【効果アリ!】ノロウイルス予防の食べ物でおすすめのラクトフェリン【実践済み】

Pocket

ノロウィルスを予防したい人

ノロウイルスになったことがあって本当に辛いから予防できるならしたい

できれば食べ物などの手軽で効果のある予防法を知りたい

ノロウイルス予防できる食べ物とかってあるの?

というあなたに向けて、

 

この記事では、ノロウイルスを予防する食べ物、ラクトフェリンについて紹介します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、何度もノロウイルスにかかった経験があり、とても辛い思いをしてきました。

とにかく気持ち悪さと、お腹が痛いのと、かかるともう何もかも嫌だ〜!となるほど辛いんですよね。

けれでも、なかなかノロウイルス予防法がなく困っていたのですが、とても素敵な情報をゲット&実践して効果ありだったのでシェアします。

【効果あり】ノロウイルス予防の食べ物はラクトフェリンヨーグルト

あのいやしいノロウイルスを予防したい!

そんなものがあるのか?

すがしゅん
調べました!ありました!しかも、わりと美味しく食べながらノロウイルス予防にもなっちゃうという!

そう、ラクトフェリンヨーグルトを食べればノロウイルス予防ができます

全てのヨーグルトではなくて、『ラクトフェリンヨーグルト』なのでご注意を

「そうなのね!ラクトフェリンね!」

…とはなりにくいと思うので、そもそもラクトフェリンが何で、なぜノロウイルス予防になる食べ物であるかについて、わかりやすく解説しますね。

ラクトフェリンがノロウイルス予防の食べ物である理由

まず、ラクトフェリンというのが何かというと、タンパク質の一種です。

特に、初乳に多く含まれている成分で、まだ免疫機能などが備わりきっていない赤ちゃんを風邪やウィルスなどから守ってくれる成分なんですね。

ラクトフェリンによって、ノロウイルスが体内に入ってきた時に、ノロウイルスに張り付いて、ノロウイルスが増殖するを防いでくれます。

これによって、体内でノロウイルスが悪さをして、あの気持ち悪さや嘔吐などにならぬように、予防できるワケなんですね。

すがしゅん
森永乳業の統計結果でもこの効果は出ており、ラクトフェリン接種によって、ノロウイルス感染率が軽減されているのが分かります。

引用:森永乳業ラクトフェリン研究所_「ラクトフェリンとは?」

上のデータを見るとわかる通りで、ラクトフェリンヨーグルトを継続的に食べ続けることで、ノロウイルス予防ができます。

もちろんですが、「1食だけ」というよりも、習慣的に毎日食べる方が断然効果があります。

なので、毎朝ラクトフェリンヨーグルトを食べる習慣になるのが一番ですね。

すがしゅん
もともとヨーグルトを食べている方は、それをラクトフェリンに変えるだけなので、非常に取り入れやすいかと思います。

ノロウイルス予防の食べ物ラクトフェリンは、ネット購入がオススメ

あの卑しいノロウイルス予防できる魅力的なラクトフェリンヨーグルトなのですが、意外と取り扱ってるお店が少ないんです。(これには、僕も驚きました)

僕の場合は、運良く家の近くのマルエツで取扱があったので、そこで買ったり、ネットで買ったりを併用しています。(正直、ネットの方が楽なので、最近はネットで買ってますが)

・取扱店舗が意外と少ない

・買い物時間の節約

・確実に手に入れる

という意味で、個人的には、ネットで購入するのが賢いかなと思っています。

あ、ちなみにですが、

・ヨーグルトが苦手

・食べ続けるのきつい

という方はサプリも売っているので、それを使ってみてもいいかもしれません。

サプリならより手軽にラクトフェリンを取り入れられるので。

ノロウイルス予防は、食べ物だけでなく、自分でできる対策をするべし

この通りで、ノロウイルス対策ラクトフェリンに頼りまくって、他がおざなりになっては意味がありません。

なので、自分で対策できることはしつつ、つらーいノロウイルスから逃れましょう。

すがしゅん
簡単にできるノロウイルス予防法を書いておきますね。

①手洗いうがい

基本中の基本ですが、だからこそもっとも重要な方法ですね。

なぜなら、おおよその感染が手から感染すると言っても過言ではないからです。

手についたものが、食べ物や別の場所に触れて、それを食べてしまったりして、感染するというのがほとんど感染ケースです。

なので、こまめに手洗いうがいしましょう。

②食べ物を85度以上で1分以上加熱し、調理器具は洗浄、殺菌

極力85度以上で1分以上調理したものを食べましょう。

これをしておくと、仮に食べ物にノロウイルスがいた場合にも殺菌できるので。

イメージとしては、茹でたり、蒸したり、焼いたりなどして、火を通して食べる意識を持つと良いかもしれませんね。

この時期は、生で食べるのは極力控えましょう。

③道端を歩いている時に嘔吐物を見かけたらすぐに距離を取る

ノロウイルスは乾燥すると、しばらくの時間浮遊し続けます。

その浮遊しているものを吸い込んでしまうと速攻でノロウイルスに感染してしまいます。

なので、嘔吐物の近くにはノロウイルスが漂っていることがあるので、なるべく路上で見かけたら距離を取りましょう。

すがしゅん

基本的にマスクの隙間の通り過ぎてしまうほど小さいので、物理的に距離をとって避けるのが得策です。

④口や鼻、目など粘膜にあまり触れないように意識する

基本的に、ノロウイルスに限らず、菌やウイルスは、粘膜や傷口などから入ってきます。

なので、特にノロウイルスの場合は口と鼻をいじることで手に付いたウイルスが入り込んでくるで、極力触らないように意識しましょう。

とはいえ、無意識や癖で触ってしまうこともありますよね。

なので、マスクなどを常につけて、物理的に触れなくするのも一つの手かと思います。

 

以上のように、ノロウイルス予防には、ラクトフェリンを食べる、そして、当たり前のノロウイルス対策のダブルで、迎え撃ちましょう。

あのノロウイルスの苦しみを、あなたには味わって欲しくないので、ぜひともしっかりと予防をして、ノロウイルス回避をしてもらえたら嬉しいです。

すがしゅん
この記事で紹介した森永ラクトフェリンのヨーグルトやサプリを載せておいたので、興味があれば覗いてみてください。


関連記事(一部広告含む)