大学生におすすめの本7選【キャリアカウンセラーが厳選】

Pocket

 

大学生におすすめの本を知りたい人

大学生が読んだ方がいいおすすめの本があれば知りたい

本を読みたいけど、何を色々ありすぎてどれを読んだらいいかわからない

というあなたに向けて、

 

この記事では、大学生におすすめの本7冊を紹介します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーランスのキャリアカウンセラーとして活動しています。

キャリアカウンセラー的な視点から、大学生のうちに読んでおいた方がいいものを厳選したので、ぜひ、これらで気になる本があれば、ぜひ読みこんで、よりよいキャリアに役立ててもらえたらと思います。

 

大学生におすすめの本 -未来を予測して大学時代から備えておくための本-

ライフ・シフト

 

ライフ・シフトです。

 

今後、医療や科学技術の発展で僕たちの人生は100年時代になると言われています。

健康に長く人生を送るようになるので、7,80歳で働くのが当たり前になり、企業が個人を守る形態は終わり、個人が自己責任で生きていく時代になっていきます。

 

また、技術革新のスピードの速まりやAIやロボットの発達により、人間が行なう仕事が淘汰されたり、変わってきた時に、どのように準備、対応していくべきかなども考えさせられます。

ここで挙げたのは一部ですが、必ずや、やってくる未来を予測して、準備できるならするべきでして、そのきたる未来、そして準備すべきことが分かる本になっています。

新時代を若いうちから予測して適切な準備をしていきましょう。

ワーク・シフト

 

ライフシフトと同じ著者が書いた本で、この先10年後の働き方について書かれています。

 

①テクノロジーの進化

②グローバル化の進展

③人口構成の変化と長寿化

④社会の変化

⑤エネルギー・環境問題の深刻化

 

という観点が書かれています。

ライフシフトと同じく、

・僕たちの今後の働き方

・僕たちがどんなこと、ものを準備していくべきか

を教えてくれます。

 

目まぐるしく変化するこの時代で生き抜くすべをぜひ、知って下さい。

お金2.0

 

お金2.0は、経済やお金の起源、そのメカニズムを紹介し、それがテクノロジーによってどのように変化していっているのかについて書いてあります。

また、資本主義に欠点があると指摘しており、その欠点を補った考え方として、価値を軸として回る社会「価値主義」という枠組みについては話しており、今SNS上でインフルエンサーなどを代表とする信用経済についても解かれています。

 

現に、お金そのものだけでなく、仮想通貨や地域通貨など、新しいお金に近い価値保存のものが台頭してきています。

また、今までは目に見える物質的、実体的なものへの価値づけでしたが、それが崩れ始め、むしろ、感情や気持ちなどの実態の無いものに価値を見い出されてきています。

そんな新たな価値主義を迎えるにあたって、僕たちがどんな生き方、どんなスキルを身に付けていけばいいのかを知ることができます。

革命のファンファーレ

 

どう信用を獲得するか、マーケティング広告戦略に関して、まとめられている本です。

お金2.0の価値主義のところに出てきましたが、その価値主義の中で個人の価値(=信用)をいかにして獲得していくのかについてヒントを教えてくれます。

自分で事業、副業したい人は必須の本ですが、サラリーマンとして生きる人も個の時代の時に必ず活かせる知識なので、暇なのであれば読む価値はあると思います。

 

10年後の仕事図鑑

 

ホリエモンと落合陽一さんのコラボ本です。

AIを軸にこれからの働き方や生き方が、最先端研究やビジネス現場、経済に深く精通しているお二方の見解が詰められています。

この紹介記事でも挙げたライフシフト、ワークシフトで話されているようなことを、より僕たちの身近な例や、最新の情報で説明されています。

・今後、会社の名前の元で働くだけでは危ないということ

・若いうちはお金じゃなく、別のものとして貯めた方がいいな

など、未来を見据えている二人ならではの視点で、僕ら若者がどんな準備をして、社会に出て行ったらいいのかのヒントになります。

 

大学生におすすめの本 -時代が変わっても変わらない本質が分かる-

7つの習慣

 

スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた人生を本当の幸福へと導く成功哲学をまとめたものです。

成功哲学、自己啓発、ビジネス書の代表的なもののひとつです。

正直、僕もこの本を読む前は、

すがしゅん
うーん、なんだかうさんくさいなぁ

と思っていましたが、いい意味で全然そんなものではありませんでした。

 

一言で言うと、

これを読まずして豊かで幸せな人生は歩めない

という本でした。

 

様々なビジネス本や自己啓発本を読んできましたが、結局言ってることって、この7つの習慣で言ってることに集約されているなというほどです。

ぜひ、ビジネスのみならず、人生の参考書として読んでみてはいかがでしょうか。

嫌われる勇気

 

かなり有名な本で、ドラマ化をされたりと、一度は見聞きしたことはあるかもしれません。

 

僕たちは、自分の人生なのに、他者の人生を生きていたり、過去に囚われて、身動きが取れなくなっており、これにより幸せを妨げられています。

そのマインドを解決するための考え方を、対話形式で分かりやすく教えてくれます。

この本で対話をしている青年に感情移入してしまうくらいに、引き込まれる本になっています。

すがしゅん
実際に、この本を読んで、かなり生きやすくなりましたし、この考え方を持てば、できないことはないんじゃないかというマインドを持てるようになりました。

 

未来を予測し、それに備えて、時代が変わっても変わらない本質をとらえることで、この変化の激しい時代を生き抜けるようになってもらえたら幸いです。