【やりたいことが見つからない】仕事理解できてないから【知らないと選べない】

Pocket

あなた

やりたいことが見つからない

将来どんな仕事をしたいのかわかんない

自己理解はできてるはずだけど、具体的手段がわからない

というあなたに向けて、

 

この記事では、やりたいことが見つからないのは仕事理解が足りていないということと、その解決策をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして活動していまして、300人以上の学生のキャリア相談を乗ってきました。

やりたいことが見つからない人の中で、仕事理解が足りていないため、やりたいこと(仕事)が見つからないという方も多く、ぜひこれを知ってもらってキャリアの前進のお手伝いになればと思います。

先に結論ですが、

やりたいことが見つからないのは仕事理解が足りてないから

なぜ、仕事理解が足りていないとやりたいことが見つからないのか?

それは、仕事(手段)を知らなければ、どんなに自己理解(自分の興味関心や価値観)があっても、適切な手段(仕事)選べないからです。

いたって当たり前ですが、知らないものからは、やりたいことに選べないということです

例えば、野球をあなたが知らなければ、

「野球がやりたい」

という選択肢にすら出てきませんよね。

仕事もこれと同じです。

どれだけの仕事を知っているかで、あなたがやりたいことにできる仕事が見つかる可能性が上がります

なので、十分に自己理解ができているのであれば、次は仕事理解を深めていくことは必須です。

 

すがしゅん

あなたの興味関心・価値観を満たせるような仕事を見つけていきましょう。

やりたいこと(仕事)が見つからないあなたにおすすめの3つの仕事理解の方法

では、具体的に、どのように仕事理解を進めて行けばいいのかについて見ていきます。

ネットや本を用いて、仕事に関する情報収集をする

まずは、世の中の仕事について簡易的に分かりやすく見られるサイトがあります。

これらも参考にしながら、広く仕事理解を深めていきましょう。

以下のCareer Gardenはサクッと様々な仕事一覧を確認できるので、最初の仕事理解にはおすすめです。

すがしゅん
紹介されている仕事の数もゆうに100は超えているので、あなたの知らない仕事もたくさんあるかと思います。

引用サイト:Career Garden 

Career Gardenで仕事を見てみる

業界と職種が分かる本を用いて、より詳しく仕事理解する

ネットで全てを理解することにも限界があるので、ある程度仕事理解ができたら、次は仕事に関する本を用いて、あなたの仕事理解を深めていきましょう。

理想は、ネットで調べて興味のある分野や仕事を本の中ではどう研究されているのかなどと、両方を照らし合わせながら活用していけるといいです

▼網羅的かつ詳細にまとめられていて、理解の整理がしやすいです

業界と職種がわかる本 ’20年版

実際に働いている人に話を聞きに行く

自分なりに調べられるものを調べた上で、今度は、その中からある程度、自分のやってみたいことがある仕事に絞ってみてください。

絞ったもので、実際に、その仕事をしている人にインタビューしにいきましょう。

そこであなたが想像していたこととのギャップが無いか、逆に実際に働いてみて分かったことなどを事細かくインタビューしてみてください

具体的には、OB訪問がおススメです。

これらを幾度繰り返していくと、あなたがやってみたい仕事が相当絞れてくるはずです。

ぜひ、ここで紹介した仕事理解をしていただいて、やりたいことを見つけるきっかけになればと思います。

 

関連記事(一部広告含む)