【親に言えない】大学の単位を効率良く取り、自分時間を増やす6つの方法

Pocket

 

・せっかく自由に色んなことができる大学生なんだから、大学の授業を最低限に抑えたい

・大学の単位をどうやったら効率良く取れるか知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、大学の単位を効率良く取る方法を知ってもらって、あなたが大学の貴重な時間を自分のやってみたいことや、スキルアップに時間を使えるようになってもらいます。

大学生活のみならず、その先もあなたが叶えたいものを叶えていけるようなきっかけになれば幸いです。

 

この記事を書いている僕(@career_places)は、大学卒業後、新卒フリーランスとして活動していまして、大学4年間は大学に通ってきました。

後半戦は通ったと胸を張って言えませんが。

ただ、その中で僕は自分の自由に使える時間を作って、やってみたいことへの挑戦やスキルアップに時間を作ってこられたので、今自分の好きなことを仕事にできています。

なので、ぜひあなたにも、大学に縛られずに自分の時間を使えるようになってもらえたら幸いです。

 

※あまり親御さんには、このことは伝えない方がいいかもです(小声)

大学の単位を効率良く取る6つの方法

・まじめに授業を受けている知人を作る

・取る授業は難易度低めの所を下調べして取る

・1個上の先輩の繋がりを作っておく

・とりあえずマックスで単位を取っておいて授業も全部出なきゃいけなくて、なおかつテストも難しいようなものだった場合は、捨てる

・大学1年時になるだけ詰め込む

・授業を出なきゃいけないものの時は、重要そうなとこだけメモりつつ、片付けられる作業を済ませる

 

まじめに授業を受けている知人を作る

大学でまじめにしっかりと授業を受けている人の繋がりを持っておきましょう。

テスト前などに一緒にお勉強をして、短時間でバッチリ単位を取れるようにしておきましょう。

 

ただし、やってもらってばかりでは人としてイケてないなと思うので、誕生日に何そのお手伝いしてくれた人にプレゼントしてあげたり、テスト終わりにご飯をご馳走してあげるなど、もらった分しっかりと感謝の気持ちと形で返しましょう。

これ結構大事です、人として。

恩は恩で返しましょう。

 

取る授業は難易度低めの所を下調べして取る

おそらくどこの大学にも、教授や授業の難易度や過去問の有無、授業の内容などがシェアされているメディアがあります。

それらを利用して、過去問の出回っている授業や比較的難易度の低い授業を取って、低労力で単位取得しましょう。

 

1個上の先輩の繋がりを作っておく

サークルでも、ゼミでも、個別でもなんでもいいので、1つ上の同じ学部の先輩を何としても捕まえましょう。

しっかり仲良くなって、テスト前に過去問をもらったり、わからないところを質問したりしましょう。

大学通っていて、これの繋がりがあるとないとでは、単位取得の難易度が雲泥の差になるので、作れれば作っておきたいところです。

こちらもお礼を忘れずに。

 

とりあえずマックスで単位を取って授業も全部出なきゃいけなくて、なおかつテストも難しいようなものだった場合は、捨てる

効率化を求めて、取れる単位まで絞る人がいますがもったいないですよ。

だって、もし、取ったものでむずいのあった時に、替えを効かせにくいんです。

だったら、たくさん取っておいて、難しいものをきって、残ったものをとれば、着実に取得単位を増やせます。

受ける授業をマックスでも、別になんら損はないので、単位履修は詰め詰めに入れておきましょう。

 

大学1年時になるだけ詰め込む

大学1年時が一番単位が取りやすいところが多いので、早めにちゃちゃっと単位を取り切っちゃいましょう。

学年が上がるにつれて専門的になってきたり、求められるものが高くなるので、簡単なうちに。

後回しにすればするほど、きつくなるので、お早目に。

嫌なことは早めに済ませておきましょう。

 

 

授業を出なきゃいけないものの時は、重要そうなとこだけメモりつつ、片付けられる作業を済ませる

なるべく授業に出ずに単位とれるのが理想です。

が、ノートにメモをしたり、リアクションペーパーの提出のあるところもあります。

 

その場合は、そこにいつつ、大学後に時間を取ってやるようなことで、周りに迷惑かけずにできることがあるなら、作業を進めてしまいましょう。

僕は別授業で出されていた提出課題を授業内で終わらせてました。

 

以上が実際に僕が実践していた方法です。

どれか一つでも試せそうなものがあればチャレンジしてみて下さい。

 

ぜひ、そこで生み出した時間で、少しでも自分のワクワクする、自分のためになる時間に使ってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなたの大学生活は充実した実りのあるものになるかと思います。

 

 

関連記事(一部広告含む)