【朗報】何もできない自分が悔しい人は「伸びしろ」しかない【実体験】

Pocket

何もできない自分が嫌だ!

周りの人は色んなことができてすごいのに、自分は大したこともできない!

悔しい、なんとかしたい!

という自分には何もできないと思っているあなた向けて、

 

この記事では、僕がそれを乗り越えた経験談と打開策を知ってもらい、少しでも自分に自信を持ち、前を向いて生きれるようになってもらえたらと思います。

この記事を書いている僕(@career_places)は、キャリアカウンセラーとして活動しています。

僕自身かなり長い期間、何もできない自分に苛立ちや悔しさを持って生きてきて、どうやって、それを乗り越えていったのかをシェアできたらと思います。

何もできない自分が悔しい人は、伸びしろしかない

先に結論をお伝えすると、

何もできない自分=伸びしろ」です。

少し挑戦したり行動したり、何かを始めるだけでどんどん武器を付けていけます。

それに今までやってきたことがたまたま自分に合っていなかっただけなので、別のもので開花できる可能性を秘めているからです。

すがしゅん
もう少し詳しくみたい方はこの先もお読みくださいね。

何もできない自分は、伸びしろでしかない理由

1.何もできない自分=伸びしろ無限大

2.何でもいいので、何かを続けてみる

3.「何もできない自分」という経験が武器になる

1.何もできないからこそ、どんどんできることを増やせる

 

つい

何もできない

と思ってしまうと、

👤「自分なんてもうだめだ、ずっとこのままなんだ」

と思ってしまいがちですよね。

僕自身もそうだった時期があるので、とても気持ちは分かります。

しかし、実際に乗り越えて分かったのは、

何もできない自分

ということは、逆に

伸びしろしかない

ということなんですね。

だって、全てのことができないのではなく、あなたが今までやってきたことがたまたま合わなかっただけだから。

他のことに挑戦したら、上手くいったということがあるからです

なので、今までと逆のことや少しずらしたことに挑戦することで、武器、強みを増やしていきましょう。

すがしゅん
僕は、人付き合いは苦手ですが、何かに没頭するのは得意だったので、ブログをはじめてみたら、100記事ほど、毎日記事更新ができたりとかで、それに気づくことができました。

2.何かを続けることであなたの強みを増やしていけるから

自分の好きなこと、興味のあること、なんでもいいと思います。

何でもいいので、続けてみる努力をしてみて下さい。

続けることは誰でもできるようで、意外とできないものです。

なので、続けるだけでも、それがあなたの強みにすらなります。

それでいて、継続して夢中に取り組むようになって、振り返ると、あなたには、今よりもたくさんの強みが付いていることは間違いないと思います。

すがしゅん
例えば、僕はカウンセリングを300人、ブログを300記事など、小さなことをコツコツ続けていった結果、ある程度の専門性やスキルが身について、それが武器になっています。

👤「えー、でも自分になんて続けられるのかな?」

続けられます。

だって何もできない自分が悔しいんですよね?

その悔しさがあなたの続ける力の糧になってくれるはずです、きっと。

3.「何もできない自分」という経験が武器になる

すがしゅん
ここまで、何もできないという前提で書いてきましたが、最後にあなたにお伝えしたい事があります。

それは、実はすでにあなたにはできることがあるということです。

何もできない自分

という経験をしているということは、今後この

何もできない自分

に悩んでいる人に力になれるということなんです。

現に、もしあなたのお力に少しでもなれればと、この記事を書いている僕ですが、もし、過去に、

何もできない自分

の経験をしていなければ、気持ちもわからなければ、解決策をお教えできません。

そもそも、この記事を書くには至っていないと思います。

実は、もうあなたにも

「何もできない自分」

に悩んでいる人の力になれるので、すでにやれることがあるんです。

なので、発信したり、相談に乗ってあげることで、すぐにあなたの強みは発揮されていくかと思いますよ。

きっとあなたがやさしく暮らせますように。

 

関連記事(一部広告含む)