【所要時間3秒】モチベーションを上げる方法【仕事や勉強のモチベアップするならこれ】

Pocket

 

勉強や仕事へのモチベーションが上がらないな

やらなきゃいけないし、やった方がいいのは頭では分かってるんだけど、身体が動かない

何とかモチベーションを上げて前に進みたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、たった3秒でモチベーションを上げる方法をシェアします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、まさに今この記事を書く3秒前まで、モチベが低かったですが、今はモチベが上がってきています。

ぜひあなたにも3秒でモチベを上げる方法を知ってもらい、取り組むべきことに取り組んでもらえるようになってもらえたらと思います。

 

モチベーションを上げる方法は、動きだすことでしか上げられない

モチベーションを上げるのに、一番効果的なのは動き出すことです

めちゃめちゃシンプル。

 

動くのなんて、むしろ3秒かからないですよね。

1秒でもモチベーションなんて上げられちゃうんです。

 

なので、耳が痛い方もいるかもしれませんが、モチベーションが上がらないって嘆いて待っていても勝手に上がりません。

湧いてくるものではなく、沸かせるものだから。

 

こんな経験ありませんか?

👤「あ~なんか今日、仕事だるいわ~。」

とか言ってたけど、案外やってみたらノリノリでやってたりとか

 

これも同じでして、体を動かしたことでモチベーションが湧いてきたんですね

ここからもわかるように、モチベーションは「上がる」ものではなく、モチベーションを「上げる」ものなんですね。

 

モチベーションを急に上げようとすると逆効果

ここまでを読んできて、

👤「言ってることはごもっともだと思うけど、実際そう上手く行かないよ~」

というあなたは、いきなり100%で動こうとしていませんか?

 

・しっかりと動き出さなきゃ

・すぐにやる気満々にやらなきゃ

これでは、一歩目のハードルが高過ぎます

0から100にしようとしているので、かえって動き出せなくなってしまいます。

0から1以上にするのが一番エネルギーを使うので、中々難しい話です。

寝起きでいきなりハイテンションで歌って踊るなんて無理ですもんね、でもそれと同じような発想です、0➩100は。

 

モチベーションを上げるためのポイントは動き出しのハードルを下げること

いきなり、100%を狙わずに、もっと一歩目のハードルを下げてあげましょう。

例えば、僕の場合だと、今日はブログのモチベーションが0に近かったのですが、

👤「とりあえず、パソコン開こう。」

というめちゃめちゃハードルの低いアクションを取りました。

 

これで0→1に。

すると、不思議なもので、1以上になると、2,3、10とパタパタとモチベーションが上がっていき、何だかんだで、800字ほど記事を書いているのが現状です。

 

ドミノのイメージで少しずつモチベーションを上げていく

モチベーションは、ドミノと同じで、一本パタンッと倒れてしまえば、その勢い、流れで後ろのも倒れていくみたいなものです。

 

なので、なかなか腰の重いあなたは、いきなり難しいことやエネルギーのかかることはせず、めちゃめちゃ簡単なこと1アクションを取ってみて下さい。

何でもいいです。

例えば、

学校に行くのもまずは、行く支度だけしよう

勉強するのも、机に座ろう

仕事もスケジュール確認しよう

というように、一歩を自ら作ってあげましょう。

 

動いてしまえばこっちのもんです。

ぜひ、自分に打ち勝ってモチベーションを上げていき、ノリノリで毎日を過ごせるようになりましょう

 

ただ、体力・精神の疲弊が原因のモチベーション低下の場合は適度な休養を取ることがおすすめです。

 

▼内向型でかつ疲れ気味の方は、参考にどうぞ

 

まとめ

モチベーションは上がるものじゃなく、動いて「上げる」もの。

身体を動かすことでモチベーションを上げていける。

なかなか一歩目が出ない人は、いきなりハードルの高いことをせずに、簡単な一歩目で始めると、そのあとはドミノのようにスムーズに進み出せる。

 

さぁ、今すぐ、小さなアクションを初めて、モチベーションドミノで絶好調な毎日へ!

 

 

▼モチベーションのさらに深くにある自分の頑れたり、生き生き生きれる源泉を知っておくと、より毎日に生きがいややりがいを持って過ごせるので、あわせてどうぞ。

関連記事(一部広告含む)