【体験談】流されやすい人の3つの特徴と解消方法【流されない人生にしましょう】

Pocket

 

他人の意見や周りに流されてしまう

後になって、やりたいことじゃなかったとか、こうしておけばよかったと後悔

何とか流されやすい自分を改善したい

というあなたに向けて、

 

この記事では、流されてしまう人の特徴を知った上で、他人の意見や周りに流されずに自分を持って生きる方法をお伝えします。

ぜひ、自分の軸を持ち自分らしく後悔ない人生にできるようになって頂けたら幸いです。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーランスとして活動していまして、割と、他者ではなく、自分の軸で毎日を生きています。

今でこそ、そうゆう生き方ができていますが、もともと他人に流されり、影響受けまくって、自分軸を持たずに生きていたので、ぜひ、この機会に、あなたにも流されずに生きるためのきっかけをつかんでもらえたらと思います。

 

すぐに解決策を知りたいという方はもくじから、やってみてほしいこと3つをクリックして、そちらからお読みください。

 

流されやすい人の特徴

自分に自信がない(周りの目が気にする)

まさに、以前の僕はこれでして、自分に自信を持てていないので、自分の意見や考えをつらぬけないし、周りの目を気にして、日々を送っていました。

自分に自信を持てていないと、何か決断したり、自分で決めるときに、

👤「これで大丈夫なのかな?」

とやけに不安になって、結果的に大多数の人や周りの人に流されていってしまいます。

 

素直(悪く出ると無思考)

悪く言えば、無思考。

よく言えば、素直な人が流されやすい傾向にあります。

 

なんでもかんでも、

👤「あ、いい!」

👤「そうなんだ、やろう!」

👤「みんな良いって言ってるし、これやるかー」

みたいな思考、口癖の人が多いですね。

 

疑いなく受け止めてしまうので、良いものや自分の向かいたい方向と一致していれば問題ありませんが、これが、自分の向かいたい方向性と違ったり、実は本心じゃないことであるとあまりよろしくないですね。

 

こだわりがない(よく出ると柔軟)

流されてしまう人の特徴にこだわりがないということが挙げられます。

よく言えば、柔軟。

先ほどの素直に近いですが、

👤「これは譲れない」

👤「自分はこうしたい!」

👤「こういきたい!」

というものがないので、周りだ出た意見や多くの人が良しとしていることに、流されてしまいます。

 

 

ここであげた特徴の人が流されやすい人なのかなと思います。

なので、これを改善していくことで、あなたか流されない人になっていけるがと思います。

 

流されやすい人が流されなくなるためにやってみてほしいこと3つ

自分に自信をつける

自分に自信をつけましょう。

かっこたる自信や自己肯定感を持てるようになると、自分の意思決定や選んだ道にまっすぐに向かえるようになれます。

 

▼詳しくはこちらから

 

批判的思考力をつける

流されやすい人は、素直すぎると言いましたが、素直すきる人は、この批判的思考力をつけるといいです。

簡単に言うと、「物事になぜを問える思考」のことです。

 

物事の意味やそれが起きてる理由、周りの人が言ってるやってることの意図や背景など、こういったものを見れるようになるので、むやみやたらに流されることはなくなります。

これに関しては、常日頃から、物事になぜを問うて生きたり、そうゆう思考が強い人の近くにいくと身につけていけるようになります。

また、それに関する本なども参考にして、思考を鍛えて見てください。

 

自分の理想の生き方、こだわりを知る

自分の理想の生き方やこだわりを知ることで、他者に流されずに、人生を歩んでいけるようになります。

人に流されるのは、こだわり、うまり、自分の譲れないものがないからでして、それは理想や自分の幸せ、生きたい生き方は何なのかに気付けていないからです。

 

例えば、僕は、

①物事に夢中、没頭したい

②自分の大好きな人と仕事がしたい

③自分の応援した人を応援したい

④家族を大切にしたい(経済的、精神的、時間的に)

 

というこだわり、幸せがありまして、これにそぐわないことには、流されませんし、断りますし、やりません。

 

というように、理想の生き方や自分の幸せやこだわりを持つことで、流されない人生にできるので、ぜひ、あなたの幸せとは、こだわりは何なのかを探してみて下さい。

 

 

関連記事(一部広告含む)