【世界幸福度ランキング2019 】日本58位【上位国のシェアと日本の順位の背景を解説】

Pocket

 

2019年3月20日の幸福デーに毎年行われている世界幸福度ランキング2019が今年も発表されました。

世界幸福度ランキングの結果とともに、日本の順位やその背景について解説します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして、学生や社会人の方の「幸せに働き、生きる」ためのサポートを行なっています。

今回の結果に少しコメントをしつつ、理解を深めてもらえたら幸いです。

 

世界幸福度ランキング上位は北欧諸国ばかり

世界幸福度ランキング2019
  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. ノルウェー
  4. アイスランド
  5. オランダ
  6. スイス
  7. スウェーデン
  8. ニュージーランド
  9. カナダ
  10. オーストリア

参考: World Happiness Report 2019

この通りでして、第1位のフィンランドをはじめ、デンマーク、ノルウェーと上位10位以内は、ほとんどが、北欧諸国で占められていますね。

この背景としては、北欧諸国では、福祉や教育に力を入れており、充実しているので、平均して幸福度が高い水準に保たれていることが考えられます。

すがしゅん
北欧へ実際に足を運んで友人によると、たしかに、国民が毎日幸せそうに暮らしていたし、実際に何日間か滞在しただけでも自分まで幸福感が上がったと言っているほどでした。

世界幸福度ランキングの判断基準は、6つの視点

①1人当たりのGDP

②健康寿命

③社会的支援の充実

④自由度

⑤腐敗度

⑥寛容さ

以上の6つの観点をもとに分析がおこなわれ、総合的な数値の高い国が、幸福度が高いという評価がなされます。

実際にインタビュー形式で、国民の主観をもとに作られるので、よりリアルベース、主観強く幸福度がはかられます。

世界幸福度ランキングで日本は、58位【昨年比下落】

そんな中、日本は何位かというと、まさかの昨年から下落して、58位です。

わりと上位に入るのかなと思いましたが、低いですね、かなり。

 

とはいえ、改めてあの6つの観点で見てみると、

✓ 日本に足りていない

✓ 課題感のあるもの

があったので、この順位の背景とともにみていきます。

 

日本の評価項目ごとの順位

1人当たりのGDPが24位

健康寿命 2位

汚職の無さ 39位

社会的支援が 50位

社会的自由 64位

寛容さ(他者への寛大さ) 92位

参考: World Happiness Report 2019

すがしゅん
社会的自由度と寛容さが極端に低いですね、、

世界幸福度ランキングで日本の順位が優れない3つの理由や背景

日本は個人の裁量や自由度が低いから

昔からそうですが、日本には個人の裁量や自由度が尊重されづらい文化がありますよね。

例えば、

✓ 会社の勤続年数で発言できるできないがあったり

✓ 他の人と少し違うことや意見を出すと、それに多数大勢側が束になって向かってくる

みたいなところは、おそらく今も昔もあるのかなと思います。

 

SNSの炎上とかもまさにそうで、個人の意見や考え方が世間とずれていると思われた途端に、つぶしにかかってくる傾向はあります。

最近は、少しずつ、その自由度は上がってきてはいるものの、やはりその点が

✓ 縛られている感

✓ 個人の本意の自由選択がしづらい

という点で、自由度がなく感じる人が多いのかなと思います。

寛容なようで、寛容さが失われてきているところがあるから

わりと社会問題で、税金や生活コストが上がっているのにもかかわらず、賃金がそれに見合って上がっていないという現状があります。

それでいて、先ほどもあげたように自由度をあまり感じない働き方を強いられやすいという状況です。

 

これほどまでに追い込まれてしまった結果、自分のことで手一杯になってしまい、

✓ 他者への寛容の余裕

✓ 配慮に手が回らなくなっている

というのも考えられます。

すがしゅん
たしかに、自分が大変な時に、他者への配慮を配るというのは、正直かなり至難の技ですよね、僕もインフルになって自分のことがままならない状態の時には、正直他者への配慮する余裕はありませんでしたね。

社内的支援も拡充されきれていないから

日本は、福祉国家という印象を持つ人も多いですが、間違いではありませんが、現状はそれが十分になされきれていない点もあります。

例えば、

✓ 待機児童問題だったり

✓ 介護福祉施設の問題など

あげればキリがありませんが、なかなかその点の拡充が間に合っていなかったり、不十分であります。

以上の3点から、日本の幸福度があまり高くない現状なのかなということを推測できます。

 

世界幸福度ランキングから見る日本人の姿勢や生き方の工夫すべき点

最後に、それらを踏まえて私たち日本人が意識すべきことは何かを考えたいと思います。

 

思うに、働き方の多様化を社会に広げて、一つの選択肢でなく、複数の選択肢を持てている個人が増えるようにしていくことが重要かなと思います。

一つの選択肢しかない、もしくはないと思わされているからこそ、自由度や発言のし辛さなどもあります。

なので、個人個人がもっと選択肢そのものを知ることと、それを叶えられるスキルアップがとても大切になってくるかと思います。

 

僕自身、現在進行形で自身がその個人になれるように活動しています。

✓ 選択肢の幅を広げるために、日々働き方やビジネスモデル、能力アップをしつつ、働き方や生き方の選択肢を発信して知ってもらう

ここらへんをコツコツと積み上げて、個人個人で、自由度や寛容さを高め、広めていくことが大切なのかなと思います。

 

そうゆう人が増えていけば、おのずと自由度も寛容さもでき、かつ社会福祉も国だけでなく、国民全体で支えられるような形になっていくのではと思っています。

すがしゅん
超理想論を言っていることを自覚していますが、そこを目指さないことには現状は後退するので、やれる人から始めていくことが大切だなと思います。

 

きっと一人ひとりが幸福度高く毎日を過ごせますように。

 

 

 

関連記事(一部広告含む)