【今すぐできる】余計なことを考えない3つの方法【カウンセラーが解説】

Pocket

余計なことを考えてしまう人

余計なことを考えないように意識してるのに、余計なことを考えてしまう

まだ起きてもいないことに、やたら怖くなってしまったり、不安に思ってしまう

ついすぐ悪いことになるんじゃないかと想像して気持ちが落ちこむ

余計なことを考えてしまって、やるべきことや楽しむときも手に付かない

というあなたに向けて、

 

この記事では、【今すぐできる】余計なことを考えない3つの方法について、僕自身の経験やカウンセリングの中でのノウハウや心理学的な観点などを踏まえて、わかりやすくお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、カウンセラーとして相談に乗っており、また自身も昔から余計なことを考えてしまう癖があって悩んでいた経験もあるので、ぜひあなたのお力になれればと思い、この記事を書いています。

誰も好きで余計なことを考えてしまうわけではないですし、解決したいお気持ちもとってもよくわかります。

なので、ぜひこの記事を通して、少しでも改善に向かってもらえたらと思います。

すがしゅん

実経験と、知識てきな両面を踏まえているので、きっと活かしていただけると思いますので、ぜひ実践してもらえたら幸いです。

 

【今日からできる】余計な事を考えない3つの方法

1、余計なことを「考えない考えない」ではなく、「考えてもいいや」の意識を持つ

繰り返しになりますが、余計なことを考えたくて考える人はいないと思います。

なので、おそらく、そんな湧いて出てきてしまってる余計なことを、

「考えないように考えないように」

というふうに思い、なんとか食い止めようとしますよね。

そう、これが実は、余計なことを考えてしまう、それが止まらない原因になってるんです。

なぜなら、心理学的に、人は禁止をされると、反対にそれをしたくなってしまうからなんです。

「やるな、やるな」

禁止すればするほどやりたくなるようにできているんです

口で言うより体験するのが一番かと思うので、例えば、この文章を読んでみてください。

今、かわいいチワワを思い浮かべないでくださいね

ぜーったい、ダメですよ、チワワを思い浮かべちゃ

チワワについては考えないように、気をつけてくださいね、ダメですよ

どうでしょうか?

おそらく、頭がチワワでいっぱいになったかと思います。

そう、このように考えるのを禁止すればするほど、人はもっと考えてしまうようにできているんですね。

それゆえに、

👤「余計なことを考えない考えない

としてしまうと、かえって余計なことばかり考えてしまうんです。

で、食い止めようとしてるのに、止まらず、また

「考えない考えない」

とやってしまい、さらに悪化というような最悪の悪循環になってしまっている可能性が高いんです。

なので、むしろ、

👤「まっ、余計なことも考えちゃってもいいや」

くらいの良い意味で開き直ったスタンスでいると、案外、少しすると、別のことに意識がシフトされたりしますよ。

すがしゅん
これ、僕自身も実践してみたら、驚くほどに効果があったのでぜひ試してみてください。「余計なことも考えてるなぁ自分、人間だもの」みたいに思いつつ、ほかのこととかに意識を向けてみてあげてください。

2、何とかなるさを口癖、思い癖にしてみる

この通りですが、なんとかなるさスタンスになると、気が楽になれて、余計なことを考えてしまっても、すぐに復帰できます。

とはいえ、

「それは頭ではわかってるよ、そう思えたら苦労しないよ!」

というふうに思われると思うので、そう思えるようになる武器になることをお伝えしますね。

振り返ってみてほしいのですが、

・不安だなぁ

・こうなったら嫌だなぁ

・これが起きたら怖いなぁ

って思ったことって、現実にいくつ起こりましたか?

多分、ほとんどのことって、取り越し苦労で起こってないことの方が多くないでしょうか?

そうなんですね、これも生物の生存本能的なもので、生物として生き残るために、不安を考えるようにできてるからなんですね。(あなたは悪くないんです。)

なので、ここを理解した上で、

余計なことや不安なことを考えるのは、本能だししゃあない、実際にはほとんどのことは起きないし

というふうに考えてあげると、だいぶ気も楽になってくるかと思います。

すがしゅん
こうやって生物学的なところで、しゃあなしの現象なんだなというのを知ってるだけでも変に自己嫌悪に陥りづらくなるし、客観的に自分を見れるようになるので、いいですよね。

3、何かに没頭、夢中になる

ここまで書いてきた2つでもだいぶ改善されると思いますが、ダメおしでもうひとつ紹介しておきます。

確かに、頭では理解してきても、それでも

・実際にやるとなると、なかなか難しいな

・その時になるやっぱり考えて不安になって、焦ってしまう

というときは、何かに没頭することで解決できます。

趣味でも、仕事でもなんでもいいです。

とにかく、本気で取り組める、夢中に取り組めるものに没頭、のめり込みましょう。

ゲームでも、スポーツでもいいと思います。

たいてい、こうゆうのに入り込めれば余計なことを考える余裕がなくなります、いい意味で。

時間を忘れて、のめり込み、気づいたらあれこれ考えてたことを忘れてしまっているかと思います。

すがしゅん

ここまで書いてて思ったのは、人は、時間的余裕や暇を持て余すと余計なことを考えてしまう生き物だということです。

適度に忙しく何かに取り組んでいた方がある意味幸せなのかなって思ってたりします。

【まとめ】余計な事を考えない方法は、思い浮かぶことに抵抗せず受け入れ、何かに没頭できている状態を作ること

ここまで書いてきた通り、あまり自分を押さえつけたり、矯正することはかえって自分を苦しめます。

なので、むしろその考えと共存するというスタンスを持てるといいかと思います。(気楽に)

それでいて、もし、今夢中になれるものや没頭できるものがなければそれを見つけるアクションをとってみてください。

そういった没頭できることに取り組むことで、自然に余計な事を考えることは減っていくかと思います。

👤「趣味も没頭できるものもないよ〜」

っていう人は、個人的には、読書がおすすめです。

読書は、世界に没頭して余計なことを考えないですし、かつ自分の価値観や知識が広がり、世界を手軽に広げられるので、一石二鳥ですね。

すがしゅん
実際に、知識が広がることで悩みや不安へ解決法や対処法もたくさん持てるようになるので、お守りにもなりますよ。

あなたが、余計なことに悩まされずに、すっきりとした毎日を過ごせますように。

 

関連記事(一部広告含む)