失敗が怖いから克服するための方法【過去の偉人に学べば失敗が怖くなくなる】

Pocket

 

失敗が怖くてなかなか踏み出せない人

なかなか挑戦できない

もう少し考えてからやってみようかな

やらなきゃいけない、手を動かさなきゃいけないのはわかっているけどなかなか踏み出せないな

というあなたに向けて、

 

この記事では、偉人の名言を借りつつ、失敗の重要性、一歩を踏み出す大切さをお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)はライフコーチとして活動していまして、人生相談やキャリア支援をお仕事にしています。

その中でなかなか失敗が怖くて踏み出せない人と出会うこともあり、この記事でそうゆう方の背中の後押しができればと思います。

また自分自身、めちゃくちゃたくさん失敗してきたので、それも踏まえつつ、失敗を恐れず挑戦することの重要性をお伝えできたらと思います。

 

失敗するのが怖いを克服する方法は、失敗へのイメージを塗り替えること

よく世間では、キラキラの結果を残した偉人を取り上げますが、たいていキレイなところだけ見せられますよね。

でも実際、9割の人はキラキラな部分の裏側に、相当な泥臭い努力と挑戦、失敗を繰り返してきてるんですね。

世の中で結果を残している人ほど、数をうって、めちゃくちゃ失敗して、痛い目にもあってるんです。

 

何が言いたいかというと、そもそも世の中の人は、みんな失敗してるし、むしろそれがその先の成功や充実の大きなかてになっているということです。

「はじめは失敗するのが当たり前。」

基本的に、これが真実であり、失敗を積み重ねている人ほど、失敗は尊いものであり、決して恥ずかしいとか、つらいものではないととらえています。

 

実際に、失敗に対する考えを世の中で結果を残している偉人の言葉見てみましょう。

失敗が怖いを克服するために実際の偉人の失敗に対する考えを参考にしてみましょう

 

沢山人よりも失敗する。でも成し遂げたいからまたやる。あとは失敗を美化する

-本田圭佑-

 

9回失敗しないと、なかなか1回の成功が手に入らない

-山中伸弥-

 

わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ

-トーマス・エジソン-

 

といった感じでして、これほどの、結果を残している人たちも失敗をしているし、失敗の必要性を説いています。

むしろ、失敗を前向きにとらえていましたよね。

この事実を知れただけでも、かなり失敗に対するハードルは下がったかと思います。

 

失敗が怖いを克服するなら、あとは小さくたくさん挑戦していくだけ

 

👤「なんだか少し、失敗が怖くなくなったかも」

というところまで来たら、そのテンションのうちにもう挑戦しちゃいましょう。

いきなり大きなことだとハードル高いし、自信もないと思うので、小さなことからコツコツ挑戦していってみましょう。

ほんとに小さなことからでいいです。

1日1回、人にあいさつするとかでもいいです。

小さく挑戦してみることで成功体験で自信もつきますし、

👤「案外失敗しても大丈夫やん」

という感覚を持てるようになるので、ぜひじゃんじゃんトライしてみてください。

 

きっとあなたが失敗への怖さを克服して前向きに走り続けれますように。

 

 

 

 

関連記事(一部広告含む)