【失敗を糧にする】この思考さえ持っておけば落ち込まずに前進める【元豆腐メンタルの僕が教えます】

Pocket

 

あれこれやることがあって、やるべきことに手が回らず、人様に迷惑をかけてしまった

一生懸命準備していたのに、本番でダダ滑りしてしまった

いつもなら出来ることを凡ミスしてしまった

というあなたに向けて、

 

この記事では、「失敗を糧にする」という考え方を持ってもらって、失敗に落ち込まず前を向く方法をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、ライフコーチとして活動していまして、多くの学生の相談や、自身の豆腐メンタル時代の経験を元に、あなたのお力になれれば幸いです。

 

【失敗を糧にする】この思考さえ持っておけば落ち込まずに前進める

僕らは生きていれば、誰だって失敗することはあります、人間だもの。

ただ頭では分かっていても、落ち込んでしまったり、クヨクヨしてしまうことはありますよね。

特に、不思議なもので、一個失敗すると、立て続けにバタバタ倒れて行ってしまうんですよね。

 

で、どよーんとしばらく日々を過ごすことになるんですよね。

・なんか嬉しいことがあっても、それを素直に喜べなかったり

・なんか、悲しくなってきたり

・なんにも手が付かないし・・・

正直、この負のスパイラルから抜け出したい気持ちが山々ですよね。

なので、僕があなたのクヨクヨを吹き飛ばします。

 

「失敗を糧にする」を自分の頭に刻みこみましょう

失敗したっていいし、過ぎたことは変えられない

むしろこの経験、失敗を糧にすることで次は今よりもよくなれるはず

失敗してくよくよしたら、自分にそう言い聞かせて下さい。

 

例えば、キャパオーバーでやるべきことに手を回せず、不十分な成果だったとします。

一見すると、かなりやらかしてしまった経験です。

周りの人にも迷惑を掛けてしまい、とても申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

 

でも、その失敗で何を得られましたか?

①この数・時間で詰め込むと自分はパンクしてしまうことが分かった。

②色々ある中でも、こうゆうの優先順位が高いことが分かって、自分の大切にしているものが分かった

③パンクしたことで、今後のタイムマネジメントを考えるきっかけになった

④この失敗で反省したことで、今まで立ち止まって考えていなかったことを冷静に一度見つめ直せた

⑤この失敗でまた一つメンタルが強くなった

などとこんなにも、実は失敗からめちゃめちゃ学べているんですよね、なんだか気持ちが楽になりませんか?

 

そうなんです。

「失敗を糧にする」という思考はむしろ失敗で喜べちゃう

絶対に、失敗する前のあなたより、今の方が強いあなたになっているんです。

クヨクヨはもうおしまい。

むしろ、失敗は大歓迎、喜んじゃいましょう。

 

ぜひ、この失敗で得た経験や学びを武器にして、次に進みましょう。

 

人間、この繰り返しで強くなり、前進していく生き物です。

1日反省したら、切り替えて踏み出しましょう。

 

あなたなら大丈夫です。