親のうるさい小言にストレス【向き合い方を変える6つのストレス解消法】

Pocket

 

親の小言にストレスをためてる人

親のうるさい小言にストレスがたまる

いつもイライラしたり、言い合いになる

なんとかしこのストレスを解消したい

というあなたに向けて、

 

この記事では、親がうるさいことによるストレスの6つの解消法をお伝えします。

ぜひ、今のイライラが少しでもやわらいでもらえたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)もたびたび

すがしゅん
親うるさいなー、ストレスたまるなー

なんて思っていた時期があり、家にいるのに落ち着かない時期もありました。

でも、そこから向き合い方を少し工夫しただけで、今ではストレスなく、むしろ仲良く関われているので、その方法をシェアできたらと思います。

 

親のうるさい小言にストレス【向き合い方を変えるストレス6つの解消法】

親のうるさい小言にストレスを感じる6つの原因を洗い出した上で、それに対する適切な解消法を、経験ベースで分かったものを紹介していきます。

なので、あなたがこれが原因だなというものを目次かた見つけて、それに対する解決策を活用してもらえたら、サクッと呼んで、実践できるかと思います。

 

親のうるさい小言にストレスを感じる6つの原因

①自分が悪い(正論を言われてる)

わりと正論を言われてしまって、それに反論ができなくてイラッとするパターンです。

例えば、

👤「いつまでもゲームやってると志望校行けないよ」

👤「そんな遊び呆けてたら、希望の会社行けないよ」

みたいなやつですね。

「分かってるわ!」

と思いつつも、わりと正しいので言い返すにも言えず、イライラしてしまうんですよね

 

②タイミングが悪い

何か嫌なことがあったり、とても疲れて帰ってきた時に、小言を言われて、いつもなら流せるものに反応してしまうというやつです

どっと疲れて帰宅したら、

👤「洗濯物早くしまってよ、これ置きっぱなし、ちゃんと勉強してるの?」

などなどといったことでイラッとしてしまうんですよね。

 

③価値観がかなり離れてる

これは大学生とかになってくると如実に出てきますね。

家庭で長い期間を過ごしているものの、やはり外の人間と関わりが増えてきたり、時代的なものなどで、価値観が離れてくることも多いです

その状態で、昔と同じ対応や新たな価値観を否定するような発言をされるとカチンと来ますよね

👤「就職はどうなの、大手行けそう?結婚いつするの?おうちは?」

みたいな。

「うるせーよ」ってなりますよね(笑)

 

④コミュニケーション不足

 

コミュニケーション不足でも、これは起きます。

なぜなら、親があなたの変化に気付けないまま、かつ普段なかなか接せられないから、あまり意味なく小言を言ってくる場合もあるからです。

(おそらく本人は無意識)

で、先ほどもあげましたが、価値観のずれと意味ない小言でイラッとするというやつですね

 

☆⑤今が当たり前になり過ぎ

耳が痛い人もいるかもしれませんが、これって結構多いのかなと思っていたりします。

今が当たり前になりすぎて、感謝の気持ちが全くなくなってること。

ご飯を作ってもらったり

学校に行かせてもらったり

寝る家があったり

これって当たり前のようで、奇跡でして、それを作ってくれているのもまた親なんですよね。

これを忘れてしまっていると、日々の小言にイライラしてしまうんですよね。

 

⑥そうゆう時期(思春期)

 

中学高校くらいの思春期の時期では、身体や心に変化が生まれたり、ホルモンバランスが不安定になったりします。

なので、普段よりも他者からの言葉にとても敏感になる時期なんですね。

その他人というのも親でもあるので、例外ではないです。

 

親のうるさい小言でのストレスの6つの解決策

①’やることはしっかりやっておく

基本的に、今まで言われていて正論だなと思うものは、あなたもそうしていた方がいいと思うことなんです

なので、結局やることではあるので、だったら早めに取り組んでおくなり、しっかりやっていく雰囲気を作っておくといいです。

そうすれば、余計な小言からは回避できます。

すがしゅん
ちょっとせこいですが、僕は、受験期しっかりやってる印象を持ってもらうために、わざと親の近くで試験勉強に取り組んだりとかはしてました(笑)

