【大学生以降向け】いつのまにか運動不足を手軽に解消【たった15分】

Pocket

 

いつのまにか運動不足の人

大学生になってからというものの、運動という運動してないな〜

運動不足で体がたるんできてる気がするな〜

でも、いざしっかりやろうとすると億劫なんだよな〜

というあなたに向けて、

 

この記事では、大学生以降からいつのまにか運動不足を感じてるあなたが、手軽に運動不足を解消する方法をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)も大学生になってから急に運動不足になり、身体がたるんだり、体調を崩すことが多くなり困っていました。

そこから自分なりに無理せず続けられる運動不足解消法を編み出したので、3つほどシェアします。

 

すがしゅん
ちなみに、現在はフリーランスとして活動していまして、またまた最近運動不足でしたので、ここ数ヶ月で見てたものをシェアできたらと思います。

 

【大学生以降向け】いつのまにか運動不足を手軽に解消【たった15分】

では早速、運動不足解消法をシェアしていきます。

 

色々、やれることを挙げればたくさんあります。

でも、結局色々やっても続かなければ意味がないんですよね。

なので、ここでは、僕が毎日続けている方法から超手軽なものを3つだけ紹介します。

まずは、ここで紹介したものを習慣化することに注力してみてください。

 

家から最寄りを自転車だったのを歩きにする

案外15ー20分歩けばいける距離も自転車を使う人が多いですよね。

せっかくの運動機会がもったいないので、家から駅までの道のりを歩いて運動の場にしましょう。

 

もちろん、自転車も運動にならなくはありませんが、圧倒的に歩いた方が運動にもなりますし、体のバランスなども整うので、健康でいられるようになります。

仮に、行き帰り15分歩いたとして、年間で90時間ほどウォーキングできちゃうんですよね。

実際、僕も大学前半までは自転車でしたが、そこから歩きに切り替えて、足腰が鍛えられている感覚はあります。

 

それに

駐輪代も浮くので、もともと自転車を使っていた方は、よりお得です

僕は毎日100円掛かっていたのが浮いて、2.3万ほど浮きましたね

その2.3万で本買ったり、旅に出たりできるので、健康にも、節約&自己投資に回せます

運動もできてお金も有効活用できていいことしかないですよね。

 

お風呂前に軽い筋トレとお風呂上がりにストレッチ(5分ずつくらい)

筋トレとストレッチを、お風呂の前後にやると筋肉もつけられて、柔軟性や体を整えられます。

これのポイントは、毎日5〜10分使うだけでいいという点です。

筋トレとか、ストレッチもいきなり張り切ってジムに行ったり、1時間かけてがっつりやろうとしたりする人が多いと思いますが、それもやはりすぐに挫折しちゃうんですよね。

なので、小さく長く続ける意識が重要です。

筋トレは汗をかくのでお風呂の前に、ストレッチは体がほぐれているお風呂の後がタイミングとしてはいいかと思います。

 

続けないとほんとに意味ないので、最初は圧倒的にハードルを下げましょう。

筋トレなら、はじめは、

・腕立て×3

・腹筋×3

・背筋×3

ストレッチなら

・「5分だけ」

といったように圧倒的にハードルを落として始めましょう。

 

僕も最近また、この生活を始めました。

最初は腕立て3回から始めて、結局続けていった結果、回数は伸びていますので、始めは小さくしましょう。

 

腹式呼吸呼吸法

腹式呼吸法、これは、字の通り、お腹を十分に使った呼吸の方法で、深呼吸のイメージが一番近いかと思います。

①鼻からスーッと息を吸い、お腹を膨らませて、その息を口からゆーっくりはきます

②これを10回ほど繰り返します

これで、お腹周りの筋トレになります

 

それに、筋肉が鍛えられる以外にも、

リラックス効果があったりと精神面にもとてもよく効くので、とてもオススメです

筋トレしつつ、自分の心の安定までも手に入れられるので、肉体、精神ともにプラスになります。

また、場所を選ばずにどこでもできるので、僕の場合は、休憩時やお風呂に入っている時にやっています。

 

まずは、これを3日間続けるましょう

運動は継続しないと意味がないので、ぜひ継続しましょう。

で、まずは、三日坊主で終わらせぬよう、3日を目指しましょう。

 

こうゆう時に、いきなり

👤「よし3ヶ月は続けよう」

となる人がいるんですが、たいてい

👤「え、長い、、、」

ってなって、すぐ挫折します。

 

なので、まずは近くの3日。

それができたら、1週間と2週間。

徐々に伸ばしたいくのが継続する上でのポイントです。

 

ぜひ、まずは3日から続けて、運動不足を解消して、あなたが健康的で豊かな人生を歩めますように。