【簡単】ポジティブになる方法10選【元ネガティブ人間が解説します】

Pocket

 

ポジティブになる方法を知りたい人

ポジティブになる方法について知りたい

わりとネガティブよりの考え方だから、なんとか改善したい

元々ネガティブからポジティブになった人の体験談などを参考にしたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、ポジティブになる方法10をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして活動していまして、もともとかなりのネガティブ思考強めで、相当闇の時期を経験しています。

今はそこから脱して、ポジティブになることができ、毎日楽しく生きられるようになりました。

今回は、その経験や勉強したことを踏まえて、ポジティブになる方法を紹介できたらと思います。

 

そもそもポジティブとは?どんな意味?どうゆう状態?

念のため、ポジティブの意味や状態を簡単に説明しておきます。

わりと、

「ポジティブ、ポジティブ」

という言葉は出回っている一方で、そもそもポジティブってなんだっけという方も少なくないと思うので。

意味や状態を理解せずいては、正しく改善できないので、ぜひ、ザッと目を通しておいてもらえたらと思います。

 

ポジティブとは、

ポジティブ(positive)は「積極的」「肯定的」「前向き」という意味の言葉です。
積極的は「自ら進んで物事に取り組むさま」、肯定的は「その通り、それで良いと認めること」という意味の言葉です。

引用 : ポジティブ(positive)の意味をわかりやすく意味解説ブログ

言葉そのもの意味としては、上のような意味です。

特に、ここで書いているポジティブの意味として、自分に対して、

”その通り、それで良い、ありのままを認められている状態”

をイメージして書いています。

 

なので、記事を参考にしていただき、あなたが別に急に陽気になったり、テンションアゲアゲになるというよりかは、あなたがあなたらしく、自分を認められる状態をお手伝いできるかと思います。

【簡単】ポジティブになる方法10選【元ネガティブ人間が解説します】

もともとネガティブ人間でしたが、いざポジティブになれて思うことは、ポジティブに生きる方法は簡単だというです。

なので、ぜひあなたも、ポジティブになるのは案外簡単だというとらえ方をしつつ、この記事を読むようにしてみてもらえたらと思います。

すがしゅん
この自分の思い込みフィルターを取ってあげるだけでポジティブになる大きな一歩目を歩き出せます。

都合のいい解釈、都合のいい方向から見る(考え方)

モノゴトやできごとという事実へのとらえ方を工夫しましょう。

 

例えば、石が割れたとします。

これ自体にポジティブもネガティブもないですよね。

でも、その石が自分の先祖のお墓の石だった場合はどうでしょうか。

おそらくネガティブな印象を受けるかと思います。

 

つまり、割れたということに、僕たちの気持ちや心が、それに対してネガティブやポジティブという色をつけてるんです。

ということは、その起きた事象やできごとに、こちらに都合のいい解釈をしてしまえば、ポジティブにとらえられるようになるんですね。

 

例えば、風邪をひいて、行きたかったイベントに行けなかった。

この時に、

👤「イベントにいけなくてなんて最悪なんだ」

と思うのか。

それとも、

👤「ここでしっかり休めたから、明日からの仕事や学校を休まずに頑張れる」

と捉えるかで大きく心は違います。

繰り返しになりますが、モノゴトに色付けをしているのは紛れもなくぼくたちなので、その色付けを意識してみましょう。

一緒にいるとポジティブになるような人の近くにいる(環境)

これはある意味、先ほど紹介したものを自分の体に刷り込ませるために使えます。

どうゆうことかというと、基本的には、人は環境に左右される生き物で、

✔ 誰といるか

✔ どんな情報を入れるか

✔ どうゆう行動をとるか

にかなり影響を受けます。

なので、ポジティブな人と会話したり、行動を共にすることで、物事の「都合のいい解釈」の当たり前を自分にも取り入れて、ポジティブな解釈になれます。

太陽の光をめいっぱい浴びる(具体的方法)

これは、意識とか、気合いの話ではなく、科学的に立証されている方法です。

太陽をめいっぱい浴びることで、人はセロトニンを分泌し、これが幸せホルモンと言われていて、その力でとても気分が良くなります

この状態を持って、1日をスタートできると、ここまで紹介した方法を効果を出しやすくなりますし、通常状態でもポジティブに捉えやすくなれるかと思います。

 

