自己暗示の効果はありました【大学3年の時に自己暗示にはまっていた僕の実体験】

Pocket

 

どうも、ライフコーチとして活動しているすがしゅん(@career_places)です。

この記事では、当時大学3年の僕が、ひたすらに自分に自己暗示をしてきた経験をシェアします。

実際に、自己暗示って効果があるのかをお伝えします。

 

人生にさまよっていた時期に出会ったのが自己暗示という考え方

当時3年の僕は、やりたいこともない、できることも少ない。

辛うじて環境には恵まれていましたが、みな周りのレベルが高く気を病んでいました。

それにより異常な焦りを覚えていました。

人はこの状態に陥ると、

・めちゃがむしゃらに行動しまくるか

・全く何も行動できなくなるか

のどちらかになります。

僕は、後者の何もしない人間に陥りました。

 

何もしなくなったとはいえ、ずっと寝てるわけにもいかないので、ひたすら自己啓発本や自己啓発ブログなどを読み漁ってましたね。

この時に、7つの習慣などを読みました。

(今となっては、世の中の本質に気付かせてくれる良本だなと思いますが、当時はその本質に1ミリも気付けていなかったと思います。)

結局どうなったかというと、自己啓発系のものに共通して書いてあったことを実践することにしました。

 

そのひとつが、自己暗示です。

自己暗示の効果で、人生が改善した

マザーテレサの思考が具現化するとか。

江原啓之さんのセルフイメージで人生は変わるよ。

っていうのだったりに影響を受けて、

👤「あ、自分のことが”良い”とか、”できる”とか、”うまくいく”って思い込めればいいのね

と。

 

そこから何をしていったかというと、

・松岡修造の「できるできる、君ならできる」という音楽を延々ループで聞く

・寝る前やお風呂で「できる、できる」口ずさむ

などとひたすら、自己暗示を繰り返しました。

 

その結果、どうなったかというと人生がプラスの方向に転じていました。

 

なぜ自己暗示に効果があったのか?脳科学的に分析してみた

ただ、今冷静に振り返ると、なんで変われたのだろうかと思い、分析してみました。

科学的にも何か理由があれば、再現性を持って、他の方にもシェアできると思ったので、なぜ自己暗示をひたすらやった結果、変わることができたのかを分析結果をシェアします。

 

僕がやった行動と流れ

①自己啓発本、自己啓発ブログを読み漁る

②YouTubeなどで自己イメージを高めそうなものを聞きまくる

③寝る前、風呂で自分に「できる」と言い聞かせる

④上の3つ続けてたら段々体を動かし始めた

 

まず結論として、自己暗示は脳科学的にも効果がありそうです

研究によると、脳が人間の感情や性格、思考、行動に影響を与えているそうで、自分自身で脳に上手く働きかけができると、上記に挙げた4つが改善されていきます。

また、脳は、常に人の発する言葉に聞き耳を立てており、特に、自分で感情を乗せて発した言葉に強い影響を受けます。

良い言葉は、良い感情を増大させ、悪いのは悪い感情を増大させます。

 

たしかに、世界で活躍する人たちはわりと自己暗示に近いことをしている

実際に、思い浮かべてみたら分かりますが、世の中の成功者と言われている人は、みな共通して使っている言葉や振舞いがプラスなんですよね。

イチロー選手や長友選手などのスポーツ界で結果を出している人も、自分へのイメージトレーニングをしています。

繰り返しプラスや成功のイメージを自分で思い浮かべたり、口に出したりして、行動の量や質が高まっていくからです。

 

現に、僕も自己プラスのイメージを繰り返し、自身に刷り込んでいった結果、行動するようになって、色々なことに取り組むようになりました。

実際に行動をはじめ、その体験やイメージが自分に刷り込まれることで、より脳にプラスのイメージが作られ、改善が加速していきました。

 

注意: 自己暗示は効果はあるけど、依存してはいけない

このように、

・自己暗示だとか

・セルフイメージだとか

ちょっと胡散臭かったり、怪しく見えるものですが、脳科学的に正しかったようです

 

ただ、注意点としてとして、この自己暗示は自分のイメージを高めたり、前進するお手伝いはしてくれますが、これに依存しているだけでは現状は変えられません。

現に、僕も効果出たのは、この自己暗示でイメージが高まったのに加え、

・自分で勇気を振り絞ろうと決意

・環境を自ら変えていった

結果なので、自己暗示は依存するのではなく、上手く活用するといったスタンスで取り入れてみるといいかもしれません

 

今現在では、この自己暗示を無意識的に、都合よく取り入れ、前進を助けてくれているので、ぜひ試してみてください。

 

 

関連記事(一部広告含む)