チャンスを掴めない人と掴める人の特徴【チャンスを掴める力は今からでも身に付けられます】

Pocket

 

なんだかいっつもチャンスを掴めないんだよな

でも周りではチャンスをバンバン掴んでいる人もいて悔しい

チャンスを掴めない人と掴める人の違いって何なの

というあなたに向けて、

 

この記事では、チャンスを掴めない人と掴める人の違いと掴めるようになる方法ついて書きます。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーランスとして働いていまして、まさにチャンスを自ら掴んでいかないと生活も危ないという状況で生きています。

何とか生きていますが、とはいえ、もともとそうゆうわけではなかったので、僕自身の経験をもとに、チャンスを掴めない人と掴める人の違いと、チャンスを掴めるようになる方法をお伝えできたらと思います。

 

チャンスを掴めない人と掴める人の特徴

それぞれ書いてもいいですが、チャンスを掴めない人の特徴を知って、それを改善すれば、チャンスを掴めるようになると思います。

なので、この記事では、特にチャンスを掴めない人の特徴にフォーカスしていきます。

 

チャンスに気付いてないからチャンスを掴めない

チャンスに対して、アンテナを全然張れてないパターンですね。

受け身で待ちすぎかもしれません。

・誰かが手を差し伸べてくれるかもしれない

・待っていれば何か変わるかもしれない

 

これだとチャンスが近づいててもそれに反応できませんよね。

というかチャンスが回ってきすらもしないかもしれません。

 

だって、サッカーとかでも、ゴール手前でチャンスを見て、パスを受けようとしている人にボールも回ってきますよね。

ちょっと精神論的な感じかもしれませんが、もっと主体的に、

👤「自分でチャンスを掴みに行くんだ」

という気持ちを持ちましょう。

 

 

チャンスに気付いているのに踏み出せないからチャンスを掴めない

もしあなたがこれの場合は、あと一歩です、もう少しです。

 

この場合はアンテナを張れているので、チャンスに気付けています。

けれども、何か「恐れ」があって、それを掴めずにいます。

👤「あとは、掴むだけなはずなのに」

と分かっているのに、それが掴めないんですよね、とてもお気持ちわかります。

 

でも何とか恐れから打ち勝ってチャンスを掴みたいと思いますよね

僕は、次のような考え方を持つことで恐れで行動できないことを乗り越えました。

 

それは、

どちらの選択の方が後悔が大きいかで物事を捉えるようにしたこと

この通りで、例えば、東京の人が北海道でしか、しかもこの時期にしか食べられない海鮮丼があったとします。

この時に、食べる選択と食べない選択ができるとします。

 

こうゆう時に、僕は今まで選ばないという選択肢を多く取っていました。

しかし、大体の割合で選ばないという選択肢を取って、後悔が残っています。

 

反対に、少なくも選ぶ選択肢を取った時には、一ミリも後悔が残らなかったです

たまに

👤「これは失敗だったな~」

とかもありますが。

 

でも、やるということを選んだ選択によって、これはよくないということが知れるんですね。

後悔よりもむしろこの選択を取って良かったなと思えることがほとんどです。

僕は、この考え方に気付いて以来、選ぶという選択肢が増えました。

 

なぜなら、後悔が少ないし、何だかんだで好転に繫がることが多いからです。

 

やれずにできた後悔は消せませんが、失敗しても、改善はいくらでも効きますし、チャンスを掴むことに繋がります

そう、むしろ、その経験は後の大きな大きな糧になります。

 

こう考えると、

👤「迷って躊躇して、何にも挑戦できないことってめちゃめちゃ怖いな

って思えるようになったんです。

 

たいていのことは、別にその道が仮に間違えてしまったとしても死にゃしない。

別に間違った道っぽければ、戻れますし。

 

躊躇すればするほど、リスクも大きくなってもっと怖くなってチャンスを掴めなくなってしまいます、今が最速なので、今やりましょう

何もしなければ、一ミリも前に進めずただただ時間だけが過ぎていきます。

そして、気付いたら挑戦できない年齢になってるみたいな。

挑戦しようと思えばいつでも誰でもできます。

 

けれど取るべきリスクは大きくなりますよね。

子供や奥さんができてたりしたら、勇気を出せずに挑戦しないとこんな怖いことになっちゃうんです。

 

チャンスを掴むために、やるは一生を前進させる、やらぬは一生の後悔。

僕は、この考えを持ってから選ぶ選択肢を取り続けることができるようになりました。

そして、現に少しづつでも前に進めています。

 

きっと、あなたが恐れに打ち勝ち、チャンスを掴めるようになりますように。