【大学生】やりたいことが見つからないのは、◯◯不足!?【キャリアカウンセラーが解説】

Pocket

あなた

自分がどんなことをしていきたいのか色々考えてるけど、やっぱりやりたいことがない

自分と向き合う時間や仕事について学ぶ時間が足りてないのかな

早くやりたいことを見つけたい

というあなたに向けて、

この記事では、やりたいことが見つからないのは◯◯である理由と、その解決策について、かんたんにお伝えします。

ぜひ、この記事を読むことで、あなたがやりたいこと、こうありたいが見つかるお手伝いになればと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラー・コーチとして活動しています。

これまで400人以上のキャリサポートを行ってきていて、その中で見えてきたことを元にあなたのお力になります。

やりたいことがないあなたには、経験が不足している可能性があります

まず、そもそも、大学生で仕事経験がない人は多いです。

特段、インターンシップなどやっている場合は経験を積まれているので例外ですが、多くの方は、いまいちやりたいこと(仕事)のイメージはわかないのかなと思うんです。

僕自身もそうでしたが、飲食店でのアルバイトをしていたものの、ほかの仕事に触れることはなかったので、ぼんやりとしたイメージくらいしか持ててませんでしたね。

冷静に考えると、知らないもの、触れたことのないものから、好きやこれがしたいは選べないですからね。

例えば、小さな時に、

”経営コンサルタントになりたい!”

ってなってましたか?

おそらく、ほとんどの場合、お花屋さん、幼稚園の先生、消防士さんとかとかだったと思うんですね。

なので、実際に、自分に適しているかどうか、好きか、それをしてみたいか、そうありたいかは、

”知って、そして体験をもって”

確かめる必要があるんです。

よくキャリア相談などで、この手の話をする時に伝えてるのは、

👤「野球が楽しそうだな~」

とどんなに思っていても、外から眺めているだけでは、本当にそれがしたいか分からないよねと。

実際に、

・ボールを投げたり

・打ったり

・チームで活動をしてみたり

があってはじめて、それがやりたいかっていうのが分かるよねと。

まさにこれで、知っているに加えて、体験をすることで本当にしたいことなのかを、自分自身の体と感性で確かめられるんですね

なので、絶対と言っていいほど、やりたいことを見つける上で、経験が必要です。

やりたいことがない大学生におすすめの経験を積む方法は2つです

では、具体的にどうゆう風に、どんな経験を積めばいいのかというと、2つです。

1.インターンシップをする

2.実際にお仕事をしている人の元で仕事体験してみる

1.インターンシップをする

積極的にインターンシップをしましょう。

インターンが一番として、現場感を持って、さまざまな仕事に触れて、体験することができます。

ただ、注意点としては、インターンでも、色々な種類があって、インターンという名の説明会やグループディスカッションがよく行われているのも実情あるのでお気をつけて。

なので、事前にしっかりと下調べして行いましょう。

説明会やグルディスで終わるようなものではなく、仕事の体験をしに行けるものを選んで活用するようにしましょう

おすすめの裏技は、興味のある仕事をしている会社の人と一度直接会って、そこでインターンができないか交渉してみるという方法です。

交渉…というと大袈裟ですが、普通に「インターンとしてここで働かせてもらえないでしょうか!?」みたいなイメージで、もし既にしているまたは、その予定があった場合は、働かせてもらえると思うので。

なので、企業の方とお話の機会を作れるサービスを使ってみるのがおすすめです。

僕も学生時代に、いくつものサービスにお世話になって、良い出会いがありましたよ。

すがしゅん
会社の社員と繋がれるオススメアプリで、登録無料です。いくつか使い分けて、アンテナを広げておけると、色んなジャンルの人と出会えて、経験の幅が広げられるかと思います。興味があれば、チラッと覗いてみてくださいね。

ビズリーチ・キャンパス

Matcher

Visits OB

2.実際にお仕事をしている人の元で仕事体験してみる

興味をもったお仕事が、インターンに募集がされていなかったり、会社としてやっていない仕事の場合もありますよね。

その仕事をやっている個人の元で仕事体験をしてみるのも一つの手です。

今やネットを使えば、個人でも面白いお仕事をしている人とつながれます、特にTwitterとか。

なので、そうゆう人の元で教わりつつ、実際に仕事をしてみる経験というのも有効だと思います。

例えば、YouTuberとか、Vtuber(ブイチューバー)の人とかに、連絡をとってみて、一緒にお仕事をさせてもらうとかも面白いかもですね。

すがしゅん

僕自身、現在は会社員をしつつ、個人事業主としてもお仕事をしてるのですが、そのきっかけは、面白い仕事や働き方をしている人の近くで、仕事を体験してみたことでした。

なので、少し特殊ですが、この方法も一つの手段としておススメですよ。

とはいえ、上の特殊例ではあるので、基本形は、最初に紹介したインターン活用が良いかなと思います。

きっと、あなたの人生が素敵になりますように。

 

関連記事(一部広告含む)