【体験談】大学を辞めたいと思う5つの理由と4つの解決策【モヤモヤ解消】

Pocket

 

大学辞めたい人

大学を辞めたいけど、まだ踏ん切りがつけられていない

改めて自分がなぜ大学を辞めたいのか、どんな選択肢があるのかを確認したい

辞めた人の体験談も参考にしたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、大学を辞めたいと思う5つの原因と4つの解決策について書きます。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーで、300人近くの学生などのキャリアサポートを行ってきました。

その中で、「大学やめたい」という方も多く、また実際にやめた人も周りにいるので、それを踏まえてあなたのお力になれたら幸いです。

 

大学を辞めたい5つ理由

人間関係がおっくうで辞めたい

これはかなりの人に多いかと思います。

大学内での人間関係のゴタゴタやトラブル、いじめ、居心地の悪さなど様々あるかと思います。

それに、意外と大学のコミュニティって狭いので、そこから抜け出しづらいし、そこを抜ける怖さみたいのはありますよね。

 

だから余計に、嫌でもそこにいちゃうって人は多いのかなと思います。

で、どんどんストレスや精神疲労がたまってきちゃって、もう大学なんてうんざりだと思ってしまいますよね。

授業の単位が取れないから辞めたい

これもあるあるで、授業の単位がほとんど取れない状態で、他の人は単位を順調に取得しているのに、

👤「自分はまだこんなにもあるのか

と絶望するパターンですね。

で、やる気もなくなるし、不安にもなるしで、こんなんだったらやめちゃえとなってしまいますよね。

大学に行く意味を見出せないから辞めたい

これはわりと僕もそうだったので、とてもお気持ちわかります。

👤「大学の受け身の授業を受けて、テストのための勉強をするのって、なんの意味があるの?

って思っちゃいますよね。

特にも目的も面白みもないのに、なんでわざわざ大量のお金と時間をかけて、通う価値があるのかなって。

すがしゅん
僕はかろうじて4年間通いましたが、後半戦は、本当に「卒業・大卒」というものを得るためだけに最小限にして通ってましたね。

ぼっちで大学辞めたい

これもあるあるですね。

乗り遅れて、ぼっちになって、サークルとか、ゼミにも属してないから、ずっとぼっちみたいな。

これは、僕もわりとぼっちよりの人だったのでよくわかります。

なんか、別に1人は嫌じゃないけど、周りで群れているのがスタンダードだとなんか不安になったり、後ろめたくなったいますよね。

すがしゅん
居場所ないし、居心地悪いし、大学行きたくないってなりますよね、わかります。

大学生活が楽しくないから辞めたい

これはいろんな要因がありますが、総じて、大学というものが楽しい場所じゃない、むしろ、つらい場所になってしまっているんですね。

・ただ大学行って、

・なんとなく授業聞いて、

・テスト適当に受けて、

・適当にバイトして、、

みたいな感じで、なんだか作業ゲーみたいな生活はちっとも楽しくないですよね

それじゃあ、長い4年間を通い続けるのは正直つらいです。

 

これらを踏まえて、「大学を辞めたい」あなたが取れる選択肢、取るべき選択肢を4つお伝えします。

大学を辞めたいあなた選べる4つの選択肢

大学に通いつつ、大学外のコミュニティを持つ

わりと、僕はこれが一番おすすめですね。

この通りですが、大学にはとりあえず最低限行きつつ、基本的には、外にコミュニティを持って、そこで居場所や成長、楽しさ得ましょう。

外に自分の居場所や成長場所を持てていれば、基本的に大学でぼっちでも大丈夫です。

加えて、余計な人線関係は切りつつ、最低限で通えて、ちゃんと卒業も狙えます。

すがしゅん
僕自身もずーっと辞めたいなと心のどこかで思っていましたが、大学3年から、このような動きを取ってから、大学生活が見違えるように変わりましたね、いい意味で、大学をいろいろある中の一つとして割り切って捉えられるようになりました。

就職活動を始めて、働き始める

あとは、在学中に就活や個人でのお仕事を始めて、辞めても辞めなくてもいい状態を作りましょう。

もう学生じゃなくて、社会人としていきたいんだという場合はアリかなと。

初めはインターンからスタートして、就職を視野に入れていけるといいと思います。

で、就職決まったら大学を辞めて、がっつり働くのもありかなと。

 

とはいえ、これにはデメリットもあるので、それは、この記事で知ってもらえたらと思います。

我慢して大学に行く

あとは、この辞めたい気持ちを持ちつつも、我慢して大学に行くパターンですね。

正直これ単体はおすすめじゃないので、やはり上で上げたように、通いつつも、外の環境や、挑戦の割合をでかくして大学生活を送りましよう。

すがしゅん
どんどん外に外に目を広げていきましょう。はじめはtwitterなどのSNSなどからでもいいと思います。

大学をやめる

最終は大学をやめるです。

ただ、

・本当に本当にめちゃくちゃ辞めたい

・それを自らの責任を持って、人生を歩める

という人以外はあまりおすすめしません。

もちろん、今の大変な気持ちやつらさはあるかと思いますが、かといって、辞めて変わるかはわかりませんし、外でも悩みを抱える可能性は0ではありません。

それに、学歴が関係なくなってきているものの、やはり「大卒」は今の日本では重宝している会社も少なくありません。

 

それらを考えて、それでもというなら、あなたの自己責任のもと選んでもらったらと思います。

 

大学を辞めた友人の話

ちなみに、参考までに大学を実際にやめた人の話を簡単にしておきますね。

僕の知人は、大学期間中に、社会人スキルやビジネス力、目指す方向性を明確にした上で、大学が必要ないと思い、辞めて、フリーランスとして活動しています。

彼に関しては、大学在学中に社会人に混じって、経験と実績を積んだが故に、辞めても大した打撃はなかったようでした。

 

というように、逆に言うと、正直このくらいでないと、大学をやめるというのはかなりのリスクだと思うんですね。

何も身に付けずに、大学を辞めて飛びだすのは、厳しくいうと、Tシャツで、エベレスト山脈に登るようなものなんですね。

なので、仮にあなたが目指すもの、それに対する強い想いと、スキルや実績を付けていけてるなら、その道もありかなと思います。

すがしゅん
そこらへんも相談には乗れるので、よかったらお気軽にDMくださいね。

結論、大学に通いつつ、大学外にコミュニティや切磋琢磨できる仲間を持つのがベスト

もう上で言ってますが、結論、大学はやめずに、片足だけ起きつつ、大学外のコミュニティで居場所を持ったり、成長、充実をつかむのがベストかなと思います。

わりと僕がこの選択肢を取って、かなり大学中もその先も前向きに進んだので、わりとこの選択肢はありなんじゃないかなと思います。

とはいえ、自分の人生に責任を持てるのは自分でしかないので、あなたが後悔しない選択肢を取ってもらえたらと思います。

 

すがしゅん
ここまで体験ベースで書けるところまで書いてきましたが、やはりブログだと、一人一人には向き合えないので、もし本気で、この先を考えたいなという方は、相談乗るので、ご連絡くださいね。

 

 

 

関連記事(一部広告含む)