、あなたはお見逃しなく(切実)

 

学割の楽天特典

楽天市場でのお買い物が送料無料に!

ポイント10倍で教科書・参考書、さらに漫画も買える!

友達との旅行も最大4,000円分オフ!

詳しくはこちらから:【学生限定】楽天学割

 

1.楽天市場でのお買い物が送料無料に!

24枚クーポンがもらえるので、月2回お買い物しても、1年間は送料無料で利用できます

下見は目で見て、購入はネットがほとんど言う方は、かなり重宝されそうですね。

 

2.ポイント10倍で教科書・参考書、さらに漫画も買える!

大学の授業の教科書やゼミの研究用の本などで、意外と出費が出ますよね。

楽天ブックスで楽天ポイントが2倍以上になるので、必要な本を購入時にポイントを稼げるので、お得です。

また、ファッションブランドなどでもそれが適用されるので、服などをネットで購入する人にもお得です。

 

3.友達との旅行も最大4,000円分オフ!

大学生は、アルバイトで稼いだお金を使って色々な所へ旅行へ行く方が多いかと思います。

そんな時に、楽天学割で4000円など割り引いてもらって、その浮いたお金で美味しいものを食べたり、贅沢するのは大ありですね。

▼登録は無料なので、学生のあなたはこちらからどうぞ

【公式 楽天学割】


 

関連記事(一部広告含む)