【幸せとは何か】幸福を求めている人は何を追いかけていますか?【ライフコーチが幸せとは解説してみる】

Pocket

 

幸せとは何かを知りたい

幸福でありたいけど、そもそも幸せってなんだ?

どうなったら幸せなんだろ?

というあなたに向けて、

 

この記事では、「幸せとは」について解説し、幸せに生き続けていくためのヒントをお伝えできたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、ライフコーチとして活動していまして、「幸せとは」という問いへの現状での答えが見えてきたので、シェアできたらと思います。

 

幸せとは、「心が満ち足りている状態のこと」

まず前提として、「幸せとは、どんなものかというと、心が満ち足りている状態のこと」です。

 

心が満ち足りている状態としては、例えば、

・一生懸命受験勉強をして志望校に合格した時

・家族と一家団欒でたわいもない会話している時

・好きな人に告白して、お付き合いできた時

・長年追いかけていた夢がかなった時

 

などがあげられまして、これは人によりますが、心が喜びやありがたみなどで満たされている状態が「幸せ」です

 

幸せの形や感じる対象は年齢や人によって千差万別

幸せとは、「心が満たされていること」であることは確かですが、何で満たされるのかというのは、価値観によって、まったくもってかわるので、年齢や人によって、幸せの形は大きくことなります。

 

例えば、細かい集中力の作業が、退屈で仕方がないという人もいれば、まさにその作業に没頭できているのが幸せという人もいるわけです。

また年齢でいうと、人生を走り終えて、のんびり日々を生きることが幸せとなっている人もいれば、まだエネルギーを持て余していて、空き時間が退屈という人もいるわけですね。

というように、その人、年齢、状況によって、「幸せ」を感じるポイントは変わってきます。

 

幸せには、短期的なものと長期的なものがある

また、幸せには、短期と長期があります。

 

短期(短期的な幸せ)では、さきほど例に挙げた、

・受験合格

・告白成功

・宝くじあたった

長期(継続的な幸せ)では、

・夢ややりたいことを追い続けている

・日々の生き方に満足している

というように、短期的なものと長期(継続的)の幸せがあります。

どちらがいいというのはありませんが、人生を幸せに生き続けることにおいて、長期的な幸せを持ちつつ、日々に、短期的な幸せを散りばめられるといいと思います。

 

自分の短期と長期の幸せを見つけて、人生を幸福に行きましょう

短期的幸せは、この2つ

自己理解で自分の幸せの価値観を知る

自己理解を深めることで、自分の幸せを感じるポイントを知り、そのポイントを満たせるような行動をとりましょう。

 

 

幸せを感じるコツを知る

その上で、幸せを感じるコツをしって、幸せ度を最大化しましょう。

 

 

長期的(継続的)幸せは、これ

自己理解で自分の幸せを知って、夢ややりたい事を見つける

先ほど同様、自己理解をして自分の幸せのポイントを知って、その上で、長期的に追えるような夢ややりたいことを見つけて、それを追いましょう。

 

 

ぜひ、この幸せの定義を元に、あなたが幸せに生きるための参考になれば幸いです。

 

 

関連記事(一部広告含む)