【暇すぎて】大学生活がつまらないあなたに贈る3つのコト【大学4年間通って分かったこと】

Pocket

 

大学生活がつまらない人

大学生になったのはいいものの、意外と大学生活つまらないなぁ

バイトも週2,3ではやってるけど暇やなぁ

特に熱中しているものもないしなぁ

適度に遊びもしたし、遊びも飽きたなぁ

というあなたへ

 

この記事では、「大学生活がつまらない、暇すぎる」から、「大学生活が充実してる、楽しい」になれるお手伝いができたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)も、もともと大学1,2年生まで正に同じ状況で、時間あるけど、特にやることもなくて大学生活がつまらない時期がありました。

ただそこから乗り越えて、毎日が充実して、成長を実感しながら生きれるようになったので、それをシェアすることであなたの大学生活が充実するお手伝いができたらと思います。

 

【暇すぎて】大学生活がつまらないあなたに贈る3つのコト【大学4年間通って分かったこと】

暇な大学生が時間を有効的に使う3つの方法

①暇な時間を自分の人生を見つめる時間に充てる

②暇な時間を使って、自分で価値を作り出す経験をする

③何でもいいから本気になれそうなものに挑戦してみる

 

暇な時間を自分の人生を見つめる時間に充てる

後回しにしちゃいがちだけど、せっかく自分のことを目いっぱい考えられるんです。

頭が千切れるくらい、自分のについて考えてみて下さい。

いきいき生きている人は、意識、無意識ありますが、自分のことを理解している人が多いです。

あなたの暇つぶしと、自分のことを理解できるという一石二鳥

 

👤「自分がどう生きたいかなんてわからないよ。」

だから、やる必要があるんです。

 

北海道へ行くってわかってないと、沖縄に向かって、途中であれ違ったなんてことになりますよね。

100%には見えなくとも、ざっくりとは目的地を見えておく必要があります

 

▼自己理解について知りたい方はこちらの記事から

 

暇な時間を使って、自分で価値を作り出す経験をする

これも絶対やっておいた方がいいです。

イベントでも個人的な企画でもいいですが、自分以外の他者に価値をつくる経験を積むといいです

お金を頂けるのであれば、理想だけど、全然無料でもいいと思います。

 

この自分で価値をつくる経験をしていることで、

・自分がいざこれをしたい

・夢中になれるものが見つかり叶えたい

・仲間集めやそれを実際にカタチにしたい

となった時に、すぐに取り組み始められます。

 

また、普通に就職をする場合でも、この経験があるか否かで、面接も働き始めてからも、結果を大きく左右します。

だって、企業は利益を上げられる人が欲しくて、利益は価値を与えることでしか作れないので、これを自分でやっていた人は、あれですよね。

あれです、ほしいし、現に結果も出ます。

なので、自分で価値をつくる経験をしてみて下さいね

 

 

何でもいいから本気になれそうなものに挑戦してみる

👤「本気になれるものがあったら、暇なんて嘆かないよ~。」

と思われているかもしれませんが、そもそも、考えているだけじゃ、本気になれるものなんて分かりません。

もちろん、全く考えずに行動することはお勧めはしません。

 

でも、まずやってみることは大事。

習い事やっている人とかあるあるですが、「親やら友達の影響で、何となく始めてみたら、案外面白くてはまってしまった。」

なんてこともあるんじゃないですか。

 

だから、何でもいいから

👤「これやってみてもいいかな~」

ぐらいのものを見つけて、挑戦してみてください。

 

僕は、大学3年の春に、とにかく何もやることないし、友達も少ないし、暇でした。

なので、面白そうな人が面白そうなことをやるとのことだったので、あってその場でビラ配りをしました。

 

そこから、日々を夢中にできるものを見つけて、割りとその延長線上で今やっているものがあります

身をもって、この行動は暇つぶしになるだけでなく、自分の生き方を豊かにできると思うで、ぜひやってみて下さいね。

 

 

 

 

関連記事(一部広告含む)