【実体験】経験は本やネットの10倍の価値【インプットは積極的に経験するのがおすすめ】

Pocket

 

どうも、内向型キャリアカウンセラーのすがしゅん(@career_places)です。

この記事では、ここ最近僕自身がとても実感している「経験」の重要性について書きます。

👤「インプットはしているものの、本やネットだけ、、、」

という人には学びになるかと思います。

というか、この事実を知らないと人生の質が10倍近く大きく変わってくるかなと思います。

すがしゅん
それでは、僕自身がブログをしたり、キャリア相談などの活動を通して、思い知らされたことをお伝えしていきますね〜。

「経験」によるインプットが圧倒的な価値がある3つの理由

リアルでの体験が一番人間的成長を遂げられるから

もちろん本やネットの情報も価値はありますが、これ「だけ」だと、大学の講義を受け身で聞いているだけと同じです。

つまり、なんとなくわかったつもりになっていても、身になっていないんですよね。

でも、実際に足を運んで、経験したり、聞きにいくことで、

体験、経験

として自分の中に落とし込めます。

それでいて、経験を取りに行くことで、リアルならではのトラブルやチャンスに巡り合えたりします。

例えば、自分の関心のある専門家の人を紹介してもらえたり、実際にお話ししてみたかった人と遭遇したりなどです。

なので、経験を取りに行かなければ得れない経験値を積めて、人間的成長がしやすいです。

他の人の考えやフィルターにかかっていないオリジナルの体験になるから

このブログもそうですが、ネットや本は、誰かの経験や知識であり、そこにその人のフィルターにかかって、世の中に出されています。

もちろん、

「人の考えや思想を取り入れる」

という意味では良いと思います。

けれでも、完全まっさらであり、自分のオリジナルの知識や経験にするには、現場、リアルに足を運んで自らの目や耳、心で感じることが大切であり、それが経験によってできます。

自分の言葉で伝えられる、活用できるようになるから

本やネットで仕入れた情報だと、いざ使ってみたり、伝えてみようとするとなかなか自分の言葉になりづらいですよね。

なぜなら、ネットや本は、書いた人の言葉だからであって、あなたの言葉じゃないから

でも、自分で経験して、考えて、聞いたものであれば、それを感じた学んだそのままに伝えられます。

つまり、体験、経験からくるものは自分の言葉で伝えられますし、自分なりのアウトプット、自分の人生に活かしやすいんですね。

すがしゅん
僕自身、ブログを書いてても感じますが、やはり本や知識よりも、僕自身が体験したことの方が自分の言葉で書けていますし、読んでもらえていますね。

「経験」を増やすために取るべき行動

👤「経験の重要性はわかったけど、じゃあどうやって経験を増やせばいいの?」

答えは簡単で、新しい経験や自分の高められるような経験を積める環境に身を置くことです。

学生であれば、新しい経験、挑戦ができる

・サークル

・インターン

・コミュニティ

に身を置いて、経験を増やす。

社会人なら新たな経験や挑戦機会のある職場であったり、休日に経験を積めるようコミュニティなどなどがおすすめです。

もちろん一人で出来る人はいいですが、

「これまで仮にあまり足で経験するというのが習慣になっていない」

という場合は、なかなかに難しいと思います。

なので、うまく環境の力を使って、自分自身を「経験を積み重ねること」が当たり前になるようにできるといいです。

 

すがしゅん

こんな偉そうに書いている僕も、全然経験が足りていないなと、最近ひどく実感しています。

なので、経験を増やせる環境、機会を増やして、人間的な魅力や自分の言葉で語れる人になりたいなと思っています。

もし、この機に「経験を増やしたい!」と思っている方は一緒に頑張りましょう。

きっとあなたの人生がよりよくなりますように。

 

関連記事(一部広告含む)