【成長する方法】成長したいなら、○○な人の近くにいるようにしましょう。

Pocket

 

あなた

成長して、どんどん出来ることを増やして日々を充実させたい!

というあなたに向けて、思っているあなたに向けて、実体験に基づいた、とっておきの成長方法をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、フリーライフコーチ兼ブロガーとして活動していまして、人の成長のお手伝いをする傍ら、自分自身も成長するために日々を過ごしています。

そんな中で、見えてきた、どうすれば成長できるかについてシェアできたら、幸いです。

 

成長シリーズは色々、作れると思いますが、この記事では、1つあなたに実践していただきたい、とっても簡単な方法をお伝えします。

 

成長したいなら、あなたが耳の痛いと思うことを言ってくれる人の近くにいましょう。

あなたが、もし成長したいのであれば、あなたが耳の痛いと思うことを言ってくれる人の近くにいきましょう。

そうすれば、きっと、あなたは人間的に大きな成長を遂げ、たくさんの人があなたを慕い、感謝し、協力してくれるようになります。

 

「言われて耳が痛いな~」と思うこと、つまり、あなた自身の問題点や改善点、課題点をしっかりと伝えてくれる人と近くにいることで、あなたの成長が促されます。

正直、居心地てきには、ビシバシと言われるので、内心「うわ~、また言われる~」みたいな感じ少し億劫になりますが、それを言ってくれる人こそが、あなたの成長には必要です。

もちろん、あなたを褒めてくれる人も大切ですが、成長、前進するためには、お尻を叩いてくれる人が必要です。

 

耳の痛いことを言ってくれる人は、おそらくあなたが、思わず距離を置いてしまいたくなる人物の可能性が高いので、もしかすると、今はあなたの近くにいないかもしれません。

すごいわかります、僕もできれば耳の痛いことを言われる人から遠ざけたくなってしまうので。

 

でも、実は、そうゆうちょっと遠ざけたくなる人こそが、あなたの成長にとても重要な人なので、ぜひ、勇気をもって、耳の痛いことを言ってくれる人に近づきましょう。

もし今、いないのであれば、そうゆう人を探しましょう。

 

耳の痛いことを言ってくれる人は誰でもいいわけではなく、理不尽なことや愛のない態度の場合は、あまり近づかない方がいいです。

どう見分けるかというと、あなたの感覚値で「この人は愛がないな」と感じたのであれば、おそらくそうなので、距離を取ってください。

 

ぜひ、愛をもって、あなたのためにあなたの耳に痛くなるようなことを言ってくれる人の近くへ行きましょう。

きっと、あなたの成長が促進されて、どんどんできることが増えていくかと思います。

 

 

 

関連記事(一部広告含む)