マインドフルネス瞑想を活用してみる(具体的方法)

ポジティブになる方法として、マインドフルネス瞑想を取り入れてみるのもいいかもしれません。

”今をここ”

を感じ、穏やかな精神状態を作れるので、ネガティブに引っ張られないポジティブな状態優位にすることができるかと思います。

すがしゅん
僕自身、マインドフルネスを取り入れてから、ポジティブ度は増しましたよ。
近日、このブログでマインドフルネスについての記事を公開するので、お待ちください。

無理にポジティブになろうとしない(考え方)

わりとこれはあるあるですが、

ポジティブ、ポジティブ、ポジティブ

とポジティブ信者になるとかえって、ポジティブになれないというジレンマあります。

僕自身も、

”ポジティブでなければならない”

と思っていた時期はとてもつらかったですし、一向にポジティブにはなれませんでしたね。

そこから、

「まぁ、ポジティブであれたらいいな~ネガティブもポジティブも含めて自分だな~」

というとらえ方になってから、気付いたら自分らしく、そしてポジティブになれていました。

 

すがしゅん
以前、こんなツイートをしましたが、まさにこれで、義務感や焦燥感はかえって、本来目指すものを達成しづらくなるんです

本気になれるもの、夢中になれる仕事や趣味を見つける(具体的方法)

本気や夢中を持てているとポジティブになりやすいですね。

なぜなら、本気、夢中モードに入れている時って、余計なネガティブなことを考える余裕がないからです

 

例えば、本気で野球に取り組んでいたり、ディズニーランドで夢中になっている時に、ネガティブなことって考えないですね。

そんな感じで、仕事や趣味などでも、本気、夢中を見出せるようになると、常に余計なことを考えず、ポジティブな状態でいられます。

すがしゅん
ちなみに、僕は、ブログに夢中なので、これを書いている時間はこの上なく幸せです。

 

生活習慣を健康的にする(具体的方法)

①食

②睡眠

③ストレス

大きくこの3つに関して改善できるような生活習慣を心がけることで、ポジティブになれます。

身体に悪いものや暴飲暴食は、身体だけでなく、メンタルにも大きく影響を与えて、マイナスを生みます。

睡眠やストレス解消に関しても同様です。

むしろ、現代社会では、ここが原因でネガティブになっている人も相当多いと思うので、心当たりがあれば、ぜひ生活習慣の見直しをしてみてくださいね。

すがしゅん
僕も生活習慣が乱れに乱れていたので、改めてみたら即変化を実感できましたよ。

足るを知る(考え方)

老子が残した言葉にこんな言葉があります。

”足るを知るものは富む”

 

この言葉の意味は字の通りで、今を受け入れ満足できる人は、豊かになれますよということです。

ポジティブになるための考え方としては、とても参考にできますね。

今こうして、インターネットを使えていることや、生きることができていることに感謝と満足を持つことで、ポジティブになれます。

ぜひ、今の当たり前の奇跡に目を向けて、足るを知れるようになってみてください。

他人に親切にする

これは今すぐにでも実践でき、効果的です。

他人に親切にしてあげることで、その自分自身に対してもポジティブイメージを持てますし、他人に親切にすることで、「ありがとう」が返ってくることで、二重でポジティブになれます

なので、ぜひ、身近な人から、親切を積み重ねてみてくださいね。

補足: ポジティブになるのも大切ですが、ネガティブを毛嫌いせず共存することが大切です

ここまでポジティブにフォーカスして書いてきて、ネガティブが悪者みたいな印象を持たれると行けないので、補足します。

ネガティブは、ポジティブと並んで、僕たちにとっては必要なものなので、決して毛嫌いしたり、自分から排除はせずに、むしろ共存するように心がけることをおすすめします。

ネガティブは、ある種、僕らを危険や大きな失敗から守ってくれるものでもあるので。

なので、ポジティブで満たされつつ、ネガティブ君の力も借りつつ、毎日を自分らしく生きるかてにしてもらたら幸いです。

 

あなたの毎日がポジティブでステキな日々になりますように。

 

関連記事(一部広告含む)