【人は一人では生きていけない】これを受け入れると少し生きやすくなる【実感】

Pocket

 

どうも、内向型キャリアカウンセラーのすがしゅん(@career_places)です。

 

人は一人では生きていけない

この言葉は、有名な女性作家であり、尼僧である瀬戸内寂聴さんが生み出した言葉です。

 

この言葉の通りですし、この記事を書いている僕自身も、何度とこれを思わされたことか、そしてこの考えを持てることでとても人生を生きやすくなったので、

人は一人では生きていけない

という言葉の解釈や、考え方を、僕なりにかみ砕いたものをシェアできたらと思います。

 

人は一人では生きていけない3つの理由

思うに、人は一人では生きていけない理由として、

・物理的

・精神的

・本能的

の3つがあると持っていて、それぞれを解説していきますね。

一人でできることには物理的に限界があるから

この通りで、人が一人でできることって、本当にたかがしれていますよね。

だって、1日24時間しかないし、得意なことだけでなく苦手なこともある。

家を作るのだって自分一人では力も技術も足りない。

食べ物も一からそれだけ作っていたら、それ以外のことができない。

服だって一から作らないといけない。

 

そう、人がたった一人でできることって、ほーんっとにごくわずかしかないんですよね、改めて考えてみると。

そのごくわずかに少しずつできることを協力しあって、力を出し合って始めて、みんなの当たり前の暮らしや幸せがつくれているんです。

めちゃめちゃ当たり前ですが、こうゆう風に考える機会ってあまりないかなと思います。

「他者、他人」がいることで「自分」が存在するから

社会学的な視点で見てみると、一般的に、”自己”というのは、”他者”がいて初めて自分という人間(アイデンティー)を感じることができ、存在意義を感じられます。

なので、誰かしら他者や社会が存在することで、「自分」という存在が成り立つんですね。

だから、社会との接点を完全に0にしてしまう、すなわち、「精神的に一人で生きる」ことになってしまうと、自分が自分でなくなり、強い不安や生きる意味を見失う可能性が高くなってしまいます。

これについて完全0ではなくとも、接点が異常に少なくなったり、心のよりどころとする場がないことでも起こりえます。

人は一人で生きていけないようにつくられているから

これに関しては、先ほどお伝えしたものと近しいことですが、人間は、社会的動物としてつくられています。

何かに属したり、協力し合って生きるようにつくられているので、本能的に、他者や社会を失って一人で生きることによって、自分を正常に保てなくなってしまうんです。

これに関しては、論理や頭ではどうしようもできません。

なので、社会と接点を持てていることや、他者との関わり合いを持ち続けていくことが僕たちが、自分らしく生きていく上で重要です。

というところで、人は一人では生きていくことが、

・物理的

・精神的

・本能的

にもなかなか難しい事実を知ってもらえたかと思います。

とはいえ、その社会に接して生きてく上でも生きづらさを感じるという方に向けて、

人は一人では生きていけない

という前提のもと、どうしたら生きやすく社会を歩んでいけるのかについて書いていきますね。

人は一人で生きていけない、つまり、迷惑をかけたり、人を傷つけることもあるけど、その分、誰かのために手助けやお世話をすれば少し生きやすくなるはず

これはわりと過去の自分に向けて書いているので、

👤「これ分かる!」

という方に伝わればいいんですが、人にはできるだけ迷惑をかけたくない気持ちがあって、本当に社会と接するのに生きづらさというか、申し訳なさを感じてしまう場面が多々あるんですよね。

・ミスしてしまって、迷惑をかけちゃわないか

・時間を作ってもらったのにそれ以上にお返しできているのか

みたいな感じで。

 

でも、先ほどの前提に立ち返って考えてみると、そもそも誰しも

人は一人では生きていけない

からこそ、絶対にどこかしら、色んな形で迷惑をかけあって、そして支え合っているんじゃないかなって思うんですね。

 

むしろ、この繋がり合いで社会が成り立っているんじゃないかなと思うし、それが一人ひとりが幸せに生きれる方法だと思うんです。

そう、僕自身、この考え方が知ってから、

「あ、もう少し気楽に生きていいんだな。迷惑をかけないのは0にはできない。だからその分、自分ができることで誰かの支えになって還元しよう」

というスタンスになって、だいぶ生きやすくなりましたし、腰が軽くなりました。

 

なので、もしあなたが、

👤「人に迷惑をかけてしまわないか心配で、あまり社会や人と接点をもちたくないな」

そう思った時には、ここで紹介した「人は一人では生きていけない」という考え方を思い出して、

「誰もが迷惑をかけるのは避けられない分、自分が誰かの支えになれるし、そこで返したらみんなハッピー」

というのを自分に言い聞かせてあげてほしいです。

 

そうしたら、きっと今より生きやすくなりますし、あなたの周りの人もハッピーになるはずです。

 

きっとあなたの人生がよりよくなりますように。