浪人のデメリットとメリットと浪人しない方がいい人の特徴【8割の人は浪人する必要ない】

Pocket

 

浪人するか迷ってる人

第一志望に落ちて、滑り止めの大学は受かってるけど、このまま大学の行くのは憂鬱だなぁ

でも、浪人するにも、就職や周りより1年遅れるし、不安だなぁ

どうしたらいいか、決めずに決めれないなぁ

というあなたに向けて、

 

この記事では、浪人のデメリットとメリット、浪人しない方がいい人の特徴について書き、その上であなたの進路を決定するヒントにしてもらえたらと思います。

(※あくまで僕のいち意見なので、鵜呑みにはせず参考程度にご覧ください)

👤「何かおせっかいしてきてんな~、この人」

くらいのスタンスで読んでいただけたら幸いです。

 

この記事を書いている僕(@career_places)は、大学4年間を卒業し、今はフリーランスとして生きています。

僕自身第一志望は落ち、たった一つ残った滑り止め大学が受かり、浪人するかとても迷いましたが、現役で大学入学をしました。

また、周りにもそうゆう人や浪人の道を選んだ人も多くいたので、僕自身の経験や周りの人たちの声を踏まえて、浪人のデメリット、メリット、浪人しない方がいい人の特徴をお伝えできたらと思います。

 

浪人するデメリットは、3つ

1年間の時間のほぼほぼを大学受験の勉強に費やすことになる

あなたが受験勉強に駆られているその1年間で、周りではスキルアップ、自己成長、経験のために時間を使っていたりします。

大学受験勉強に時間を取られている間に、相当出遅れるので、そうゆう意味では、浪人のデメリットがでかいかなと思います。

僕の場合は、それをとても感じたので、浪人せずに、現役進学し、その大学期間の時間を最大限に有効活用するという選択を取りました。

すがしゅん
結果的に、現役で大学生になって、大学の時間を存分に使い、この選択が正解になりましたね。

浪人して絶対に受かる確証が無い

浪人することによって、大学受験の勉強に多くの時間を取られるのにも関わらず、それだけの時間を投下しても、受からないこともあります。

なぜなら、自分以外にも受験生が頑張って受験していて、定員があるからです。

 

まぁ、これが全く無駄かと言われればそうとは言い切れませんが、ほとんど残らないので、個人的にはやりきれないなと思います。

すがしゅん
それに受験勉強の勉強は、汎用性が効きにくいので、そうゆう意味でもビミョイなって思います。

目指す働き方によっては、学歴がいらないので浪人する意味がない場合もある

もしかしたら、高学歴がそもそも必要ないパターンもあります。

学歴フィルターがあるかないかで言われると、未だに学歴フィルターを設けている会社もあるのは事実です。

 

しかし、その割合は減っていくと予想されますし、そもそも、学歴は一つの指標にしか過ぎないので、これだけにとらわれる必要もないと思います。

なので、1年という貴重な時間を勉強だけの時間に費やす必要はないかもしれません。

むしろ、現役で大学に行き、途中で休学して、その経験で自己成長に時間を使う方がまだいいのかなと思います。

その自由に使える時間を使って、勉強や学歴以外での武器を身につけた方が割に合いますよね。

浪人するメリット

個人的に、浪人はおすすめしない派ではありますが、強いて言うなら、次の3つが浪人のメリットかなと思います。

自分自身と向き合う時間が作れる

何だかんだ、浪人は孤独と戦う時期にはなると思います。

僕自身経験がないので、確信はありませんが、周りにいる元浪人生に聞くと、

👤「なにより孤独だった

とみな口を揃えて言います。

そして、

👤「自分自身を見つめ直す時間にもなった

とも言っています。

孤独な分、自分と心の対話を重ねたり、普段は考えないことまで考えることもあるらしく、そうゆう意味では、自分自身と向き合って、自己理解を深められるというのはありそうです。

やはり、通常に大学に通うと

👤「人付き合いだ、バイトだ」

となかなか自分に向き合う時間は作りづらいですから、そうゆう意味で孤独の中で己と向き合うという点ではいいかもしれませんね。

忍耐力が付く

忍耐力は、確実に身につくのかなと思います。

僕が受験勉強が嫌過ぎただけかもしれませんが、受験勉強って相当な苦行じゃないですか?

あれをほぼ遊ばずに、しかも、受かるかどうかなと不安に思いつつ、1年間も続けるわけですよ。

これができた暁には、仮に受からなくても相当な忍耐力がついて、どこかで発揮されると思います。

(ただし、やりきった場合に限る)

すがしゅん
とはいえ、そもそも受験勉強が苦行であるならば、その道で戦わずに、別の自分の得意分野や武器で戦った方がいいと思いますけどね、僕良くも悪くも勉強で戦わない方を選びました。

目指す働き方に学歴が必要なら、その働き方を叶えられやすくなる

あなたが働きたい会社や業界に、高学歴や勉学による実績が必要な場合は、浪人して今受かっている大学よりも高いところを目指した方がいいです。

例えば、医者や弁護士などは、学歴重視であったり、教員なども教員免許などの関係で学歴や大学へ行く必要もありますので。

その場合は、ぜひ、浪人する必要があるかと思います。

 

浪人しない方がいい人の3つの特徴

次の通りでして、

✓ 勉強がそもそも得意じゃない(けど、他に熱中できるものや特技がある人)

✓ 浪人してもダラダラして、結局あまり結果を好転させられる自信がない人

✓ やりたいことや目指すものに学歴が必要じゃない人

こうゆう人たちは、無理に浪人する必要はないのかなと思います。

勉強がそもそも得意じゃない(けど、他に熱中できるものや特技がある人)

勉強が仮に苦手分野ならそれで戦っても苦しいわりに、結果に繋がりづらいので、別分野で戦えばいいですよね。

すがしゅん
僕も勉強は苦手だったので、そこは諦めて、実践的なカウンセリング力やWebの力を鍛えて、それを強みにして今お仕事をしています。

浪人してもダラダラして、結局あまり結果を好転させられる自信がない人

このパターンの人は、時間もお金も浪費しかねないので、浪人しない方がいいですね。

結局だらけて、歳だけ食っちゃうので。

こうゆう場合は、むしろ受かった大学に通って、学歴コンプや悔しさをばねに色々なことへ挑戦する方が結果につながる気がします。

すがしゅん
わりと僕もそれで、学歴コンプをばねに頑張ってた感はありますね。

 

やりたいことや目指すものに学歴が必要じゃない人

先ほどのお伝えしましたが、そもそも高学歴が必要じゃない場合も大いにあります。

もちろん、東大、早慶上智でないと行けない企業もおそらく存在していますが、別にそこにこだわりがなければ、別に高学歴でなかろうと、活躍の場はおおいにあります。(あるに越したことはありませんが)

なので、

👤「絶対にこれ!」

というものがないのであれば、無理に「高学歴、高学歴」に縛られる必要もないかなと思います。

 

以上の3つの「浪人しない方いい人の特徴」に当てはまっているのであれば、しなくてもいいのかなと思います。

まぁ、一つの参考にしてもらいつつ、浪人のデメリットとメリットを考えて、最後は自分自身が後悔のない選択をしてもらえたら幸いです。

すがしゅん
学歴に負けない戦い方とか、大学生活の有意義な過ごし方についても書いた記事もあるので、それらも参考にしてもらって、大学生活を納得のいくものにしてもらえたらと思います。

 

 

関連記事(一部広告含む)