大学生がTwitter(ツイッター)をやるべき3つの理由【メリット・デメリット、活用法も紹介】

Pocket

 

大学生がtwitterをやるべきか知りたい人

大学生がツイッターをやるべき理由を知りたい

ツイッターのメリット、デメリットを知りたい

ツイッターのうまい使い方や注意点について知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、大学生がTwitter(ツイッター)をやった方がいい理由とメリット・デメリット、注意点、使い方について解説します。

この記事を書いている僕(@career_places)は、大学時代からTwitter(ツイッター)はやっていまして、その中でTwitter(ツイッター)の良さを体感したので、その経験をもとにお伝えできたらと思います。

すがしゅん
あ、今もやってるのでよかったら僕のTwitterをのぞきに来てみてくださいね。

 

大学生がTwitter(ツイッター)をやった方がいい理由は3つ

大学内外の繋がりを比較的簡単に作れる

わりとこれは大きなメリットで、Twitter(ツイッター)だともちろんですが、多くの同じ大学の人と手軽に繋がれます。

だいたいプロフィールに

・大学名

・学年

・学部

・出身高校

とかを書いている人がほとんどなので、そこでつながりを作って、仲良くなってリアルでもというパターンもあるかと思います。

 

加えて、外部のつながりを作るのにも便利です。(個人的にはこちらの方がメリット

普通では会えない、話せないような大人をフォローできて、リプライといって会話もできたりもするんです。

なので、優秀な人や面白い人、魅力的な人にも手軽にアクセスできるのはめちゃくちゃメリットと言えますね。

有益な情報を手軽に仕入れられる

外の情報にすぐに触れられるので、有益な人をフォローすれば有益な情報が毎日流れてきます。

なので、Twitter(ツイッター)開くたびに学びが得られます。

すがしゅん
もちろん、ただただ受け身で見ていてはあまり意味がありませんが、必要な情報を発信している人や価値観が好きな人をフォローすることで、サクッと思考のレベルアップに繋げられますよ

自己表現力や伝える力が身につけられる

これは、ツイートする側に回ることによって受けられるメリットです。

Twitter(ツイッター)は、1投稿140文字以内で表現するツールです。

なので、その文字数内で、自分の思っていることや経験したことなどを発信することになるんですね。

そうすると、その中で、

・どうゆう言葉や順番なら見ている人に伝わるかな

・どうしたら見てくれた人の心を動かせるかな

というふうに工夫しながら発信すると、自然と自己表現力や伝える力が身につけられます。

 

大学生がTwitter(ツイッター)をやるデメリットや注意点

一方で、デメリットや注意点もあるので、ここを知った上で、Twitter(ツイッター)を活用し、メリットを大きく活用しましょう。

たまーに変な人に絡まれたりする(そっとブロックしちゃいましょう)

ごくまれというか、基本的にはあまりないですが、たまーに変な人や悪意ある人から絡まれることもあります。

すがしゅん
こうゆう場合は、最初は驚きますが、見ず知らずの人ですし、悪意を向けられても、どちらも徳がないので、そっとブロックかミュートをして視界から無くしましょう。

道端でからまれそうになったら、離れたり、関わらないようにしますよね、そんな感じです。

使う時間を決めないといつまで経ってもツイッター界にいて時間がなくなる

これもあるあるで、Twitter(ツイッター)は常に誰かしらがつぶやいているので、正直きりがないというか、まぁずっと見ていられるわけですね。

で、人によっては気づいたら夜中の3時(絶望)みたいな人も少なくないようです。

なので、時間を決めて、ここまでみたいに取り組むくらいがちょうどいい使い方かなと思います。

フォローする人を間違えるとただ疲れたり、ネガティブになりかねない

これは気をつけたいところです。

基本的に自分がフォローした人がタイムライン上に流れてくるので、そのフォローする人を間違えると、タイムラインの世界がすごいことになります。(良くも悪くも)

「つらい」

「うざい」

「○ね」

これは、おおげさですが、これみたいなワードで埋め尽くされたりするとこちらまでネガティブになってしまうので、フォローする人はわりと見極めてしていくのが大切ですね。

で、途中でネガティブというか自分にとって悪影響だなと思う人は、そっとフォローをはずして調整しましょう。

 

大学生がTwitter(ツイッター)をうまく使いこなすポイント

基本的には発信する場として使う

これは、基本ですね。

ずっと受け身だともったいないです。

せっかく発信できる場で、先ほども上げたようにメリットが多いので、発信側に回りつつ、有益な情報も受けつつな感じがいいかなと思います。

時間を決めてTwitter(ツイッター)を開く

これも先ほどもお伝えしましたが、時間を切りましょう。

例えば、僕の場合は、

「寝る前の30分前まで」

みたいに区切って、それ以降は携帯をそっと置いて、寝るか読書の時間にしていますね。

すがしゅん
こうすると、ダラダラと時間が流れるのを防げますし、ちょうどよくTwitter(ツイッター)のいいとこ取りができちゃいますよ。

変な絡みや悪意を感じるアカウントがきたらブロックorミュート

これも先ほどの通りで、変にそれに対して一喜一憂したり、反論してもお互いの時間の無駄になるので、

👤「あ、悪意あるな、議論してもお互い報われないな」

と思ったら、そそくさとそっとブロックorミュートでさよならしましょう。

 

以上を踏まえて、基本的には、デメリットは対策しつつ、活用していけばメリットがかなりでかいです。

なので、もしまだアカウントないよという人はぜひtwitter(ツイッター)を始めてみてくださいね。

 

逆に、

👤「もうやってるけど、わりとうちわや学内だけ」

という人は、外にも面白い世界はたくさんあるのでまずはtwitter(ツイッター)から踏み出してみてもらえたら幸いです。

すがしゅん
あ、僕のtwitterもをフォローしてもらえると、そこそこ有益なこともつぶやいているので、よかったらのぞいてみてくださいね。

 

きっとあなたの大学生活がより良くなりますように。

 

関連記事(一部広告含む)