 

②’先に状況を伝えて後で対応するか、疲れてるアピール

2パターンですかね。

余力があるなら状況説明する

もし、話せる余力があるなら、

・今自分はこうゆう状況でまとめに話ができないから

・後で話を聞くから今は待ってて

というの誠実に伝えるだけでも余計な小言は回避できます。

 

気力も体力もない時は、その疲れを最大限にアピールする

そんなパワーもない場合は、疲れてるオーラをアピールしつつ、すぐに寝ましょう。

おそらくたいていの親は察してるはずです。

それでも無理な場合は、どこかで仮眠をとるなり、休憩してから帰宅するのもありかと。

 

③’こちら側がその違いを理解しておく

👤「そうゆうものだよな」

とある意味開きなおっておくと余計なイライラは生まれません。

 

基本的に、自分のこうあるべきとずれてしまった時に、

👤「こうなのに、なんでわからないの?」

という感情が生まれるから人はイライラしちゃうんですね

 

なので、

👤「そもそも価値観がズレてきてるから分かり合えない部分もあるんだ

と思うことで、イライラは回避できます。

 

で、理想はあなたの価値観も親に話したり、伝えられると、親もそのスタンスになり、違いを受け入れ合いながら尊重しえあるので、ぶつかることも減るかと思います。

 

④’コミュニケーションを取る

コミュニケーションをとるようにしましょう。

ご飯を一緒に食べたり、「おはよう、おやすみ」こうゆう小さなことでも、コミュニケーションでも大丈夫です。

 

基本的に、親は、あなたが心配だったり、大切に思っているから小言を言います。

それでいて、小さなコミュニケションでもそこにあなたの変化を読み取ってくれたりもしています。

そうすれば安易に余計な小言もしてこないはずです。

 

☆⑤’当たり前じゃないことにきづく、感謝の気持ちを持つ

実際、これが一番大切かなと思います。

イライラしたりするのって、当たり前になり過ぎなんじゃないかなって思います。

でも、よくよく考えてみると、

✓ ごはんが食べられて

✓ 寝る場所があって

✓ 学校に行けて

✓ こうしてインターネットを使えて

というのは、実が当たり前じゃないんですよね。

 

でも、いつのまにかそれを忘れてしまって、「親うるせー」になってしまっている。

もちろん、原因はさまざまありますが、この当たり前に感謝の気持ちを持つことでだいぶ、日々のイライラポイントは減ってくるかと思います。

なので、改めて、今ある当たり前ってほんとに当たり前なの?ということを胸に手を当ててみてみらえたらと思います

 

⑥’リラックスできる時間を作る

僕も思春期なる時期を経験しましたが、正直この時期にどうこうというのは難しいです

なぜなら、そうゆうものだからです。

なので、根本をどうこうというよりかは、イライラを解消したり、すこしでも穏やかにいられるように自分なりのリラックス法を知っておくいいです。

好きな音楽を聞いたり、運動したり、ブログを書いたり。

なんとか、リラックスしつつ、この時期を過ごし切りましょう。

 

結論:前提として「今の当たり前に感謝を持つこと」でたいていのイライラは解消されます

ここまでいろいろ例をあげて出してきましたが、全てには前提として感謝の気持ちがないと小手先のテクニックになって、あまり効果は生まれません。

僕自身も今こうして良好な関係をできているかと言われたら、やはり一番に感謝があります。

 

なんだか恥ずかしい人もいるかと思います。

でも、これがまぎれもない事実であるのかなと思います。

なので、改めて、「今ある当たり前って本当に当たり前なのだろうか?」と振り返ってみてください。

 

感謝の気持ちを持って日々を過ごしてもらえたら、きっと、親からイライラがなくなると思います。

そうすれば、今よりも良好な関係を築けるのかなと思います。

 

 

関連記事(一部広告含む)