【頑張りたいのに頑張れない】5つの原因と解決策【わかやすく解説】

Pocket

頑張りたいのに頑張れない

昨日は「やろう!」って意気込んでたのに結局いつもやれない

すぐに楽な方、楽な方へ逃げてしまって、後になってめっちゃ後悔する

そんな自分に嫌悪感すら覚えてきている、なんとかしないと、、、

というあなたに向けて、

 

この記事では、「頑張りたいのに頑張れない」その5つの原因と解決策についてわかりやすく解説します。

キャリアカウンセラーのすがしゅん(@career_places)です。

”気持ちは頑張りたい気持ちがあるのに、なぜか頑張ることができない”

これ、僕自身もまさに、あなたと同じことに悩みに悩んでいた時期があります、というか今でもたまにありますし。

頑張りたいという気持ちはあるのに、なかなか行動にできず自分に悔しいですよね。

きっと頑張れないのにも原因、理由があるので、その原因を知って、適切な解決策を打って、あなたのもやもやを晴らし、気持ちのいい毎日になるきっかけになれば幸いです。

※現在、内容を改修中です。しばし、お待ちください。

頑張りたいのに頑張れない5つの原因

①今が一生続くと思ってる

頑張りたいのに頑張れない

のは今が一生続くと思ってるからなんです。

これは、精神論のところで特に取り上げた点ですが、冷静に考えても、これが一番重要で、かつ意外とわかっていない人が多い印象。

人は生まれた瞬間から、死へのカウントダウンは始まっていて、それがいつ終わるかわからないですし、突然でなくとも、老いていきますので。

なので、今が一生続くということはないです。

これを意識できている人は、おそらく日々を前向きに進めるようになりやすいですし、

頑張りたいのに頑張れない

がずっと続くことはなくなるんじゃないかなと思います。

②本気でやりたいこと、成し遂げたいものが見つかってない

あなたがやり遂げたいことや目指すもの、したいものがないが故に、何も頑張れないというのも原因の一つに考えられます。

当たり前っちゃ当たり前ですが、目的がないと、頑張れないですよね、人って。

山登りも登った達成感を得たい、山頂からの絶景を眺めたいなどというように、目的あるから大変でも頑張れますもんね。

これなしでは頑張れないので、人生の目標を持つようにしましょう。

③自己肯定感が低い

あとは、自己肯定感、自信がないということも「頑張れない」の原因になります。

「自分なんて、どうせ、やっても無駄」

みたいな思考が、あなたの頑張るを邪魔してしまっているかもしれません。

はなっからできないと思うものに取り組みたくないですもんね。

自己肯定感を高めましょう。

④環境に恵まれてない

「今のやりたいことがない、自己肯定感が低い」

というのは、環境に恵まれていないからという場合もあります。

周りがやりたいことやってる人がいなかったり、

「夢なんて」

と言ってたり、何をするにも、否定されたり、揚げ足を取られたりなど、こうゆうところにいちゃそりゃ頑張りたいという気持ちにはなりづらいですよね。

なので、やりたいことや肯定的な環境を探してみましょう。

⑤頑張ろうとしてるものが頑張りたいものじゃない

あとは、そもそも、あなたが頑張ろうとしているものが、あなたの頑張りたいものじゃないかもしれません。

周りが、世間が、親が

「こうあるべき」

と言ってるから、自分もやらなきゃとなっているパターン。

これでは一向に頑張れないですよね、だって、本心で頑張りたいことではないから。

なので、

「あなたはどうしたいのか?」

を自問しましょう

おそらく、

頑張りたいのに頑張れない

の原因で自分に当てはまるものがあれば改善して、毎日を前向きに充実したものにしていただけたらと思います。

 

関連記事(一部広告含む)