【転職軸の作り方】Will.Can.Mustで考える【キャリアカウンセラーがわかりやすく解説】

Pocket

転職の軸がわからず困ってる人

転職したいもののいまいち自分の軸がわからない

なしで転職するのは危険そうだから、の作り方を知ってを固めたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、転職時の自分の軸の作り方をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして学生や社会人のキャリアサポートを行っています。

就活時、転職時に重要な軸の作り方を知って、あなたにとって明るいキャリアアップができるきっかけにしていただければ幸いです。

転職の軸の作り方は、Will.Can.Mustを明確に【キャリアカウンセラーが解説】

就活の軸の作り方は、Will.Can.Mustを明確にすることでできます。

かんたんにWill.Can.Mustを解説すると、元々はP.F.トラッカーが提唱していた理論です。

リクルートなどでも用いられている理想のキャリアを描く上でとても有効なフレームワークの一つですね。

このフレームワークは転職や就活時にもとても重要なのでぜひ、知っていただけたらと思います。

むしろ、このWill.Can.Mustがないと、

✔ 何のために働くのか

✔ なぜそこで働くのか

がわからなくなる可能性が高いです。

したがって、転職時も、その後も納得いくものにならなくなってしまう可能性が高いです。

まずは転職の軸となるWill.Can.Mustをそれぞれ何か解説します

すがしゅん
Will.Can.Mustを少し深堀してみていきます。

・Will(やりたいこと)

・Can(できること)

・Must(やらなければいけないこと)

①Will(やりたいこと)

✔ 自分は何がやりたいのか

✔ どんな人物になりたいのか

✔ どんな人生を送りたいのか

というもので、自分の人生の幸せや目的ですね。

Willがまずキャリアを考える上でスタート地点になります。

遠いものも近いものもあると思いますが、今思いつく限りで、一度書き出してみるといいですよ。

②Can(できること)

✔ 自分は何かできるのか

✔ どんなスキルを持っているのか

自分がこれまでの人生やキャリアで積み上げてきたものを、大小問わずに書き出しましょう。

この時に、

👤「自分なんて」とか

👤「これってできることなのかな」

とやたら謙虚になりがちな人が多い印象があります。

けれども、それではなかなかCanが出てこなくなってしまいます。

なので、まずは棚卸することが大事だと考え、大小問わずに少しでもできることを書き出しましょう。

③Must(やらなければいけないこと)

周囲からの期待のことです。

つまり、何を求められているのかということです。

その会社や業界、役割では、どんな人やスキルや価値観を期待されて、求められているのか、すなわち需要と捉えてもいいかもしれませんね。

転職の軸はWill.Can.Mustが重なる点を見つけること

ここで自分のWill.Can.Mustを棚卸できたら、実際に3つが重なる点を見つけましょう。

⑴あなたの人生に沿っていて興味関心、価値観が満たされて(Will)

⑵それが多少なりともできて(Can)

⑶かつ求められている会社、業界、役割(Must)

が重なるところ

があなたにとってのよりよい転職をする上での軸になるかと思います。

すがしゅん

上の状態が理想ですが、今まで積み重ねてきたCanがなかなか無い場合は、それを身につける努力をしましょう。

もしくは、それをできるようになりたいという気持ちと、その言葉、思いに説得力を持てるような行動をとっておくと良いかと思います。

Canがない、少ないなら、次の3パターンで解決

スキルを独学+実践でスキルアップ

今は便利なものでスキルを高める情報自体は色々と出回っています。

なので、それを本や動画を使って独学で学び、実際に取り組んでみてスキルアップを図れます。

例えば、僕はこのブログは、

・他の人の上手なブログを読み

・書き方や伝え方を学んだり

・伝える内容も自分の体験や本などから独学し

・それを毎日書くことで実践して

・スキルや実績に

変えています。

ブログであれば、

✔webマーケティングスキル

✔ライティングスキル

✔心理学スキル

などが身につきます。

なので、自分で自ら学び、行動に移せる方は、仕事の隙間時間や休日、朝や夜を使ってコツコツ積み重ねていくのはありかなと思います。

ブログをはじめていきたい場合は、本やブログで学び、実践していくといいと思いますよ。

スクール+実践でスキルアップ

自分でやるとなるとなかなから続かないという場合。

であれば、モチベーション管理や最短のやり方を教えてくれるようなスクールを使うのも手です。

例えば、今よくあるのはプログラミングスクールなど。

ここらへんで最短の方法を学びつつ、実践していけると、プログラミングスキルを武器にできます。

すがしゅん
ここで取り上げたプログラミングはわかりやすい一例ですが、他にも探してみると、魅力的な職業やスクールなどがあるので、ぜひググって見てくださいね。

プログラミングスクールTECH::CAMPを見てみる

スキルを学べそうなところに入れる役割で入って、得たいスキルは空き時間や希望を出して学ばせてもらう

先に転職をしてしまって、転職先でスキルを身につけるパターンです。

転職先へ入るのは自分の今までの積み上げて残ったもので入り、その職場をスキルアップしたいものが手に入る場所にして、働きながら、スキルアップを図ります。

この時のポイントは、これまで頑張ってきたことや成果から、あなたのポテンシャルをいかにアピールできるかの勝負になります。

なので、過去の行動や結果の洗い出しと、働きたい企業が求めているものや好いている思想や考えを極限まですり合わせましょう。

最後に、意外としっかりと棚卸をするとCanがあったりもするのでそこも抜け漏れなくするといいです

ここまで

「Canがない」

という前提で説明してきましたが、意外と身近に

「Canが隠れていることもある」

ので、そこにも目を向けてみましょう。

例えば、

✔ Twitterのフォロワー1000人いますとか

✔ ブログ累計200記事書いてますとか

✔ キャリア相談乗ってますとか

意外と普段の生活にCanが隠れている場合もあります。

なので、たいそうなことよりもむしろ、

👤「これでいいの?」

と思うものも含めて、洗い出してみて、これって何かの武器にならないかなと考えてみてください。

ぜひ、あなたの転職の軸が定まり、明るいキャリアアップができますように。

 

関連記事(一部広告含む)