【1分で分かる】自己理解とは自分の生きる源泉を知ること【現役キャリアカウンセラーが分かりやすく解説】

Pocket

 

自己理解とは何か知りたい人

自己理解って何?

就職や自分のキャリア設計に大切そうってイメージはあるけど。

しっかり自己理解の意味、意義を知りたい

というあなたに向けて、

 

この記事では、自己理解とは何か、どんな意味や意義があるのかをシンプルに分かりやすく解説していきます。

すがしゅん
自己理解で調べると学術的で漢字が多くて分かりづらかったので、簡易版を作っちゃいました。

 

この記事を書いている僕(@career_places)はキャリアカウンセラー(ライフコーチと名乗ることもあります)として活動しています。

かれこれ計数百回のキャリア相談に乗ってたり、書籍や情報収集をしていたりしてるので、ある程度信ぴょう性を持って、「自己理解とは」を解説していけるかと思います。

これを知ることであなたの理想の生き方やキャリアを描く大きな一歩目となるかと思うので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

自己理解とは、自分の生きる源泉を知ること

自己理解とは、自分の生きる源泉を知ることです

自分自身の生きる、働く源を理解することです。

 

特に、自分自身の興味関心、価値観、強みにおいての理解をすることで自分の源泉を理解します。

例えば、自分は、

・人と密接にかかわりたいのか

・作業が好きなのか

・チームで何かをするのが好きなのか

・人の気持ちを汲み取るのが得意なのか

といったように、どこに自分のエネルギーが向いているかを知ります。

 

自己理解は一生やり続けるもの

自己理解は一生やり続けてなんぼのものです。

一般的には、就活前にのみ行われます。

でも、興味関心、価値観、強みは、その後の経験や環境などで変化することもあるので、定期的に振り返る時間を作ることで、常に最高の自己理解できている状態を維持できます。

 

自己理解をする意味、意義は、適切な働き方、生き方を選べること

自己理解をする意味、意義は、適切な働き方、生き方を選べることが大きな意義です。

自分の興味関心、価値観、強みを知っておくことで、自分が幸せややりがいを持てて、かつ、強み(資質)を発揮できるため、満足いくキャリア選択をしていくことができます。

 

自己理解不足だと、キャリア選択を誤る可能性が高くなる

逆に自己理解ができていないでキャリア選択をすると、例えば、就活時に、企業とのミスマッチング(自分に不適正な会社に入ってしまう)や納得度なく生きていくことになってしまうこともあります

なので、自己理解は生きる上で必要不可欠なことです。

 

実際に自己理解をする方法を紹介

自己理解の重要性について、簡単には分かって頂けたかと思います。

実際に自己理解をどのように行うのかについて、解説しているので、この記事を参考に自己理解を深めてもらえたらと思います。

冒頭でも紹介しましたが、過去の振り返りを行い、興味関心、価値観、強みの観点で、自分を見つめ直すことで、あなたの自己理解を深めていってみてください

 

 

あなたのキャリアがより良いものになりますように。

 

 

関連記事(一部広告含む)