【時間の無駄】自己啓発本マジで意味ない理由と2つの活かし方【実際に100冊以上読んだ体験談】

Pocket

自己啓発本自己啓発ブログ、良いこと言ってるTwitterを見てとてもモチベ上がるし、結構読んじゃう

こうゆうのを見てると、成長してる感じがするけど、実際に効果があるのか不安になってきた

うっすらと、自己啓発本ってあんまり意味ないんじゃないかと思ってる自分がいる。。。

というあなたに向けて、

 

この記事では、自己啓発本を読むだけでは意味ない理由と2つ活かし方をお伝えします。

これを知ることで、自己啓発本を読むことによる時間の浪費を防げます。

また、それでも好きなら自己啓発本を最大限活かす方法をお伝えし、あなたの人生を大きく前進できるようになってもらえたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして活動しています。

僕自身、学生時代に自己啓発本、ブログにハマっていた時期がありました。

その時期は、特に頭でっかちにだけなり、気持ちだけ一丁前になれど、全然人生が好転していかなかったです。(悲しみ)

すがしゅん
僕と同じような失敗をしてほしくないので、似たような状況のあなたのお力になれれば嬉しいです。

はっきり言って自己啓発本を読むだけでは、1ミリも効果がないたった1つの理由

いきなり強い言葉ですが、事実、自己啓発本意味ないです。(読むだけでは)

なぜなら、自己啓発本で学べることって、よりよく生きるための考え方でしかないからです。

なので、考え方だけを知っていても何も行動してないと、現実は何も変わりません。

例えるなら、好きな人の思っているだけではその人と、お付き合いなんてできないのと同じです。

考えてるだけでは気持ちも伝わらないからです、当たり前の話ですが。

ごく当たり前のことなんですが、自己啓発本にハマって、読むだけで満足しちゃう人はこれに気づかずにいることが多いです。

まさに僕も過去そうでした。

自己啓発本って、たいてい良いこと言ってるし、成功者が残した言葉をさも自分の言葉、自分が体験したかのように錯覚してしまい、それに満足してしまうんですよね。(わかります)

いわば、中毒みたいになって、もっと新しい啓発がほしいほしいとなってしまうんです。

本来、リアルで自分の人生を前進するための手段として活用していたはずなのに。

いつのまにか自己啓発本を読むことが目的になってしまってしまうという

すがしゅん

ただ、僕も自己啓発本は好きですし、うまく活用できればとても有効なツールだとも思っています。(散々に書いておいて、なんですが)

なので、そんなあなたに、実際に僕がどうゆう風に活かして取り入れているのかを2つほど紹介します。

 

自己啓発本を意味ある最大限活用する2つの方法

1、目標や夢を設定して、それに向かって走りながら、ヒントとし、過程に取り入れてみる

先ほどもお伝えしましたが、自己啓発本は、よりよく生きるためのヒントはたくさん詰められているのは間違いないです

(※そうじゃない自己啓発本もたくさんありますけどね)

まず、前提として、あなたが

・どうゆう人生を歩みたいのかとか

・目標だとか

・夢だとか

はあるとして。

そこに向かって走る中で、何かにぶつかったり、一度立ち止まって考える時に自己啓発本を読んでみると良いヒントをもらえる可能性は高いです。

今ぶつかってる壁を乗り越えるヒントや走り続けるためのモチベーションなどをもらえます。

実際に、僕自身も手足を動かして行動するようになって、壁にぶつかった時に、先人の知識や体験談を活かして乗り越えられた経験があります。

2、どの自己啓発本もだいた似たようなことを言ってる。だからそれを凝縮した良書に絞ると時短で活かせる

👤「よし、自己啓発本をうまく活かすなら効果的なんだな!いろんな本をたくさん買って用意してやろう!」

と思ったあなたは、いったんステイを。

その思考のままだと、お金と時間をめちゃくちゃ失ってしまうので、少しお話を聞いてください。

そもそも、自己啓発本は、成功者の人が体験したことを元に、

「人生においてこれが大事だよね」

という核を伝えているものです。

なので、人は違えど、言ってることや大事なことって、ほぼ似ている、いや同じであるのがほとんどなんです。(これは100冊読んで分かったことなのでわりと信憑性は高いかと思います)

つまり、100冊読もうが、ある程度絞って5、6冊と得られる考えに大差はないということです。

であれば、100冊を買うお金、読む時間はもったいないですよね。

なので、やたらめったら読むではなく、凝縮された良書に絞って読むのが、かしこい自己啓発本の活かし方です。

世界のビジネス本や自己啓発の源流の『7つの習慣』が良書でおすすめ


ある程度、凝縮してわかりやすく、広くまとめてあるような良書に絞って、活用していくのがオススメです。

僕は今は趣味とした様々な本を読むことはありますが、前半戦は、あれこれ出さずに絞っていくことがおすすめです。

個人的には、大学2年生の時に買った7つの習慣という本が最も凝縮されている良書です。

ハリポタくらいの厚さで、本嫌いにはハードルが高いかもしれないです。

でも、これに世の中には出回っている自己啓発本に書いてることが凝縮されているので、むしろ、あれこれ読むのに比べたら最小限で抑えられるかと思います。

すがしゅん
ちょっとハードル高いな~っていう方は、漫画になっているものもあるので、そちらで読んでみてもいいかもしれません。


あなたが、自己啓発本や情報を上手く活用して、よりよい人生になりますように。

 

関連記事(一部広告含む)