「お金は悪だ」と言われている理由とお金の真実【お金はむしろ善】

Pocket

 

お金が悪に疑問を持っている人

お金を稼ぐ=悪みたいな風潮があるけど、なぜそうなのかを、背景と共に知りたい

実際は、お金を稼ぐことは、いいことなのか、悪いことなのかを知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、お金を稼ぐことが悪である日本の風潮の理由、背景と、実際はどうなのかについて解説します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーランスのキャリアカウンセラーとして活動していまして、いわゆる個人事業主として自ら価値を作って、お金をいただいて生活をしています。

実際に、自身の経験を踏まえてお金を稼ぐことはどうゆうことなのかを解説していけたらと思います。

 

お金を稼ぐ=悪という風潮が生まれた背景は2つ

お金を稼ぐ=悪

の風潮を遡ると、大きく2つの歴史的な背景があります。

それぞれ、簡潔に、解説していきます。

お金を稼ぐ=悪という風潮は、徳川家康の時代まで遡って生まれたもの

まず第1に、かの有名な大将軍である徳川家康の江戸時代にさかのぼります。

徳川家康は、本能寺の変で討たれた織田信長をみて、

👤「国民に財力や権力を持たせるとロクなことにならない」

とさとって、質素倹約をうたい、民にお金を持たせず、むしろお金をたくさん持って贅沢=悪という文化を作り上げました。

で、江戸時代はとても長く続いたこともあり、その風潮が、子や孫まで受け継がれて、今にもその考え方が残っています。

すがしゅん
おそらく、今50代くらいまでの人はわりとこの価値観の人が多いかなと思います(もちろん全員ではありませんが)

 

お金を稼ぐ=悪という風潮に拍車をかけたのは、戦争時代の貯金美徳主義

そして、江戸時代から根付いていたお金=悪に拍車をかけたのが、戦争でした。

戦時中は、軍事のためにお金をかけたい国は、

”貯金=美徳”

というようなお金を持って使うのは、非国民というような風潮を作りました。

それで、僕らのおじいちゃん、おばあちゃん(70〜80代くらい)の人は、

👤「貯金しなさい、貯金しなさい」

と口うるさく言っているんですね。

 

以上のような大きく2つの歴史的な、国の目論見の中で、国民が

お金=悪

という風潮を刷り込まれてきて、今日にもそれが残り続けているわけなんですね。

ただ、わりと、今の〜30歳くらいまでの人は、その違和感に気づき始めているのも確かです。

参考書籍: インベスターZ

すがしゅん
インベスターZは、漫画でわかりやすくお金に関しての知識を学べるので、とてもおすすめです。

 

お金を稼ぐ=悪は、本当なのか?答えはNOです

まぁ、背景はわかりましたと、じゃあ実際に、お金=悪なのか?

どうか?

答えは、NOです。

むしろ、お金を稼ぐ=良というのが有力ですね。

ただし、適切な価値を作り出している場合に限ります。詐欺や不適正なものの場合は悪です。ただこうゆうのがニュースで取り上げられやすいから、お金稼いでるやつは怪しいし、悪いことしてるって思われやすいのも事実なんですよね。

 

お金を稼ぐ=良の3つの理由

思うに、次の3つの理由で、お金を稼ぐ=良なのかなと思います。

お金を稼いでいる=誰かを幸せにしていることだから

この通りで、お金を稼いでいるということは、誰かを幸せにしていることなんです。

例えば、あなたがコーラを150円で買って、飲んで美味しいというのがわかりやすい例です。

コカコーラはあなたに「美味しい」という価値を提供して幸せにしていますよね。

そうゆうことです。

すがしゅん
このようにお金を稼いでいる人は総じて、誰かを幸せにしているんですね、だからお金を稼ぐことは良いことだと思います。

 

お金を稼ぐことで大切な人を守れるから

これもその通りですが、お金を稼いでいることで、大切な人を守れます。

住む家や食べ物、洋服など、お金がなければ、これらは揃えられません。

お金は、価値の代替手段なので、お金を稼げていることで、自分の身の回りの人を守ったり、問題解決できるんです。

なので、大切な人や自分を守るためにお金を稼ぐことは重要ですね。

 

自分の好きなことや笑顔にしたい人のための時間を作れるから

お金を稼げることによって、好きなことや笑顔にしたい人のために時間を作れます。

お金を稼いでいる人は、人にもよりますが、総じて、好きなことや自分の時間を多く持てています。

で、自分も周りもハッピーになって、ハッピーの連鎖が広がっていくんですね、めちゃ良いですよね。

 

以上のような理由から、お金を稼ぐこと=悪ではなく、お金を稼ぐこと=良なんです。

 

ぜひ、あなたもお金へのブロックを取り払って、自分や周りの人を幸せにしていくため、幸せにしていく過程で、お金を稼いでいってもらえたらと思います。

 

すがしゅん

僕ももっと頑張って、幸せにしたい人を幸せにできるようにならなきゃな。

 

きっとあなたの人生がハッピーになりますように。