マズローの欲求5段階説を理解して自己実現【やりたいことが見つかるスピードアップ】

Pocket

 

どうも、キャリアカウンセラーのすがしゅん(@career_places)です。

この記事では、マズローの欲求5段階説という考え方を知ってもらい、やりたいことが見つかるスピードを格段に上げられるようになるお手伝いをします。

その中でマズローの欲求5段階説の考え方を持てている人が少なく、それにより、今やるべきことに取り組めている人がいなかったので、今日はそれをシェアできたらと思います。

 

マズローの欲求5段階説を知りましょう【やりたいことが見つかるスピード上がります】

 

題の通りですが、欲求5段階説を知ることでやりたいことを見つけるスピードがあげられます。

これを知ることでおそらくやりたいことが見つかるまでのスピードを2倍以上にはできるかと思います。

 

マズローの欲求段階説とは

【マズローの欲求段階説とは?】

アメリカの心理学者のアブラハム・マズローが提唱した理論で、「人は、自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定して、人間の欲求を5段階の階層に分けて理論化したものです。

 

「やりたいことや夢」≒「自己実現欲求」

というイメージを持ててもらえると分かりやすいかと思います。

 

また、この段階説の通り、下から順に満たしていかないと上の欲求が出てきづらくなります

なので、この考えを元に、自分は今どのフェーズにいるのか、次に何を満たしたらいいのかを適切に見極めて、一歩一歩登っていくことでやりたいことが見えてきます。

 

実際、5段階の欲求はどんなものなのか中身を見ていきます。

これらを踏まえることであなたが今やるべきことが見えてくるはずです。

 

マズローの欲求段階説の5段階を紹介

第1階層:生存(生理的)欲求

生きていくための基本的な欲求で、人間の三大欲求の

・睡眠欲

・食欲

・性欲

などが挙げられます。

正直これは、昔も今もずっと変わらない人間や生物に必須の欲求ですね。

まずは、ここを満たすために人は行動をします。

 

第2階層:安全欲求

・危険から逃れたい

・屋根があって雨風や暑さをしのぐ安全な場所で生活を送りたい

・病をせずに健康でありたい

というものが挙げられます。

身の危険を守らなくては、他のことを考える余裕はないので、生存欲求の次に安全欲求があります。

 

第3階層:社会的欲求(帰属欲求)

・集団に属したい

・仲間がほしい

という欲求です。

 

ここが満たされずにいると、孤独感や社会的に不安を感じます。

サークルやクラス、会社などの組織に属すのもこの欲求を満たします。

 

第4階層:承認欲求(尊厳欲求)

・他者から評価されたい

・認められたい

・尊敬されたい

といったものです。

 

友達の中で褒められようとしたり、家族に褒められようとしたりするのが、承認欲求です。

わりとこれを満たすのに、効果的なのがtwitterです。

ツイートを他者から「いいね!」をもらえると相当に承認欲求が満たされるのでおすすめです。

 

※ただ中毒性があるので、振り回されない程度に

 

僕もtwitterやってるのでよかったら覗いてみてください

 

第5階層:自己実現欲求

第4階層まで満たされると、

👤「自分の能力を引き出し創造的活動がしたい」

という欲求が生まれます

 

自分の力を最大限に発揮して、自分の目的、理想の実現させたい欲求です。

まさに夢だとか、やりたいことだとかが自己実現欲求にあたります。

 

 

マズローの欲求段階説の「承認欲求をまず満たすこと」がやりたいことを見つけるための第一歩

以上の5つの階層で、人間の欲求は成り立っていていることがわかりました。

で、おそらく日本に住んでいる場合は、3つ目の所属欲求までは満たされている人はほとんどかなと思います。

 

でも4つ目の承認欲求を満たせていない人は案外多いのが、今までの肌感で感じています。

基本的に階段で欲求が芽生えてくるので、承認欲求をすっ飛ばして、自己実現欲求が見えてきません。

 

なので、夢ややりたいことを探す前に、まずはその前の承認欲求を満たしましょう。

 

あなたが素敵なキャリアを描けますように。

 

 

関連記事(一部広告含む)