「職場の人間関係が疲れる」を解決する6つの方法【気疲れしやすい僕が教えます】

Pocket

 

職場の人間関係に疲れてる人

職場の人間関係にとても疲れてしまう

ステキな人が周りにいるのに面倒臭いと感じてしまう自分が嫌だ

でも、このもやもやを残し続けていたら、どこかで爆発してしまいそう

なんとか、現状を改善したい

というあなたに向けて、

 

この記事では、職場の人間関係が疲れてしまうあなたに、その6つの解決策をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、人よりも敏感に何かを感じ取ったり、いらないことに気を使ったりなどなど、かなり生きづらい性質を持っています。

今ではだいぶ良くなりましたが、人間関係疲れにとても困っていたので、ぜひ、僕が改善のために得られた情報をシェアできたらと思います。

 

「職場の人間関係が疲れる」解決する6つの方法

人付き合いに無理しすぎない

これは、とても大切でして、そもそも、

👤「人間関係が疲れてしまうな、めんどくさいな」

感じてしまう人の多くは、内向的で、人付き合いよりも1人でいたり、気を許している人の中でいる方が居心地のいい性質があります。

僕もそうでして、あれこれと人にあったり、人付き合いをするのは、正直なところ得意ではありません。

 

必要であれば最低限はする必要はあります。

が、性質としてあまり向いていなかったり、心への負担が大きいかと思います。

なので、無理に、空気を読んで人付き合いばかりしたり、交流を深めて、無理をし過ぎない方が、人間関係に疲れないために重要です。

断りづらいとかもあるかと思いますが、必要最低限に抑えて、自分のことを自分で守りましょう。

1人の時間を1週間に1回以上はつくる

やはり大学や職場の人間関係を0にすることは難しいですし必要最低限は、この社会で暮らすには必要な人も多いかと思います。

なので、週に1日以上はあなただけの時間を使って、心の充電や休まる時間を作るようにしてみてください。

これを抜かして、ずーっと人といると、どこかで心の疲れにピークがきて、爆発してしまいかねないので。

僕はなったことはありませんが、鬱に近い状態になってしまう人も多いので、あなたが極上の時間、落ち着ける時間を自ら作ってあげてくださいね。

演じず、なるべく自然体、ありのままの自分でいるよう意識する

あなたがあなたじゃない状態でいるのが、一番違和感やストレスが溜まるかと思います。

なるべく、あなたがあなたらしく自然体でいられるように意識しましょう。

 

なぜなら、心てきにもその方が楽ですし、あなたの自然体を知ってもらった上での方があなたに適した役割や関わり方をしてもらいやすいので、心の疲れやめんどくささを軽減できるかと思います。

とはいえ、100%出すのは難しいかと思うので、なるべくそうあろうと意識するだけでもかなり違うと思うので、試してみてくださいね。

事前に自分の性格などを知っておいてもらう

先ほどと近いですが、

・あなたが気疲れしやすい

・内向的であったり

・人間関係が得意でない

そうゆう資質だと知ってもらっておくとことで、それにあった役割な対応をしてもらいやすくなるので、いいです。

(ただ、この場合は、その環境に寛容性や個性を認め合う文化の場合に限りますが)

環境(人間関係)そのものを変える

上と関連しますが、そもそも、その環境があなたにあっていなかったり、あなたの個性を受け入れられる体制じゃない場合もあります。

そうゆう場合は、別の環境へ変えることをおすすめします。

職場なら、あなたがあなたらしく働けるような転職先を探して、あなたがあなたらしくいられる場所へ行くことを試みてください。

自信(自己肯定感)を高める

自分に自信がないと、他者を気にし過ぎたり、自己否定が強くなったりなど、精神的に不安定になりやすく、心の疲れを進めてしまいます。

なので、その場合は、あなた自身の自己肯定感をつけることを試みてくださいね。

 

以上が職場の人間関係に疲れるを解決する6つの方法でした。

ぜひ、もしあなたの現状を打破するヒントに少しでもなっていれば幸いです。

 

きっとあなたのこれから生きやすくあなたらしくあれますように。

 

関連記事(一部広告含む)