【実録】仕事の人間関係のストレスでもう限界【解消法3選】

Pocket

 

仕事と人間関係のストレスが正直かなりキツい・・・

やってる仕事は問題ないけど、上司や横との人間関係がすごくストレス

正直あまり会社へ行きたくない

なんとか解決方法が知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、仕事の人間関係のストレスに対する解決策を3つほど紹介し、あなたの毎日の仕事のストレスをなくして、清々しく働けるようになるお手伝いができたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーランスとして働いていて、キャリア支援を行なっていたり、自分の同級生で会社員をやっている人も多く、その際に出た悩み相談での内容を踏まえて、この記事で同じような悩みを持っている人のお力になれればと思います。

 

仕事の人間関係のストレスでもう限界というあなたに送る解決法3選

①マインドを変える(ストレス耐性に強くなる心のトレーニングをする)

マインドを変える。

これが一番実現可能性とすぐに始められるものですね。

正直、仕事を始めると、合わない人や理不尽な人と出会うものですよね。

僕もお仕事をしていて、たまーにそうゆう人と出会うことがあります。

(僕の場合は、そうゆう人とは関わらなくしますが)

 

でも、会社の中で働いていく以上、なかなか一度そうゆう人と同じ部署やチームになると変わることは難しいんですよね。

物理的に距離を取ることは難しいので、精神的に、そのストレスに対するメンタルと発散方法を持って対処してみることを考えましょう。

 

ストレスに対するメンタルを鍛える

ストレスマネジメント術を身につけて、ストレスに強い心を持ちましょう。

個人的には、

・スルースキル

・忘れる力

 

 

を鍛えられるとストレスをため込みづらくなるのかなと思います。

 

何か問題や嫌味などがあっても、いい意味で鈍感になることで、精神的悪影響を妨げたり、別のことに集中して、瞬時に嫌なことを忘れられる力を付けられると相当気持ちが軽く保てます。

 

具体的にどうゆう風にスルー力や忘れる力を付けるのがわからないと思うので、ストレスマネジメントに関しては詳しくは、別記事にて近日まとめますね。

 

ストレスの発散方法を持ちましょう

仕事以外でストレスを解消する方法を知っておきましょう。

ストレスが溜まって爆発する前に週末などを使って、自分の癒しや楽しい時間を作って、ストレスを0に戻しましょう。

何か打ち込める趣味や大好きな人などを作れるとその時間で日々のストレスを浄化できるかと思います。

 

これに関しても詳しく記事にしてまとめますね。

 

▼内向型向けのストレス解消方法は、こちらの記事

 

②仕事場を変える

仕事場を変える、いわゆる転職をするということですね。

できれば、入ったところで続けられるといいですが、

👤「自分なりに最善を尽くしたけれど、この環境では前進できないな」

という場合は、職場を変えた方がいいです。

 

いじめとかもそうですが、「言い訳とか、変わろうとしてないだけ」でなく、その環境から抜け出さないと取れない問題もあるので、逃げとか、マイナスとかイメージ抜きに自分の身を守るために職場環境は変える必要がある場合もあります。

あなたの心が潰されてしまう前に、新しい職場を探してみてください。

 

③フリーランスとして働く

リスクとも隣り合わせではありますが、フリーランスが一番人間関係のストレスは少なく働くことができます。

なぜなら、仕事相手を選べるから。

 

一度一緒に働いて合わなければそれ以降、お仕事をしないという選択肢を取れるんですね。

僕もかなり人間関係にストレスを感じやすい体質でして、今フリーランスとして働いていて、働く人が固定されないのは、とてもいいなぁと思っています。

 

ただし、いきなりフリーランス一本というのはリスクがあるかと思うので、副業的に事業を育てながら、それが軌道に乗った上で、フリーランスの働き方をするのが得策かと思います。

 

大学生に向けて書いた記事ですが、社会人で副業や事業を小さく作っていきたい人にも参考になるかと思います

 

仕事の人間関係のストレスはそのままにしないでください

ここで紹介したのは、あくまで僕が思う最適な3つの選択肢なので、別にも何かしら手段はあるかと思いますが、何にせよ今を変えるアクションを起こしてもらえたらと思います。

現状をそのまま放置していては、むしろ悪化していって、抜け出せなくなっていってしまいます。

 

なので、ぜひ今「どうにかしなきゃ」と思っている気持ちに素直に行動を起こしてみて下さい。

転職なり、副業の準備などを進めて、人間関係の悩みを少しでも小さく、あなたがあなたらしく生き生きと生きてもらえたら幸いです。

 

 

関連記事(一部広告含む)