【コミュニケーションが苦手】5つの特徴と克服法【あなたもコミュ充に】

Pocket

コミュニケーションが苦手で人間関係がとても億劫

コミュニケーションが苦手な特徴、原因を知って、苦手克服したい

コミュニケーションを上達して、仕事や恋愛、友人関係などを上手くいくようにしたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、コミュニケーションが苦手な人の特徴とその克服方法について書きます。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして、1対1でカウンセリングやコーチングをしています。

その中で「コミュニケーションが苦手だ」という相談もあり、今回は僕の得意とする1対1でのコミュニケーションの苦手な人の特徴と克服方法をお伝えします。

コミュニケーションが苦手な人の5つの特徴

自分の話ばっかりしてる

コミュニケーションが上手くいかないな

✔ 話していてあまり相手といい関係性を築けないな

という人は、たいたい自分の話ばかりしています

おそらくは、相手と信頼を築いたり、楽しい時間になるようにと、一生懸命話していると思うんです。

でも、実はそれがコミュニケーションが上手くいかない原因になっています。

逆の立場を想像してみると、相手がずーっとマシンガンのように話していたらどうでしょうか?

相手の反応に一喜一憂しすぎ

話をするときに、相手の顔色を伺いすぎです。

相手の表情や返答に一喜一憂してしまい、冷静なコミュニケーションができていないパターン。

プラスに働く場合もあるのでいいのですが、相手の反応がイマイチな場面などでそれに左右されて、混乱してコミュニケーションを取ると、ぎこちないコミュニケーションになってしまう原因になります。

話をすぐ切っちゃう

話をすぐに切ってしまって、沈黙。

という人も、コミュニーケーションが苦手な人にあるのかなと思います。

「○○なんですよね。」という話に対して、

👤「へ〜…」とか

👤「そうなんですね…」

で沈黙みたいなパターン。

相手がどんどん話すような人であれば、それでもコミュニケーションは続きます。

が、大体の場合は、それで沈黙して気まずい時間が流れちゃいますよね。

話題がない

話題がないこともコミュニケーションが上手くいきづらい原因の一つとしてあります。

話題、すなわち引き出しの多さです。

なので、これがないと、相手との会話の時に、共通して話せることや盛り上がれることがなくなり、コミュニケーションが取りづらくなってしまいます

自分に自信がない

自分に自信が持てずに、落ち着いたコミュニーケーションが取れないパターンですね。

これは、2つのパターンがあります。

一つは焦りすぎてあたふたした落ち着きのないコミュニケーションになり、上手くいかないパターン。

②もう一つは、こちらから何も話せずに黙りこくってしまうパターン。

どちらも自分の振る舞いに自信を持てていないので、冷静で落ち着いたコミュニケーションが取れないんですね。

コミュニケーションが苦手を克服する5つの方法

相手が話す割合7割、自分が話す割合3割くらいにする

話の割合を相手が7割、自分3割くらいになるような会話を心がけましょう。

基本的に、人は話したい生き物です。

よく話を聞いてくれる人や話しやすいなと感じる人にとても信頼を寄せてくれます。

なので、こちらが話の主体というよりかは、相手が話しやすい雰囲気を作ったり、相手が話す頻度を多くしてあげるとコミュニケーションが上手くいきやすいです。

すがしゅん
ただ、全員が「話したい話したい」というわけでもないので、人によってその割合は調整しましょう。

相手の反応を客観的に捉える

相手の反応にのめりこみすぎずに、少し引いて客観的に捉えるようにしましょう。

なんでもそうですが、主観ゴリゴリで入ってしまうと、冷静な判断や落ち着きを持てません。

なので、

「客観的な自分」

を一人置いてるイメージを持ってコミュニケーションを取りましょう。

そうすると、ある意味他人事に自分をとらえられるので、一喜一憂せずに冷静にコミュニケーションが取れるようになるかと思います。

積極的に質問をして話を広げる

積極的に質問をすることで、話を広げましょう。

さきほどの相手に7割話してもらうのにも繋がりますし、沈黙の時間も減りますし、それに相手に

👤「私はあなたに興味があります」

ということが伝わるので、とても円滑なコミュニケーションが取れるかと思います。

この時のポイントは、

質問のバリエーションをいくつか持っておくこと

「なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?」

同じような質問の仕方で、同じような掘り下げや広げをしてくると、追い込まれている気分にさせてしまって逆効果になります。

なので、できるだけ多く質問の仕方を持っておきましょう。

最低限のニュースや話題は知っておく

最低限のニュースや話題は持っておくと、相手との会話がしやすくなるかと思います。

基本的に、人は共通点を持つ人に、親近感や信頼感を待つので、話した時に、合わせて出せる話題を待っておくといいですね

自分に自信をつける

自分に自信をつけることで、堂々と落ち着いたコミュニケーションができるようになります。

そして、最後に大切なことを伝えておくと、(というかここなくして、今お伝えしたことは意味を成しません)

コミュニーケーションで一番大切なのは相手への尊重、思いやりと興味を持つことを持つこと

この通りで、コミュニケーションはテクニックや小手先のものだけを身につけても意味がありません。

だって、人と人との関係なので、そこに思いやりや尊重がないとあれですよね、あれ。

そう、それっていうのは相手に伝わって、結果的にいい人間関係やコミュニケーションが築けなくなってしまうんですよね。

なので、人とコミュニケーションを取る時には、相手への思いやりと尊重は第一に考えましょう

そして、相手に興味を持ちましょう

これも伝わります。

興味がないのに、適当な質問やテクニックで接していると、向こうにはそれがわかります。

そのコミュニーケーションの時間って、自分にとっても、相手にとっても最悪の時間になります。

なので、そもそも興味のない人とは関わらないっていうのもいいのですが、コミュニケーションをする機会のできた相手には、興味を持って接するようにしましょう

正直、ここの前で5つほど、解決策を紹介しましたが、

✔思いやりと尊重

✔相手に興味を持つ

ということをすれば、勝手に出てくる答えかと思うので、この心を持ちつつ、紹介したものを実践してもらえたらと思います。

あなたがコミュニケーションが苦手を克服して、仕事や恋愛、友人関係で幸せになりますように。

 

関連記事(一部広告含む)