【就職したくない?】6つの理由と対策方法【キャリアカウンセラーが解説】

Pocket

名前

就職したくない

明確な理由は実はないけどなんか就職したくない

自分にとって、就職以外の選択肢も知っておきたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、就職したくない人の6つの理由と、就職以外の選択肢を紹介します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして、400人近くの方のキャリアサポートを行ってきました。

その中で、就職したくない理由と合わせて、周りにも就職以外の働き方をしている人が多いので、別の選択肢を紹介できたらと思います。

就職したくない6つの理由

1、やりたい仕事がわからないから

やりたいことや仕事がないから、就職したくないパターンもよくありますよね。

たしかに、

👤「これやりたい!」

っていうのがないのに、無心で就活してると、

👤「あれ何のためにこんなに頑張ってるんだろ?」

ってなりますよね。

その場合は、自己理解が不足している可能性が高いです。

なので、自己理解を深めて、

✔ 自分はどうゆう仕事にやりがいを感じたり

✔ どんなことをしている時に、楽しさを感じるのか

✔︎ どんな人と一緒にいるとワクワクするのか

といった、自分の欲求に気づいてあげましょう。

ここのベースを持っておくと、仕事選びや職場環境選びをする際、強い判断基準になって、就活を進めやすくなります。

それでいて、その先の就職後のミスマッチも減らせるので、非常に有効です、自己理解は。

2、自分の自由度高く働きたいから

就職のイメージは人によって様々ですが、多くの人のイメージは、週5でフルタイムで働いて、人によっては土曜も働いていて、自由が効きにくいイメージがあると思います。

会社の風土や文化によって様々で一概に言えませんが、まぁそのイメージでおおよそあってると思います。

週あたり5日は拘束されます、基本的には。

なので、そもそものサラリーマンという働き方を選ぶのであれば、ここはある程度前提条件になってきます。

ただ、仮に週に落とした5日は勤務するにせよ、自由度の高いフレキシブル制を取り入れてるところも最近は増えてきています。

働く時間や場所の自由度が増すことで、自由さを持って働くことができます。

なので、そういった選択肢を選べるような企業を探してみるのもいいかもしれません。

具体的には、ベンチャー企業(設立して若い企業)や、IT系の企業に多くみられるので、そういったところを中心にみてみると変化があるかもしれません。

3、他の人と別の道を歩みたいから

これ僕が大学3年の頃、まさにそうだったのでした。

現状の日本では、まだ

「大学を卒業したら就職

という流れが最も多いと思います。

ですが、その大多数に埋もれたくないから就職したくないというパターンです。

この場合は、自分で何か事業を作るのに挑戦したりしてもいいかもしれません。

社会人になるタイミングで、事業などで自分でお金を稼いだ経験がなければ、会社員をやりながら、副業からはじめてみるのが良いかもしれませんね。

※個人的には、いきなり独立・起業はおすすめしません。なぜなら、スキルも経験もお金も不足している状態での成功可能性が極めて低いからです。それでいて、いきなり独立・起業する場合にしてもそうゆう方は、おそらくこの記事をみていない可能性が高いからです。

4、就活が苦手だから

就職自体というよりかは、就活がなかなかうまくいかなかったり、面接やESに苦戦して嫌になってしまうパターンですね。

この場合は、なんとか就活がうまくいく方法を学んで打開していきましょう。

今つまづいている点をまずは、明確にして、その原因と解決策を見つけてアクションまで落とし込みましょう。

すがしゅん
とはいえ、長期戦で疲れてしまっている場合には、息抜きも必要かと思うので、近くの銭湯に言ったり、ちょこっと旅行に言ったり、好きなものを食べるなどして、自分をいたわってあげてくださいね。

5、起業したいから

まぁ、これならもうやっちゃたらいいと思います。(自己責任で)

さっきも書いたので繰り返しになりますが、いきなりやるのはわりとリスクが高いです。

なので、事業経験がない場合は、まずは副業で自分でお金を稼ぐ経験を積んだり、知識を入れたり、学ぶ期間は作った方がいいですね。

スタートアップのインターンに入り込ませてもらえると実践で学べるのでいいですよ。

ただそれもピンキリなので、見極めは気をつけましょう。

実践経験を積みつつ、自分でお金を稼ぎつつ、起業に向けて準備を進めてみてください。(自己責任と、相応の覚悟は必要かと思います。)

6、就職した時のイメージが湧かないから

就職した時のイメージが湧かずに、なんだか気乗りしないパターン。

この場合は、単にイメージが湧かないからだと思います。

人間、イメージがわかない、つまりわからないものへ不安を持ちますし、わからないものへのモチベーションって湧きづらくできています。

なので、イメージを湧かせるための行動をとりましょう。

OB訪問やインターンシップ、説明会などに足を運び、働くイメージをつけていってみてください。

就職以外の選択肢は、フリーランスか、起業か、フリーター

ちなみに、就職以外の選択肢だと、ざっくり

✔ フリーランス

✔ 起業

✔ フリーター

かと思います。

個人的におすすめなのは、フリーランス

理由は、僕がフリーランスとして働いてるっていうのもあるんですが、自由が効いて、好きな仕事や人と取り組めて、頑張って成果が返って来やすいので、かなり良いです

ただ、リスクなどもあるのもたしかです。(実体験)

なぜなら、就職の場合は、ミスを連発しようが、毎月20万ほど自動でお金がもらえます。

が、フリーランスの場合は成果主義。

なので、成果がでなければ、極端な話0円なんたこともありえます。(実体験)

あとは、不景気の影響を直に受けるのもデメリットして挙げられます。

それ含めても個人的には、今後の主流の働き方がフリーランスや複業になってくると思いますし、とても魅力的な働き方なので、おすすめではあります。

正直、社会人経験なしでいきなりはおすすめしませんが、会社員として経験やスキルを積み重ねつつ、副業フリーランスとしてやっていくのが割と強いかなと思います。

月給で守備を固めつつ、スキルと経験を高めつつ、副業では攻めるといった具合に。

すがしゅん
わりと現実を叩きつける系の内容にはなりましたが、僕自身が良くも悪くも、新卒フリーランスとして苦労したこともあったので、その経験を元に、あなたのより良いキャリア選択のお手伝いになれば嬉しいなと思います。

きっとあなたのキャリアが前向きでステキなものになりますように。

 

関連記事(一部広告含む)