コンプレックスを克服する方法【元コンプレックスだらけ人間でも乗り越えられました】

Pocket

 

コンプレックスを克服したい人

コンプレックスを克服したい

自分のことがなかなか好きになれない

毎日がなんだか下向き…

[/voice

というあなたに向けて、

 

この記事では、コンプレックスを克服する方法と4つの具体的手順をお伝えします。

この記事を書いている僕(@career_places)は、もともと容姿や性格、能力などなど、コンプレックスだらけ人間でして、とても辛い日々を送っていた経験があります。

でも今ではそこを乗り越えて、自分を好きでいれます。

なので、そこからどう乗り越えていったをシェアすることで、コンプレックスで苦しいあなたが少しでも克服して、前向きになれるお手伝いができたら幸いです。

 

コンプレックスを克服する方法と4つの手順

 

それでは、実際に僕がコンプレックスを克服した方法と手順をお伝えします。

 

感情を抜いて、事実を見る

まず、最初に、今コンプレックスに抱えているものを見て、そこに対して一度感情は除いて、その事実のみを見るようにしましょう

 

例えば、僕の例を出すと

 

【コンプレックス】

→内気で、自分から発言しない受動的なやつ、陰キャラ

 

【事実】

→内向的(内にエネルギーが向いている、人間関係と多数よりも少数コミュニケーションが得意)

 

このように感情を切り離して、コンプレックスなものを捉えます。

 

その事実をみて、コンプレックスの裏側を見てみる

そのうえで、事実を見つめながら、これの今はコンプレックスてきな側面で見ているけれど、逆に強みとなりうる部分はどこだろうと見ます。

 

 

【事実】

・内向的(内にエネルギーが向いている、人間関係と多数よりも少数コミュニケーションが得意)

 

【強みになりうる部分】

・内にエネルギーが向いている

→物事に打ち込むのが得意

・控えめ

→聞き上手

 

こうゆう感じに、普段見ている事実の裏側を見て、自分の強みを発見します。

 

強みの活かし方を考える

今度は、そのうえで、その強みが発揮される場面や活かし方を考えます。

 

 

【内にエネルギーが向いている】

・物事に打ち込むのが得意

→ブログ、プログラミング、ライティング

 

【控えめ】

・聞き上手

→カウンセリング、コーチング

 

というふうに、活かせる場所、方法を見つけます。

ここに挙げた意外にも、たくさんあるので、自分なりにたくさん書き出してみてください。

 

ここまででも、だいぶ自分のコンプレックスが克服されてくるかと思いますが、理想は、次のところまでいけると完全に克服できます。

 

強みで誰かの役に立ってみる

ここで挙げた強みを活かして、実際に誰かの役に立つ経験、「ありがとう」と言ってもらう経験をすることです。

僕自身も、

・人の相談に乗る経験をして感謝をされた経験

・ブログに打ち込んで、人に「とても救われた」と言われた経験

を通して、

👤「あ、自分のコンプレックスだと思っていたことが、強みだし、人のためになるんだ

自信を持てるようになりました。

 

なので、以上の手順を踏むことによって、コンプレックスは克服されるかと思うので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

「コンプレックスを事実として見れないよ」というあなたへ

とはいえ、なかなかコンプレックスを事実として見れない方もいるかもしれません。

その場合考えられるのが、2点あるかと思います。

 

一つ目は、

自分への自信(自己肯定感)の問題

ここが低いとどうしてもマイナス感情が入ってしまい、事実が見れないかと思うので、まずは、この記事を参考に自分に自信をつけてみてください。

 

 

二つ目は、

どう事実(資質)を見つけたらいいかわからない問題

 

この場合は、便利なツールがあるので、それを活用するのが一番です。

コンプレックスを事実として捉える際に「ストレングスファインダー」という資質診断がおすすめで、自分でなかなか事実を見れないなという人は、これを使ってみるとスムーズに進められるかと思います。

ストレングスファインダーについては、別記事で詳しくまとめてるので、参考にしてみてください。

 

 

 

きっと、あなたのコンプレックスが克服されて、少しでも前向きな毎日が送れますように。

 

関連記事(一部広告含む)