【保存版】転職で失敗しない10のポイント【キャリアカウンセラーが解説】

Pocket

 

転職の失敗しないポイントを知りたい人

近々、転職を考えている

でも、転職で失敗した時のリスクが怖い

転職で失敗しないためのポイントを知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、転職で失敗しないための10のポイントをお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして、学生や社会人のキャリアサポートを行っていて、今回は、転職時に失敗しないためのポイントをお伝えし、あなたがプラスのキャリアアップができるお手伝いができたら幸いです。

 

転職で失敗しないポイントを押さえてキャリアアップ

今や、わりと転職が当たり前となってきていますが、あんまり転職に関して質問できる場所や実態がないというのも現状かなと思います。

転職サイトとかでは、キラキラしている実績を掲げているから、さぞみんな上手くいってるのかなと思ってしまいますよね。

 

とはいえ、転職で失敗して、人生を棒に振りたくないし、万全でのぞみたいのが本音だと思います。

なので、今回は、ここだけは押さえておいた方がいい、転職で失敗しない10のポイントを紹介します。

(ここではテクニックというより基盤となる考え方をお伝えします。)

ちなみに、これは就活生も考えるべき点なので、そうゆう方も参考にしてもらえたら幸いです。

 

転職で失敗しない10のポイント

自分の市場価値を知り、それを上げられる所を選ぶ

自分の市場価値を知りましょう。

そして、その市場価値を高められる所を選びましょう

市場価値とは、

✔ 技術資産

✔ 人的資産

✔ 業界の生産性

の3つの軸で判断できるいわゆる社会においての自分自身の人材の価値のことです。

 

それぞれざっくり説明すると、こんな感じです。

技術資産

➩職種や会社が変わっても使える能力で、営業やマーケティングなど

人的資産

➩あなたのために動いてくれるような人がいるかどうかの大きさ

業界の生産性

➩一人当たりの粗利で、給料の源泉

この通りでして、これらの3つの観点で見たときに、この市場価値が今より高められるのかを見るのが重要です。

この3点を高めれば、自然と活躍の幅も広がり、スキルも上がり、給料も上がるという良い循環を作れます。

すがしゅん
キャリアは積み重ねなので、転職時に、今よりもこの3点で上げられることを意識すると、自分自身の市場価値が上がり、キャリアップに繋がります。

企業の働きやすさを見る

これは、その企業がどんな体質や文化を持ったところなのかを見るということです。

その会社で働くということは、週5でその環境に身を置き、顔を合わせることになります。

だから、そこにいる空気感が合わなければ居心地も悪いですし、あなたの力が最大限に発揮できません。

 

なので、そこで働く人と話す機会を作ったり、見学をさせてもらい、職場の働きやすさを確認してみてください。

👤「図々しくないかな?」

と思うかもですが、むしろそのくらい真剣な方が企業の方も気にかけてくれますし、何より人生を前進させるためにそのくらいやるくらいの方が後悔ないものにできるかと思います。

転職後の企業での活躍可能性を見る

「自分がその企業で活躍していける状況が見えるか」は重要です。

見るべきポイントは、特に転職や中途の人がその中で活躍機会があるかどうかです。

企業によっては、新卒が優遇されて中途の人は活躍しづらい場合もあります。

 

なので、「その企業で活躍する役員などに中途や転職の人の割合はどのくらいなのか」

を調べたり質問して、転職後にどうなれるかを事前に確認しておくといいです

業界のマーケットの伸びを知る

業界のマーケットの伸びを知るのはとても重要です。

 

例えば、今、運送業界に行くとなったらどうでしょう?

もちろん、独自性や生産性の高い一部は残るかもしれませんが、業界全体としての伸びはなかなか見込めません。

なので、この業界に行ってもなかなか市場価値はあげられないことが分かります。

 

