やりたいことがない大学生は、経験が足りてないから【経験する方法も教えます】

Pocket

 

あなた

自分がどんなことをしていきたいのか色々考えてるけど、やっぱり何をしたいか分からない

自分と向き合う時間や仕事について学ぶ時間が足りてないのかぁ~

早くやりたいこと(仕事)を見つけたい

 

この記事では、自己分析はしてみたものの、やりたいことがわからない大学生のあなたに経験を積むことが必要な理由と方法をお伝えします。

これを知って、あなたがやりたいこと(仕事)が見つかるお手伝いになればと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、ライフコーチとして活動していまして、これまで200人以上のキャリサポートを行ってきていて、その中で見えてきたことをシェアできたらと思います。

 

▼自己理解・仕事理解がまだという方はこちらから

 

やりたいことがない大学生は、経験が必要な理由

そもそも、大学生では仕事経験がないので、その点で経験したことがないので、いまいちやりたいこと(仕事)のイメージはわかないんですよね。

なので、実際に、自分に適しているかどうかを、体験を持って確かめる必要があります。

 

よくキャリア相談で、このお話しをする時に伝えているのは、どんなに

👤「野球が楽しそうだな~」

と思って外から眺めているだけでは、本当にそれがしたいか分からないよねと。

 

実際に、ボールを投げたり、打ったり、チームで活動をして初めて、それがやりたいかっていうのが分かるよねと。

まさにこれで、体験をすることで本当にしたいことなのかを、自分自身の体と感性で確かめられるんです

なので、絶対と言っていいほど、やりたいこと(仕事)を見つける上で、経験が必要です。

 

やりたいことがない大学生が経験を積む方法(2つほど紹介)

では、具体的にどうゆう風に、どんな経験を積めばいいのかというと、

1.インターンシップをする

2.個人でお仕事をしている人の元で仕事体験してみる

 

1.インターンシップをする

闇雲にインターンをすることはオススメしませんが、自己理解や仕事理解を深めた上で、自分のやってみたいと思える仕事を、インターンを通してやってみることはとても重要だと思っています。

ただ、インターンシップでも、色々な種類があって、インターンという名の説明会やグループディスカッションがよく行われているので、事前にしっかりと下調べして行いましょう。

仕事の体験をしに行けるものを選んで活用するようにしましょう

 

大手のリクルートやマイナビがやっているインターンシップに参加するのでもいいと思いますが、これだけの知名度があると、相当な倍率で、もしあなたがやってみたいものがあっても、それができる可能性が低くなってしまいます。

なので、おすすめの裏技は、興味のある仕事をしている会社の人と一度直接会って、そこでインターンを紹介してもらうという方法です。

 

▼会社の社員と繋がれるオススメアプリ(登録無料なので、いくつか使い分けるといいと色んなジャンルの人と出会えるかと思います)

ビズリーチ・キャンパス

Matcher

Visits OB

 

2.個人でお仕事をしている人の元で仕事体験してみる

インターンシップに募集がされていなかったり、会社としてやっていない仕事の場合。

その仕事をやっている個人の人の元で仕事体験をしてみるのも一つの手です。

 

今やネットを使えば、個人でも面白いお仕事をしている人はたくさんいるので、そうゆう人の元で教わりつつ、実際に仕事をしてみる経験というのも有効だと思います。

僕自身は、今フリーランスとしてお仕事をしているのですが、そのきっかけは、面白い仕事や働き方をしている人の近くで、仕事を体験してみたことでした。

なので、少し特殊ですが、この方法も一つの手段としておススメです。

 

 

関連記事(一部広告含む)