【断言】不器用な人の適職はない【現在進行系不器用フリーランスが解説】

Pocket

 

不器用な人に適職な仕事を知りたい

不器用な自分に適職な仕事を知りたい

あるのか、はたまたないのか?

どうすれば、不器用な自分にあった仕事が見つけられるか知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、不器用な人の適職はないということについて書きます。

この記事を書いている僕(@career_places)は、現在進行系不器用フリーランスです。

自身の経験から、不器用な人の適職はないという事実と、その対処法について書きます。

 

【断言】不器用な人の適職はない【現在進行系不器用フリーランスが解説】

この通りで、おそらくこの記事に辿り着いている方は、

👤「不器用な人でもできる適職を知りたい」

と思って見ていると思うのですが、まさかの、【断言】付きで、「不器用な人は適職はないよ」と言われて、驚きかと思います。

 

ただ、ほんとに不器用な人の適職はないのは事実です。

なぜなら、別に不器用と適職はあまり関係がないからです。

✓ 不器用でも営業が適職の人もいるし

✓ 不器用でもエンジニアが適職の人もいるし

✓ 不器用でも経営者が適職の人もいる

というのがわりと世の中の事実です。

そう、不器用と適職にはあまり関係性がないですね。

 

「不器用だからこの仕事」というスタンスでは何もうまくいかない

この通りでして、

👤「自分は不器用だから、、」

この仕事しかないなという「スタンス」では多分何をやってもうまくいかないですね。

だって、その動機やモチベーションでは成長しないし、周りの協力も得られづらいですし、なによりそうゆう人と仕事をしたいと思ってくれる人っていないですよね。

 

不器用という資質の強みは何で、どう活きるかを考えるのが大事

それよりも、不器用さを悲観したり、マイナスとして捉えるんじゃなくて、この資質の強みとなる部分は何かが重要です。

そう、世の中はすべて表裏一体でして、強み弱みも表裏一体です。

例えば、今回の

不器用

という弱み(資質)は、裏を返すと、

”誠実、一生懸命、人間味がある、応援してもらいやすい”

という風な強み(資質)でもあります。

 

こう考えると、不器用でも基本的にどんな仕事もできますよね。

むしろ、うまく周りの人に応援してもらいつつ、レベルアップできたらどんどんできることが増えるはずです。

 

適職は「不器用の強み」×「○○な強み」で見つかる

この通りで、不器用は強みとしつつ、他にある自分の強みを活かせる仕事は何かを考えると、あなたが求める適職が見つかるはずです。

例えば、僕の場合だと、

不器用×共感力×目標思考×最上思考

=ブログやライティング、Webマーケティング、カウンセリング、コーチング

みたいな感じです。

他にもあると思いますが。

 

ちなみに、これは自分自身で自己理解を深めつつ、ストレングスファインダーという簡単で制度の高い資質診断で、言語化して見えてきたものです。

あ、わからない方のために補足すると、

例えば、先ほど挙げた”最上思考”というのは、「強みを伸ばそう」という資質で、その資質がブログをコツコツ続けて見てもらえる数を増やしたり、カウンセリングで相手の良さを見つけられるというところで活かされています。

こんな感じで、不器用×○○な強みを見つけて、じゃあその資質が最大限に生かされる仕事ってなんだろう?というものを探してもらえたらと思います。

 

きっとあなたが適職を見つけて、生き生きと働けますように。