一方で、テクノロジー系の業界は市場が伸びていて、今後も伸びが予測されるので、マーケットバリューをあげていけます。

このマーケットの伸びを捉えるかどうかで給料や自己バリューが大きく変わってきます。

関連記事
【20代必読】これからの安定した仕事・業界とは?【今までの安定を鵜呑みしたら危険】[/box

社内の信頼できる人以外には話さない

これも意外とやりがちですが、基本的に、転職中には社内周りには言わない方がいいです。

なぜなら、足を引っ張ってくる人が少なくともいる可能性が高いからです

話を聞くに、

・噂を広められたり

・いじめられたり

・邪魔されたり

と、いいことは一つもないので、本当に信頼のおける人以外には、転職が決まって、変わるギリギリまでは口外しないのが得策かなと思います。

余計な見栄やプライドは捨てる

これも大切でして、余計な見栄やプライドで、

・大企業から転職だなんて

・ベンチャーや中小へなんて

みたいな考え方は捨てましょう。

むしろ、今はベンチャーや中小で個人の専門性やスキルの高い人の方が活躍していけますし、未来の市場価値も高められます。

例えば、IT系では独立できている人も最近は多いので、余計なプライドは無視して、自己バリューアップを図りましょう。

転職エージェントに言われるがままではなく、こちらが活用する姿勢でいる

これも超重要です。

以前の記事でも書きましたが、転職エージェントはビジネスモデル上、早く転職者を転職させたいところもあり、バンバン転職先を提案してきますが、それに飲み込まれては本末転倒になります。

はやく決めることじゃなくて、あなたのキャリアをアップするために転職するんですよね。

すがしゅん
もちろん情報量や人脈を多くもつ、エージェントはとても有用なので、鵜呑みせず、こちらもどっしりと構えて、活用させていただく形で転職エージェントを使いましょう。

口コミを必ず確認する

あと、これですね。

口コミが何よりも一番信用があります。

食べログてきなのですよね。

結局、そこにいる人が本音で書いたものが、ある意味真実なので、口コミを見ておくことで、転職後が想像しやすいです。

会社の口コミサイトはキャリコネなどが王道ですかね。

すがしゅん
ぜひ、こうゆう有用なものを活用しつつ、ミスマッチを事前に防ぎましょう

自分の興味関心、価値観が満たされるかを見極める

基本的に給料やお金に目がくらむ人が多いですが、これもナンセンス。

目先のお金じゃなくて、市場価値を高めましょう。

 

3年間給料がよくても、衰退産業で、4年後から年収もしくは業界がないとかというふうになることもありますし。

それよりも、あなたの興味関心、価値観が満たされるものを選ぶことであなたの自己バリューを高められます。

好きはものの上手なれ

という言葉のように、好きが一番あなたを強くするので、伸びる業界の中で、自分の興味関心、価値観が満たされる場所を見つけましょう。

すがしゅん
あと、実際好きなものを極めていく先に、自己バリューが高まって結果的に、市場価値が上がるので、そうゆう意味でもかなり理にかなっているかと思います。

転職手段は複数持つ

転職となると、転職エージェントだけに頼りがちですが、ほかにも方法はあります。

人づての紹介やSNS、マッチングサービスなどなど、ほかにもあるので、アプローチ方法を複数持って、繋がれる人や企業の幅を持ちましょう。

一個に絞ってしまうとどうしても情報などにも偏りが出てきてしまうので。

最終判断は自分(一番重要)

転職という人生の大きな選択で、どうするかの最終判断を決めるのは自分です。

自分の人生で、自分のことを一番わかっていて、自分の人生に責任を持てるのは自分以外誰一人いません。

 

なので、自分の人生を自分の手で、自分で意思で切り開きましょう。

この意志を持って、キャリアを歩んでいければ、基本的に後悔なく前を向き続けて歩いていけるので、結果的に成功に近づいていけると思います。

今は便利で情報やサービスは出回っているので、それらを活用しつつ、最後は自ら「これだ!」と心から思える選択をしていっていただけたらと思います。

 

以上が転職で失敗しない10の方法でした。

転職で失敗しないか不安じゃない人はいないです、その不安を万全な準備に変えればきっと前向きな転職ができるはず

転職に限ったことではありませんが、経験したことのないことや、「絶対」ということが保証されていないことをするのはとても不安ですよね。

それは多くの転職者や就活生が同じような気持ちを抱えているかと思います。

 

実際、僕も現在フリーランスとして、わりと人生のリスクを取って生きていて、この意思決定をした時に不安が無いといえばうそになります。

でも、この不安をただ不安で終わらせずに、むしろ不安を味方に、失敗しないために万全の状態と覚悟を持っていけば、きっと人生は切り開けると思って生きています。

なので、きっとあなたも切り開けるはずです。

すがしゅん
とても精神論で暑苦しいかもですが、あなたの勇気が0.1ミリでも湧かせることができていたら幸いです。

 

深掘りできるものは、見出しごとのしたにあるリンクから、記事に飛んでもらい、理解を深めるのに活用してみてください

 

あなたの転職活動が前向きに進みますように。

 

関連記事(一部広告含む)