【口内炎を治す方法】薬なしで治せる方法【対処法と予防法の2つを紹介】

Pocket

口内炎が痛い人

口内炎がいたーい!

食事も楽しみづらい!

治す方法を知りたい!

というあなたに向けて、

 

この記事では、口内炎を治す方法を月に一回は口内炎に見舞わられ苦しんでいる状態から、脱却した僕(@career_places)がお教えします。

しょっちゅうと言って良いほど、口内炎に悩まされていたので、どうなったらなるのか、どうすれば治るのかを研究しました。

その中で見えた対処方法をシェアすることで、短期的だけでなく、今後も口内炎予防をしてもらえるとお手伝いができたら幸いです。

口内炎を治す方法(とにかくすぐに治したいバージョン)

今まさに、

👤「口内炎がひどくて、食べるのものも口に入らない、仕事や学校があるから明日にでも治したい!」

という方は、もう薬に頼るのが一番です。

効果もスピードもあるので、おすすめします。

世には便利な口内炎に効くお薬がたくさん出ていると思うので、

口内炎 効く 薬」

でググってみると出てくるかと思います。

というか、今すぐ薬局で、

口内炎に効く薬ありますかー?」

と尋ねれば、すぐ購入できます。

なので、即効性を求めるのであれば、市販の薬をお探しになるのがいいかもしれません。

僕自身もどうしても、すぐ和らげる必要があった際には、家にある薬を塗りましたが、たしかに効果てきめんでしたね。

僕の経験ですと塗るタイプの方が直接的に作用して、効果の効きが早かったです。

【第2類医薬品】デンタルクリーム 5g

口内炎を治す方法(薬使いたくない人バージョン)

👤「あまり薬に頼りたくない!」

という方もなかにはいるはずです。

まさに、僕はそうで、よっぽどじゃなければ、風邪ひいてもほぼ病院行かないです。

この口内炎においても、なるべく薬を使わず自分で治すようにしています。

もちろん、薬はスピードと効果は良いんですが、なんかね、あまり体に入れたくないなっていうのはあるんですよね。

それに薬は治す手助けをしてくれるものに過ぎないので、そればかりに頼っていたら、治りが悪くなったり、自分自身の免疫も下がっちゃうんじゃないかなと思っています。

(専門家じゃないので、あくまで、僕個人の意見ですが)

なので、

👤「薬がいやだ!」

というあなたは、僕が実践してみた方法を試してみてはいかがでしょうか?

(あくまで僕個人が実践して効果があったので、すべての人に適応されるかは分かりません)

 

すがしゅんが口内炎を薬を使わずに治す際にやってることがこの4つです。

①野菜、果物の接収量を増やすよう意識する

②ビタミンを消費するようなアルコールやコーヒーを飲まないようにする

③7時間以上寝る

④1日に、1時間はゆったりとリラックスできる時間を作る

これだけです。

人の体は、通常運行している場合は、免疫が働いて、炎症や傷は勝手に修復します。

しかし、ビタミンの不足などにより通常に免疫が働かなくなることで、口内炎のような炎症が残ってしまうらしいです。

なので、ビタミンや免疫の不足を補ってあげればいいと。

野菜や果物を意識してたくさん摂るようにしましょう。

それでいて、それを消費するようなストレスを溜めることや消化にビタミンを使うものを減らすことで口内炎を治すエネルギーを蓄えていきます。

そうすることで、即効性はないですが、それでも、何も意識しないよりも早く回復していくかと思います。

✔よく寝て

✔よく栄養をとって

✔胃に負担になる食べ物は控えて

✔リラックスできる時間を適度に作って

毎日を送るようにしましょう。

口内炎を予防する方法

はじめからならないようになるのが一番いいですよね。

で、どう予防すればいいかというと、上であげたことを常に意識しながら生活をすることです。

常に、ビタミンの充実、免疫の維持ができる生活習慣を送ることで、口内炎を予防できます。

ちなみに、僕はこれを意識してからは、月1でなっていたものが、3月に1回ほどで、かつ期間も少なくなりました。

少なくとも僕には効果がある方法だったので、取り入れてみるのはいいかもしれません。

(あくまで僕の例ですが)

最後に -口内炎を治す方法-

ここまで偉そうに書いているので、

「さぞ口内炎にはならないんだろ?」

と思われがちですが、普通になります。

ただ、そうゆう時は、ストレスが重なっていたり、栄養が不足していることがほとんどです。

なので、ある意味自分の生活習慣の乱れに気づけますし、だいたい、僕のパターンとして、

口内炎になる→そのまま無理をする→風邪をひく

という流れなので、口内炎時に風邪をひく手前というふうに気付けるので、風邪をひく前に、安静にして予防できます。

ぜひ、口内炎の長期予防をしつつ、口内炎をうまく健康のシグナルとして、活用していただけたらと思います。

口内炎にもいつくか種類があるらしく、あまりにも長続きしたり、頻繁に起き続けてしまう場合は、病院で診てもらった方がいい場合もあるので、そちらは、自分の口内炎の様子次第で対応してくださいね。

 

関連記事(一部広告含む)